タグ「2018ファルコンS参考」を含む記事

【2018マーガレットS】反省_レースレベル:不明/ペース:不明

2018年2月27日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
150419 4上 1000万 1 ティーハーフ 99 33.9 34.9
150628 3上 1000万 1 ヴィクタープライム 101 34.1 34.6
151003 3上 1000万 1 エリーティアラ 95 34.2 35.1
160306 4上 1000万 1 オヒア 99 34.3 34.7
171203 3上 1000万 1 パーリオミノル 98 34.4 34.7
150308 4上 1000万 1 サトノデプロマット 106 34.5 33.9
161204 3上 1000万 1 サザンライツ 94 34.6 35.0
古馬1000万下勝ち馬平均 34.7 34.4
151219 3上 1000万 1 エイシンオルドス 98 34.7 34.6
160417 4上 1000万 1 テイエムゲッタドン 103 34.8 34.1
160626 3上 1000万 1 キーナンバー 102 34.8 34.2
161001 3上 1000万 1 ファインニードル 103 34.8 34.0
170625 3上 1000万 1 ダイアナヘイロー 96 34.8 34.7
180224 3歳 オープン 3 ハゼル 93 34.9 34.9
180224 3歳 オープン 1 アンフィトリテ 95 35.0 34.7
170305 4上 1000万 1 アドマイヤゴッド 101 35.0 34.1
180224 3歳 オープン 7 スノーガーデン 90 35.1 35.1
180224 3歳 オープン 4 タイセイアベニール 94 35.2 34.7
180224 3歳 オープン 6 オーヴァーライト 92 35.2 34.9
180224 3歳 オープン 8 レグルドール 90 35.3 35.0
180224 3歳 オープン 9 アイアンクロー 89 35.4 35.1
180224 3歳 オープン 5 ベルガド 94 35.5 34.5
170416 4上 1000万 1 アズマクィーン 100 35.6 34.0
180224 3歳 オープン 2 オジョーノキセキ 98 35.6 34.1
170930 3上 1000万 1 グレイトチャーター 98 35.6 34.1
180224 3歳 オープン 10 スウォナーレ 84 36.2 35.2

 

1200mになったのが2018年からなので、

今年は1000万下と比較してみました。

ざっと見ると、低レベルな1000万下でどうにか、

という感じで平均と比較するとまったく足りていません。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったアンフィトリテはこれで3連勝。

新馬の内容を考えるとこのくらい走って当然ですが、

前目から押し切った点は、今後この路線でやっていくなら

大きな収穫でしょう。

時計としては、このあともっと大きいところを狙うなら

やや物足りませんが、休み明けだったことを考えれば、

次走さらに上積みも考えられます。

 

おもしろいのが2着のオジョーノキセキで、

スローの流れを後方から詰め寄りました。

これまで先行したレースを考えると、

道中溜めたここは大幅に時計を詰めており、

出負けしたことで今後の作戦の幅が広がったといえます。

 

 

 


タグ: , , , , ,

【2018エルフィンS】反省_レースレベル:中/ペース:H

2018年2月9日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
180203 3歳 オープン 11 サヤカチャン 67 59.0 38.2
180203 3歳 オープン 10 ダンツクレイオー 69 59.1 38.0
180203 3歳 オープン 4 トロワゼトワル 89 59.2 36.0
180203 3歳 オープン 12 メイショウヒサカタ 61 59.3 38.7
180203 3歳 オープン 2 ノーブルカリナン 92 59.3 35.6
180203 3歳 オープン 9 マルモマリア 80 59.6 36.7
180203 3歳 オープン 8 ジーナスイート 82 59.6 36.5
180203 3歳 オープン 1 レッドサクヤ 96 59.7 35.1
180203 3歳 オープン 3 レッドランディーニ 94 59.8 35.2
180203 3歳 オープン 5 マリアバローズ 91 59.9 35.5
180203 3歳 オープン 6 グリエルマ 88 60.0 35.7
110205 3歳 オープン 1 マルセリーナ 102 60.3 34.2
180203 3歳 オープン 7 シンコーメグチャン 90 60.4 35.4
90207 3歳 オープン 1 レッドディザイア 99 61.4 34.0
130202 3歳 オープン 1 トーセンソレイユ 106 61.5 33.3
該当レース勝ち馬平均 61.7 34.0
150207 3歳 オープン 1 クルミナル 101 61.9 33.6
140208 3歳 オープン 1 シャイニーガール 93 62.2 34.4
170204 3歳 オープン 1 サロニカ 90 62.2 34.6
160206 3歳 オープン 1 レッドアヴァンセ 99 63.0 33.4
120204 3歳 オープン 1 サンシャイン 94 63.1 33.8

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
180203 3歳 オープン 11 サヤカチャン 67 59.0 38.2
110205 3歳 オープン 11 トップモデル 70 59.9 37.5
130202 3歳 オープン 6 ハイマウンテン 95 59.9 35.1
90207 3歳 オープン 4 アイアムカミノマゴ 92 60.5 35.1
150207 3歳 オープン 4 サトノゼファー 92 61.5 34.7
140208 3歳 オープン 1 シャイニーガール 93 62.2 34.4
170204 3歳 オープン 1 サロニカ 90 62.2 34.6
160206 3歳 オープン 4 エルフィンコーブ 90 62.2 34.6
120204 3歳 オープン 2 フレイムコード 91 62.9 34.2

 

2009年以降、最もハイペースで流れました。

当然、前目の馬にとっては厳しいレースで、

後方の馬には展開が向きました。

レースレベルはやや低く、

ましてや後方から追い込んだ馬は

次走もOPや重賞で同じ芸当ができるかは疑問です。

 

各馬のパフォーマンス

レッドサクヤは道中中団やや後方で、

3角、4角とややポジションをあげつつ

上がり最速で差し切りました。

2009年以降、最もハイペースで流れ、

次に速かったのが2011年ですが、

0.9秒も速く比較がつきません。

ただ、2011年のマルセリーナが60.3-34.2で

レッドサクヤが59.7-35.1でした。

0.6秒前で0.9秒上りが落ち込んでるとなると、

このレベルにあったとは思えません。

上り自体も他の馬と大きく変わっておらず、

今後クラシック戦線でどうのという実績には見えませんでした。

 

むしろ2着のノーブルカリナン、4着のトロワゼトワルは

この超絶ハイペースを前目からで、よくここまで粘りました。

次走狙うならこの2頭でしょう。

 

 


タグ: , , , , , , , , , , , ,

【2018クロッカスS】反省_レースレベル:中/ペース:M

2018年2月1日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
110129 3歳 オープン 1 フォーエバーマーク 101 47.0 34.4
180127 3歳 オープン 11 ジェイエルスピード 84 47.5 35.9
160130 3歳 オープン 1 トウショウドラフタ 102 47.6 34.1
180127 3歳 オープン 5 マドモアゼル 92 47.6 35.1
180127 3歳 オープン 2 アンブロジオ 98 47.8 34.4
180127 3歳 オープン 13 トキノメガミ 74 47.8 36.8
150131 3歳 オープン 1 ニシノラッシュ 95 47.9 34.7
140201 3歳 オープン 1 マイネルディアベル 98 48.0 34.3
180127 3歳 オープン 10 キングキングキング 89 48.0 35.2
180127 3歳 オープン 1 リョーノテソーロ 100 48.1 34.1
180127 3歳 オープン 6 ビリーバー 95 48.1 34.6
該当レース勝ち馬平均 48.2 34.0
130126 3歳 オープン 1 シーブリーズライフ 102 48.3 33.8
180127 3歳 オープン 4 アイスフィヨルド 98 48.3 34.2
180127 3歳 オープン 3 ムスコローソ 99 48.3 34.1
180127 3歳 オープン 7 ミッキーワイルド 95 48.4 34.5
180127 3歳 オープン 12 アーヒラ 90 48.4 35.0
100131 3歳 オープン 1 インプレスウィナー 101 48.5 33.9
180127 3歳 オープン 8 ヒシコスマー 95 48.5 34.5
120128 3歳 オープン 1 セイクレットレーヴ 104 49.1 33.3
180127 3歳 オープン 9 シキシマ 96 49.1 34.1
170128 3歳 オープン 1 タイムトリップ 100 49.3 33.6

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
130126 3歳 オープン 7 クリノタカラチャン 77 46.5 37.0
160130 3歳 オープン 10 コージェント 70 46.9 37.5
110129 3歳 オープン 1 フォーエバーマーク 101 47.0 34.4
150131 3歳 オープン 10 フジマサジャンボ 75 47.4 36.9
180127 3歳 オープン 11 ジェイエルスピード 84 47.5 35.9
140201 3歳 オープン 4 シゲルカガ 95 47.6 34.8
100131 3歳 オープン 6 カホマックス 92 47.6 35.1
120128 3歳 オープン 10 マウントビスティー 89 47.7 35.3
170128 3歳 オープン 10 キンシノクリーン 85 48.8 35.3

 

まずまずこのレースとしては典型的なペースで流れました。

レースレベルは例年並です。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったリョーノテソーロは初芝でのVでした。

ダートでも速い上がりを使えていましたが、

ここでも中団から上がり最速できっちり差し切っています。

時計もまずまずで、次走重賞でも見込みがありそうです。

 

2着アンブロジオは、キレる脚がなく差されてしまいましたが、

過去の勝ち馬と比較してもそん色ない内容でした。

東京コースを使われてきていますが、

先行力がいきるコースに替わってきたら要注意です。

 

 

 

 


タグ: , , , , ,

【2017クリスマスローズS】反省_レースレベル:中/ペース:S

2017年12月30日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
131221 2歳 オープン 1 ネロ 97 33.5 35.6
141227 2歳 オープン 1 レンイングランド 95 33.7 35.6
161223 2歳 オープン 1 マイネルバールマン 91 34.1 35.8
111224 2歳 オープン 1 レオンビスティー 102 34.1 34.6
171224 2歳 オープン 4 ビリーバー 90 34.2 35.7
171224 2歳 オープン 5 リンシャンカイホウ 88 34.2 35.9
該当レース勝ち馬平均 34.4 35.1
171224 2歳 オープン 2 ラストプリマドンナ 95 34.4 35.1
101205 2歳 オープン 1 ラテアート 96 34.6 34.9
91206 2歳 オープン 1 エスカーダ 101 34.6 34.3
171224 2歳 オープン 12 メイケイダイハード 84 34.6 36.0
121222 2歳 オープン 1 モグモグパクパク 91 34.7 35.3
171224 2歳 オープン 3 レグルドール 93 34.7 35.1
171224 2歳 オープン 6 ペイシャルアス 88 34.9 35.4
171224 2歳 オープン 1 タイセイプライド 98 35.0 34.4
171224 2歳 オープン 8 アーヒラ 89 35.0 35.3
171224 2歳 オープン 14 ジスモンダ 82 35.1 35.9
151226 2歳 オープン 1 マレボプール 87 35.2 35.4
171224 2歳 オープン 10 ニシノアスカ 87 35.4 35.2
171224 2歳 オープン 7 アイスフィヨルド 90 35.5 34.8
171224 2歳 オープン 9 リュウノユキナ 90 35.6 34.8
171224 2歳 オープン 13 ソンタク 85 35.6 35.3
171224 2歳 オープン 11 トーセンエポナ 88 35.7 34.9
171224 2歳 オープン 15 パッセ 63 36.7 36.7

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
131221 2歳 オープン 2 シゲルカガ 96 33.3 35.8
161223 2歳 オープン 14 ウランゲル 76 33.5 37.7
111224 2歳 オープン 6 エクセルシオール 98 33.7 35.3
141227 2歳 オープン 1 レンイングランド 95 33.7 35.6
121222 2歳 オープン 5 クリノタカラチャン 84 33.8 36.6
171224 2歳 オープン 5 リンシャンカイホウ 88 34.2 35.9
91206 2歳 オープン 4 エーシンダックマン 98 34.4 34.8
101205 2歳 オープン 1 ラテアート 96 34.6 34.9
151226 2歳 オープン 5 コスモフレンチ 85 34.9 35.8

 

例年と比較するとスローの流れになりました。

前目の馬が上位をしめる中、

勝ち馬は残り3F地点で0.8秒離れたところから差し切っています。

 

各馬のパフォーマンス

このレースの勝ち馬自体が、

ハイペースで勝っている馬ほどその後活躍しており、

勝ち馬平均の前3F34.4秒より楽をした馬は

その後それほど活躍できていません。

ただ、それを差し引いても、勝ったタイセイプライドは

向かない展開を上がり最速でつっこんできています。

時計自体はまずまず評価すべきでしょう。

 

2着ラストプリマドンナは、

このレースの勝ち馬平均と同じ内容でした。

年が年なら勝っていてもおかしくない内容で、

次走、500万下ならこの実績を素直に評価できます。

 

3着レグルドールは九州産馬。

2012年のモグモグパクパクと比較すると

パフォーマンスとしては上でした。

すでにひまわり賞を勝っており、

次走はメンバーが強化されるときびしそうですが、

ここ最近の九州産馬としてはそこそこやれています。

 

 

 

 

 

 

 


タグ: , , , , , , , , , , , ,

【2017朝日杯FS】反省_レースレベル:高/ペース:M

2017年12月29日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
171217 2歳 G1 11 ケイティクレバー 88 59.7 35.8
141221 2歳 G1 1 ダノンプラチナ 95 59.8 35.0
171217 2歳 G1 6 ファストアプローチ 97 59.9 34.8
171217 2歳 G1 7 カシアス 97 60.0 34.8
171217 2歳 G1 1 ダノンプレミアム 105 60.1 33.9
171217 2歳 G1 9 ダブルシャープ 94 60.1 35.0
171217 2歳 G1 10 アサクサゲンキ 91 60.2 35.3
171217 2歳 G1 3 タワーオブロンドン 101 60.3 34.3
171217 2歳 G1 13 ムスコローソ 89 60.4 35.4
171217 2歳 G1 8 フロンティア 96 60.4 34.7
該当レース勝ち馬平均 60.5 34.0
171217 2歳 G1 14 アイアンクロー 86 60.5 35.7
171217 2歳 G1 2 ステルヴィオ 102 60.5 34.1
171217 2歳 G1 4 ケイアイノーテック 102 60.5 34.1
171217 2歳 G1 5 ダノンスマッシュ 101 60.6 34.1
171217 2歳 G1 12 ライトオンキュー 93 60.8 34.9
161218 2歳 G1 1 サトノアレス 102 60.9 33.9
171217 2歳 G1 15 ヒシコスマー 86 60.9 35.5
171217 2歳 G1 16 イシマツ 74 60.9 36.7
151220 2歳 G1 1 リオンディーズ 106 61.2 33.4

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
141221 2歳 G1 5 アクティブミノル 87 59.1 36.1
171217 2歳 G1 11 ケイティクレバー 88 59.7 35.8
151220 2歳 G1 16 ウインオスカー 74 60.1 37.0
161218 2歳 G1 3 ボンセルヴィーソ 94 60.2 35.0

 

過去、このレースの勝ち馬から

クラシックホースは出ておらず、

結果的には毎年いまいちなメンバーがそろうレースですが

少なくとも今年は例年と比較してハイレベルだったといえます。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったダノンプレミアムは、

前目から上がり最速の完勝でした。

例年の勝ち馬の平均と比較しても、

さらに前の位置から速い上がりを使っており、

このレースとしては過去最強の勝ち方といえます。

新馬で1800mを使っていますがいまいちなパフォーマンスで

今後、2000m超のレースで同じ芸当ができるかどうかがポイントでしょう。

 

2着ステルヴィオはこのレースの平均とほぼ同じパフォーマンスで

ここは相手が悪かったとしかいいようがありません。

3着タワーオブロンドン、4着ケイアイノーテックも同様です。

ただ、勝ち馬が出走してくる限り、逆転は非常に厳しそう。

空き巣を狙うしかありません。

 

 


タグ: , , , , , , , , , ,

TOPへ戻る