タグ「20180304nak06参考」を含む記事

【2018クイーンカップ】反省_レースレベル:低/ペース:H

2018年2月15日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
180212 3歳 G3 1 テトラドラクマ 92 58.0 36.0
180212 3歳 G3 3 アルーシャ 89 58.1 36.3
180212 3歳 G3 5 マウレア 89 58.3 36.2
180212 3歳 G3 12 ツヅミモン 86 58.3 36.5
160213 3歳 G3 1 メジャーエンブレム 101 58.3 35.0
180212 3歳 G3 6 ハトホル 90 58.5 36.0
180212 3歳 G3 11 ライレローズ 88 58.7 36.1
180212 3歳 G3 14 アトムアストレア 86 58.7 36.3
180212 3歳 G3 2 フィニフティ 97 59.0 35.1
180212 3歳 G3 4 オハナ 94 59.0 35.4
180212 3歳 G3 13 キャッチミーアップ 89 59.0 35.9
180212 3歳 G3 8 モデレイト 93 59.1 35.5
180212 3歳 G3 15 ナラトゥリス 80 59.2 36.7
180212 3歳 G3 9 ロフティフレーズ 94 59.3 35.3
100220 3歳 G3 1 アプリコットフィズ 95 59.4 35.1
180212 3歳 G3 10 レッドベルローズ 93 59.4 35.3
150214 3歳 G3 1 キャットコイン 99 59.5 34.7
180212 3歳 G3 7 ソシアルクラブ 96 59.6 35.0
180212 3歳 G3 16 マルターズルーメン 72 59.8 37.3
170211 3歳 G3 1 アドマイヤミヤビ 106 60.0 33.8
該当レース勝ち馬平均 60.3 34.6
90221 3歳 G3 1 ディアジーナ 94 60.9 34.6
110212 3歳 G3 1 ホエールキャプチャ 91 61.0 34.9
140218 3歳 G3 1 フォーエバーモア 93 61.2 34.6
130209 3歳 G3 1 ウキヨノカゼ 100 61.3 33.9
120211 3歳 G3 1 ヴィルシーナ 94 63.2 33.7

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
180212 3歳 G3 1 テトラドラクマ 92 58.0 36.0
160213 3歳 G3 1 メジャーエンブレム 101 58.3 35.0
150214 3歳 G3 11 ダノングラシアス 90 59.0 35.8
100220 3歳 G3 ビービーエーディン 79 59.3 36.8
170211 3歳 G3 4 レーヌミノル 98 59.5 34.8
110212 3歳 G3 8 カトルズリップス 82 60.5 36.0
90221 3歳 G3 6 グローリールピナス 89 60.7 35.2
130209 3歳 G3 3 ジーニマジック 95 60.7 34.6
140218 3歳 G3 7 グリサージュ 88 61.1 35.1
120211 3歳 G3 12 アラフネ 82 62.9 35.0

 

2009年以降、もっともハイペースで流れました。

それでも逃げ馬が残しているからハイレベルともとれますが、

上りはしっかりかかっており、

追い込み馬が輪をかけてひどい内容で、

メンバーにも恵まれた印象を受けます。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったテトラドラクマは、スピードで押し切った形です。

後続に脚を使わせながら、粘りこむ形があってそうです。

ただ、同じく逃げ切った2016年のメジャーエンブレムと比較すると、

0.3秒楽をしているとはいえ、上がりにして1秒も劣っています。

このレースで次走以降即大きいところは確勝、

とはいえない内容です。

 

むしろ2着フィニフティが次走以降おもしろそうです。

2010年のアプリコットフィズや、

2015年のキャットコインと比較しても優秀な上がりでした。

こちらが実質的な勝ち馬と考えてもよさそうです。

 

3着アルーシャも内容としては上りが出ておらず、

次走以降500万下で人気するようなら評価を落とすてもあります。

 

4着オハナも追い込み組ですが、まずまずの内容でした。

 

 

 


タグ: , , , , , ,

【2018フェアリーS】反省_レースレベル:高/ペース:M

2018年1月14日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
110110 3歳 G3 1 ダンスファンタジア 94 58.1 36.2
100111 3歳 G3 1 コスモネモシン 93 59.3 35.8
170108 3歳 G3 1 ライジングリーズン 95 59.5 35.5
180107 3歳 G3 14 シスル 81 59.9 36.7
180107 3歳 G3 16 フィルハーモニー 78 59.9 37.0
160111 3歳 G3 1 ビービーバーレル 99 60.0 34.9
180107 3歳 G3 10 レネット 87 60.0 36.1
180107 3歳 G3 8 グランドピルエット 88 60.0 36.0
130112 3歳 G3 1 クラウンロゼ 95 60.1 35.2
該当レース勝ち馬平均 60.1 35.3
180107 3歳 G3 6 テトラドラクマ 93 60.2 35.4
180107 3歳 G3 11 デュッセルドルフ 88 60.3 35.9
180107 3歳 G3 15 アントルシャ 83 60.3 36.4
150112 3歳 G3 1 ノットフォーマル 92 60.4 35.4
180107 3歳 G3 1 プリモシーン 99 60.4 34.7
180107 3歳 G3 2 スカーレットカラー 98 60.5 34.8
180107 3歳 G3 9 ジョブックコメン 91 60.5 35.5
180107 3歳 G3 3 レッドベルローズ 98 60.6 34.7
180107 3歳 G3 7 ライレローズ 94 60.6 35.1
180107 3歳 G3 12 サヤカチャン 87 60.6 35.8
90111 3歳 G3 1 ジェルミナル 94 60.8 35.1
140113 3歳 G3 1 オメガハートロック 91 60.8 35.4
180107 3歳 G3 4 ハトホル 98 60.9 34.6
180107 3歳 G3 13 ジーナスイート 89 61.1 35.4
180107 3歳 G3 5 トロワゼトワル 100 61.2 34.3
120109 3歳 G3 1 トーセンベニザクラ 94 61.5 34.8

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
100111 3歳 G3 10 カホマックス 71 57.0 38.9
110110 3歳 G3 14 イングリッド 72 57.5 38.6
170108 3歳 G3 14 ツヅク 73 58.2 38.2
180107 3歳 G3 14 シスル 81 59.9 36.7
160111 3歳 G3 1 ビービーバーレル 99 60.0 34.9
130112 3歳 G3 1 クラウンロゼ 95 60.1 35.2
140113 3歳 G3 6 アンジュデュバン 86 60.3 36.1
150112 3歳 G3 1 ノットフォーマル 92 60.4 35.4
90111 3歳 G3 3 グッデーコパ 90 60.5 35.6
120109 3歳 G3 12 ラミアプリマベーラ 86 60.8 35.9

 

ペースはほぼミドルといってよさそうです。

フェアリーSとしては、高いレースレベルでした。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったプリモシーンは、このレースの勝ち馬としては

2009年以降、トップタイの高GS指数をマークしました。

(トップタイが2016年のビービーバーレルで微妙ですが…)

前走ほどの余裕はありませんでしたが、

中団で折り合って、4角から3角でポジションをおしあげ、

外を回しての完勝でした。

例年、フェアリーS勝ち馬はクラシック戦線でなめられがちですが

今年に限っては警戒が必要です。

 

2着スカーレットカラーも、

勝ち馬と同じような競馬でしたが、

4角でさらに外をまわしてしまいました。

コーナリングが下手で、さらにズブいところがありそうで、

次走直線の長いコースにかわればチャンスがありそうです。

 

 

 

 

 

 


タグ: , , , , , , , , ,

【2018ジュニアカップ】反省_レースレベル:低/ペース:S

2018年1月14日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 着差 補・前 補・上り
100105 3歳 オープン 1 ハンソデバンド 90 58.3 36.5
90105 3歳 オープン 1 アドバンスヘイロー 93 59.3 35.8
170105 3歳 オープン 1 ナイトバナレット 94 59.8 35.5
160105 3歳 オープン 1 ダンツプリウス 103 60.6 34.3
120105 3歳 オープン 1 オメガホームラン 101 60.8 34.3
150104 3歳 オープン 1 ナイトフォックス 98 60.9 34.6
該当レース勝ち馬平均 60.9 34.9
110105 3歳 オープン 1 デルマドゥルガー 99 61.3 34.3
130105 3歳 オープン 1 マイネルホウオウ 96 61.6 34.5
140105 3歳 オープン 1 エスメラルディーナ 90 62.4 34.8
180106 3歳 オープン 7 ダンツセイケイ 77 64.2 35.4
180106 3歳 オープン 3 ソイルトゥザソウル 82 64.3 34.8
180106 3歳 オープン 1 テンクウ 87 64.4 34.3
180106 3歳 オープン 8 イシマツ 71 64.4 35.9
180106 3歳 オープン 2 パルマリア 86 64.6 34.3
180106 3歳 オープン 5 トーセンクリーガー 81 64.7 34.7
180106 3歳 オープン 4 サンドスピーダー 84 64.8 34.4
180106 3歳 オープン 6 イルルーメ 82 64.9 34.6

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 着差 補・前 補・上り
100105 3歳 オープン 2 バトルシュリイマン 87 57.9 37.0
90105 3歳 オープン 8 パスピエ 71 58.4 38.4
170105 3歳 オープン 14 ラッシュアウト 75 58.6 37.8
120105 3歳 オープン 4 マウントビスティー 88 59.2 36.3
160105 3歳 オープン 7 ブロワ 93 60.2 35.4
150104 3歳 オープン 6 ルグランパントル 93 60.7 35.2
110105 3歳 オープン 2 ロードカナロア 95 60.8 34.9
130105 3歳 オープン 2 マイネルブルズアイ 94 61.4 34.8
140105 3歳 オープン 2 マイネルメリエンダ 88 62.1 35.1
180106 3歳 オープン 7 ダンツセイケイ 77 64.2 35.4

 

2009年以降、もっともスローでした。

極端なドスローといってよく、

他の年との単純な比較はできません。

スローの割に、しまい3Fで12秒台が含まれるラップで、

もはやレースとしてのテイをなしていないように思えます。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったテンクウは、例年の勝ち馬と比較しても

2秒以上後ろの位置からの競馬でした。

上りの脚は、さらに前にいた馬たちより劣っていますが

ここまで前が流れないと単純な比較はできません。

このレースの評価はともかく、

新潟2歳S、サウジアラビアRCと

古馬1000万下並の時計が出ています。

次走、重賞にまわってきても要注意でしょう。

 

2着以降では、後方の馬に展開が向きませんでした。

4着サンドスピーダーが後方から追い上げていますが、

次走狙えるかというと疑問です。

 

 

 


タグ: , , , ,

TOPへ戻る