タグ「2018愛知杯参考」を含む記事

【2017ターコイズS】反省

2018年1月1日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
91206 3上 オープン 1 ウェディングフジコ 105 58.4 34.9
111204 3上 オープン 1 マイネプリンセス 101 58.5 35.3
141207 3上 オープン 1 ミナレット 99 59.1 35.3
131201 3上 オープン 1 レイカーラ 104 59.2 34.7
121202 3上 オープン 1 サウンドオブハート 102 59.3 34.9
該当レース勝ち馬平均 59.7 34.7
161217 3上 重賞 1 マジックタイム 105 59.8 34.4
171216 3上 G3 9 ペイシャフェリス 96 59.9 35.2
171216 3上 G3 6 リエノテソーロ 97 59.9 35.1
171216 3上 G3 14 オートクレール 96 60.1 35.1
171216 3上 G3 7 ディープジュエリー 97 60.1 35.0
171216 3上 G3 2 フロンテアクイーン 101 60.2 34.6
171216 3上 G3 16 アスカビレン 89 60.2 35.8
171216 3上 G3 11 サザナミ 97 60.3 34.9
171216 3上 G3 12 アールブリュット 97 60.3 34.9
171216 3上 G3 1 ミスパンテール 102 60.4 34.4
171216 3上 G3 4 ラビットラン 102 60.5 34.4
171216 3上 G3 5 エテルナミノル 102 60.6 34.3
171216 3上 G3 13 リーサルウェポン 99 60.6 34.6
171216 3上 G3 10 バンゴール 100 60.7 34.5
171216 3上 G3 3 デンコウアンジュ 104 60.7 34.1
171216 3上 G3 8 ワンブレスアウェイ 102 60.9 34.2
171216 3上 G3 15 ハローユニコーン 96 61.0 34.8
101205 3上 オープン 1 カウアイレーン 108 61.2 33.5
151219 3上 重賞 1 シングウィズジョイ 94 61.6 34.7

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
131201 3上 オープン 12 ビーナストリック 80 57.8 37.7
91206 3上 オープン 10 サクラミモザ 92 57.9 36.4
111204 3上 オープン 13 フォーエバーマーク 93 58.2 36.2
161217 3上 重賞 14 クロコスミア 84 58.7 36.9
121202 3上 オープン 15 カトルズリップス 91 59.0 36.1
141207 3上 オープン 1 ミナレット 99 59.1 35.3
171216 3上 G3 6 リエノテソーロ 97 59.9 35.1
101205 3上 オープン 2 アグネスワルツ 104 60.9 34.0
151219 3上 重賞 3 オツウ 91 61.5 35.0

 

このレースとしてはあまり前が速くならず、

ややスローの展開でした。

レースレベルはやや低く、物足りない内容です。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったミスパンテールは、4角10番手で

そこだけ見ると追い込んでいますが、

残り3F地点では逃げ馬から0.5秒と

それなりにポジションをとっていました。

内容は物足りず、斤量恩恵もあったかと思いますが、

チューリップ賞で好時計を出しています。

桜花賞が案外でしたが、マイルではそこそこやれており、

オークス、ローズSは距離を敗因と考えてよさそうです。

 

 

 

 


タグ: , ,

【2017中日新聞杯】反省

2018年1月1日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
130309 4上 G3 1 サトノアポロ 110 84.6 34.7
150314 4上 G3 1 ディサイファ 107 85.0 34.9
171209 3上 G3 3 ロードヴァンドール 106 85.6 34.8
171209 3上 G3 5 マキシマムドパリ 107 85.7 34.7
171209 3上 G3 11 ヴォージュ 104 85.9 34.9
171209 3上 G3 18 サラトガスピリット 94 85.9 35.9
171209 3上 G3 10 パドルウィール 105 85.9 34.8
120304 4上 G3 1 スマートギア 109 85.9 34.4
該当レース勝ち馬平均 86.0 34.4
171209 3上 G3 2 ミッキーロケット 111 86.1 34.2
171209 3上 G3 13 タイセイサミット 105 86.1 34.8
171209 3上 G3 1 メートルダール 114 86.3 33.8
171209 3上 G3 12 クィーンチャーム 106 86.3 34.6
171209 3上 G3 14 フェルメッツァ 104 86.3 34.8
171209 3上 G3 17 フルーキー 104 86.4 34.8
171209 3上 G3 6 マウントロブソン 113 86.5 33.9
171209 3上 G3 9 スズカデヴィアス 110 86.5 34.2
171209 3上 G3 4 ショウナンバッハ 114 86.7 33.7
171209 3上 G3 7 バンドワゴン 113 86.8 33.8
171209 3上 G3 15 ストーンウェア 108 86.8 34.3
171209 3上 G3 16 レコンダイト 108 86.8 34.3
160312 4上 G3 1 サトノノブレス 107 86.8 34.4
171209 3上 G3 8 ケントオー 114 87.0 33.6
140315 4上 G3 1 マーティンボロ 110 87.3 34.0

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
130309 4上 G3 10 ドリームセーリング 97 83.8 36.2
150314 4上 G3 3 マイネルミラノ 98 84.3 35.9
120304 4上 G3 5 エーシンジーライン 97 85.2 35.8
171209 3上 G3 3 ロードヴァンドール 106 85.6 34.8
160312 4上 G3 15 ロンギングダンサー 100 86.3 35.3
140315 4上 G3 16 サムソンズプライド 94 86.5 35.8

 

このレースとしては平均的なペースで流れました。

レースレベルは2012年の改装後、

もっともハイレベルだったといえます。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったメートルダールは念願の重賞初制覇。

このレースとしては、過去最高のパフォーマンスでした。

(過去の勝ち馬が勝ち馬ですが…)

前走、関屋記念で惨敗していますが、

勝ち上がった1600万下のレースも含めて

マイルではあまりGS指数が出ていません。

一方で、2000mだけは高いGS指数が出ています。

次走も2000mに出走してきたら要注意でしょう。

ただ、斤量増になりそうで、割引は必要です。

 

2着ミッキーロケットは、例年の勝ち馬平均と比較しても

そん色ない内容でした。ここは相手が悪かった印象です。

斤量もトップハンデタイの57.5kgを背負っており、

自身重賞としては初めてのG3でしたが、G3では能力が1枚上です。

敗因は斤量差でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ: , , , , ,

【2017エリザベス女王杯】反省

2017年11月27日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
91115 3上 G1 1 クィーンスプマンテ 81 96.7 36.8
111113 3上 G1 1 スノーフェアリー 105 98.5 34.1
101114 3上 G1 1 スノーフェアリー 104 98.9 34.2
該当レース勝ち馬平均 99.4 34.3
141116 3上 G1 1 ラキシス 106 99.8 33.8
171112 3上 G1 14 クインズミラーグロ 88 100.1 35.6
151115 3上 G1 1 マリアライト 97 100.1 34.7
171112 3上 G1 2 クロコスミア 100 100.2 34.4
171112 3上 G1 4 マキシマムドパリ 98 100.3 34.5
171112 3上 G1 1 モズカッチャン 101 100.4 34.2
131110 3上 G1 1 メイショウマンボ 110 100.5 33.3
161113 3上 G1 1 クイーンズリング 108 100.5 33.5
171112 3上 G1 5 ヴィブロス 99 100.5 34.4
171112 3上 G1 11 エテルナミノル 95 100.5 34.8
171112 3上 G1 16 ジュールポレール 90 100.6 35.3
171112 3上 G1 13 デンコウアンジュ 95 100.7 34.8
171112 3上 G1 10 トーセンビクトリー 98 100.7 34.5
171112 3上 G1 6 スマートレイアー 102 100.8 34.1
171112 3上 G1 3 ミッキークイーン 105 100.8 33.8
171112 3上 G1 7 クイーンズリング 102 100.9 34.0
171112 3上 G1 9 ルージュバック 101 101.0 34.1
171112 3上 G1 14 ハッピーユニバンス 95 101.0 34.7
171112 3上 G1 8 リスグラシュー 104 101.2 33.8
171112 3上 G1 17 タッチングスピーチ 95 101.3 34.7
171112 3上 G1 12 ディアドラ 103 101.5 33.9
171112 3上 G1 18 ウキヨノカゼ 93 101.7 34.8

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
111113 3上 G1 7 シンメイフジ 69 95.2 38.2
101114 3上 G1 17 テイエムプリキュア 62 96.6 38.7
91115 3上 G1 1 クィーンスプマンテ 81 96.7 36.8
151115 3上 G1 16 ウインリバティ 73 98.5 37.3
141116 3上 G1 9 サンシャイン 92 99.1 35.3
161113 3上 G1 5 プリメラアスール 95 99.6 34.9
131110 3上 G1 12 エディン 99 100.1 34.4
171112 3上 G1 14 クインズミラーグロ 88 100.1 35.6

 

2009年以降、もっとも遅いペースで流れました(2013年とタイ)。

前にいく馬にとっては楽な展開で、

掲示板5頭中4頭が先行馬でした。

後方から脚を余した馬たちが次走以降のねらい目でしょう。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったモズカッチャンは4角4番手と絶好位で、

2着馬との差は斤量もさることながら、

先行しつつもうひと脚使える脚質が物をいったかんじです。

ただ、内容としては今ひとつで、

2013年のメイショウマンボ、2016年のクイーンズリングと比較しても

上りが落ち込みすぎです。フロックと言わざるをえません。

 

2着クロコスミアも同様で、番手からの競馬でしたが、

ギアチェンするというよりもスピードをいかすタイプで、

上がり3Fのヨーイドンには対応できませんでした。

こちらもフロック。

 

3着ミッキークイーンが実質的な勝ち馬でしょう。

後方から唯一追い込んでおり、

向かない展開でがんばりました。

今後も牝馬同士なら上位にとれます。

 

4着マキシマムドパリ、5着ヴィブロスも前目からの競馬で

展開が味方したといえます。

 

6着以降では、追い込んだクイーンズリング、

リスグラシュー、ルージュバックまでは勝ち馬と0.5差以内。

展開次第では上位にきていた可能性もあり、

着順は度外視してよさそうです。

 

 

 


タグ: , , , , ,

【2017府中牝馬S】反省

2017年10月19日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
151017 3上 G2 1 ノボリディアーナ 106 72.7 34.1
111016 3上 G2 1 イタリアンレッド 110 72.9 33.6
121013 3上 G2 1 マイネイサベル 112 73.2 33.3
141018 3上 G2 1 ディアデラマドレ 109 73.2 33.6
161015 3上 G2 1 クイーンズリング 107 73.4 33.7
該当レース勝ち馬平均 73.8 33.6
171014 3上 G2 1 クロコスミア 104 74.3 33.7
171014 3上 G2 11 アスカビレン 100 74.5 34.1
171014 3上 G2 5 トーセンビクトリー 103 74.6 33.7
171014 3上 G2 14 バンゴール 92 74.6 34.8
171014 3上 G2 9 ゲッカコウ 101 74.7 33.9
171014 3上 G2 2 ヴィブロス 108 74.8 33.2
171014 3上 G2 12 クインズミラーグロ 101 74.8 33.9
171014 3上 G2 6 キンショーユキヒメ 104 75.0 33.5
171014 3上 G2 8 デンコウアンジュ 104 75.0 33.5
171014 3上 G2 10 ワンブレスアウェイ 103 75.0 33.6
171014 3上 G2 4 クイーンズリング 106 75.0 33.3
171014 3上 G2 13 ロッカフラベイビー 102 75.2 33.6
171014 3上 G2 3 アドマイヤリード 109 75.3 32.9
171014 3上 G2 7 ハッピーユニバンス 107 75.5 33.0
131014 3上 G2 1 ホエールキャプチャ 102 77.1 33.0

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
151017 3上 G2 9 ケイアイエレガント 94 71.5 35.7
111016 3上 G2 12 トゥニーポート 96 72.0 35.3
121013 3上 G2 15 シースナイプ 95 72.2 35.3
141018 3上 G2 12 オツウ 89 72.2 35.9
161015 3上 G2 10 シャルール 93 73.0 35.3
171014 3上 G2 1 クロコスミア 104 74.3 33.7
131014 3上 G2 4 コスモネモシン 98 76.9 33.4

 

2011年以降では、2013年の超絶ドスローにつぐスローになりました。

前目の馬に展開利があり、後方の馬は脚を余したレースといえます。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったクロコスミアは、得意の時計がかかる馬場で

マイペースに持ち込んで逃げることができました。

1600万下並の時計で、展開利のフロックと考えてよいでしょう。

とはいえ、馬場差+0.8秒だったローズSに続いての好走で、

馬場差+1.2秒の阪神牝馬Sでも4着しています。

今後も渋った馬場では抑えておいたほうがよさそうです。

 

帰国初戦のヴィブロスは2着。

比較的前目の位置取りで脚を余しましたが、

実質的な勝ち馬はこちらと考えてよさそうです。

 

3着アドマイヤリードは位置取りが後ろ過ぎました。

このペースではこれが精いっぱいでしょう。

逆にクイーンズリングは早めに動いた分、

アドマイヤリードをとらえられず。

ゲートがよくなかったことも響きました。

 

 

 


タグ: , , , ,

【2017秋華賞】反省

2017年10月18日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
171015 3歳 G1 5 カワキタエンカ 86 82.9 37.6
171015 3歳 G1 7 アエロリット 83 83.2 37.8
171015 3歳 G1 13 ファンディーナ 72 83.3 38.8
171015 3歳 G1 12 ブラックスビーチ 74 83.4 38.6
151018 3歳 G1 1 ミッキークイーン 108 83.4 35.1
171015 3歳 G1 3 モズカッチャン 94 83.5 36.5
171015 3歳 G1 4 ラビットラン 91 83.7 36.8
171015 3歳 G1 14 レーヌミノル 72 83.7 38.7
171015 3歳 G1 16 メイショウオワラ 71 83.7 38.8
141019 3歳 G1 1 ショウナンパンドラ 110 83.8 34.8
111016 3歳 G1 1 アヴェンチュラ 107 83.8 35.1
171015 3歳 G1 2 リスグラシュー 97 83.9 36.1
171015 3歳 G1 17 タガノヴェローナ 67 84.0 39.1
171015 3歳 G1 1 ディアドラ 101 84.2 35.6
171015 3歳 G1 8 ミリッサ 87 84.2 37.0
171015 3歳 G1 9 ポールヴァンドル 85 84.2 37.2
171015 3歳 G1 18 カリビアンゴールド 68 84.4 38.8
171015 3歳 G1 6 ブラックオニキス 91 84.5 36.5
171015 3歳 G1 10 リカビトス 87 84.7 36.8
171015 3歳 G1 15 ハローユニコーン 78 84.7 37.7
91018 3歳 G1 1 レッドディザイア 105 84.8 35.0
171015 3歳 G1 11 ヴゼットジョリー 86 84.8 36.9
該当レース勝ち馬平均 85.0 34.7
101017 3歳 G1 1 アパパネ 109 85.1 34.4
131013 3歳 G1 1 メイショウマンボ 103 85.7 34.7
161016 3歳 G1 1 ヴィブロス 109 86.4 33.9
121014 3歳 G1 1 ジェンティルドンナ 107 88.1 33.5

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
151018 3歳 G1 15 ノットフォーマル 91 82.7 37.1
141019 3歳 G1 15 ペイシャフェリス 75 82.8 38.7
171015 3歳 G1 5 カワキタエンカ 86 82.9 37.6
111016 3歳 G1 18 メモリアルイヤー 73 82.9 38.8
91018 3歳 G1 14 ヴィーヴァヴォドカ 86 84.1 37.1
131013 3歳 G1 8 セキショウ 93 84.6 36.1
101017 3歳 G1 9 アグネスワルツ 98 84.6 35.6
161016 3歳 G1 6 クロコスミア 97 85.4 35.5
121014 3歳 G1 5 チェリーメドゥーサ 91 86.0 35.9

 

この日の京都の天気は、朝から小雨がぱらついており

それでも昼までは馬場差がかろうじてマイナスでした。

しかしながら、午後に入ってから小雨が雨になり、

メインでは馬場差+0.5秒と時計のかかる馬場になってしまいました。

2009年以降の秋華賞で、馬場差がプラスに傾いたのは今年だけで、

馬場差で補正しているのである程度の目安にはなるとはいえ

高速馬場だった例年と比較してしまうと乱暴でしょう。

それでも、補正した値でいうと、レースレベルは低く、

2009年以降もっともパフォーマンスの低い秋華賞になりました。

 

今年の牝馬クラシック戦線は

チューリップ賞とローズSの内容がよく、

本番の桜花賞と秋華賞で馬場が悪くなり、

例年との比較がしづらいという流れになっています。

力の出し切れる馬場だったオークスだけで判断すれば

3歳牝馬としてはまあまあのレベルかなという印象です。

世代の大将格のソウルスターリングが毎日王冠で惨敗しましたが、

牡馬混合戦になると苦戦しても不思議ではありません。

 

カワキタエンカの刻んだラップはハイペースで、

2011年、2014年、2015年並のハイペースでした。

前にいった馬には厳しい展開だったといえます。

 

 

各馬のパフォーマンス

  • 1着:ディアドラ

この位置取りなら、補正済み上がりで35秒前半はほしいところで

35.6秒はややしまいが甘くなっている印象です。

 

  • 2着:リスグラシュー

2011年のアヴェンチュラ、2014年のショウナンパンドラと

ほぼ同じ位置取りでしたが、上りにして1秒以上負けています。

 

  • 3着:モズカッチャン

2015年のミッキークイーンとほぼ同じ位置取りで

こちらは上がりにして差し引き1.6秒も劣っています。

 

  • 4着:ラビットラン

このあたりから、時計を比較しても差がありすぎて

あまり意味がなくなってきます。

 

  • 5着:カワキタエンカ

例年の逃げ馬と比較すると、2014年のペイシャフェリスや

2011年のメモリアルイヤーよりは優秀ですが、

2015年のノットフォーマルと比較すると着順ほどの

高評価は過剰な気がします。

ましてや、比較している馬たちも

その世代の一線級とはいえません。

 

  • 7着:アエロリット

ハイペースでとばすカワキタエンカについていって

しまいは垂れてしまいました。

1pixel

タグ: , , , ,

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・01/14 
中京6R:ダンツチェック 単13.2倍 2着 
 
・01/13 
ジャニュアリーS:ベック 単21.8倍 3着 
 
・01/08 
なし 
 
・01/07 
寿S:ナイツオブナイツ 単10.5倍 3着 
 
・01/06 
なし 
 
・12/28 
なし 
 
・12/24 
なし 
 
・12/23 
中山3R:セイウンミツコ 単11.9倍 1着 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

土曜日のレース


京都10R:若駒S(3歳OP 芝2000m)


中京10R:なずな賞(3歳500万下 芝1400m)


中山7R:3歳500万下 ダ1200m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

日曜日のレース


中山11R:AJCC(4上G2 芝2200m)


中京11R:東海S(4上G2 ダ1800m)

レース展望・予想

中山9R:若竹賞(3歳500万下 芝1800m)

レース展望・予想
各馬検討

京都4R:3歳500万下 ダ1400m)

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る