タグ「2018クロッカスS参考」を含む記事

【2018シンザン記念】反省_レースレベル:中/ペース:S

2018年1月14日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
130106 3歳 G3 1 エーシントップ 94 58.7 35.7
100110 3歳 G3 1 ガルボ 106 59.2 34.3
160110 3歳 G3 1 ロジクライ 93 59.3 35.5
90111 3歳 G3 1 アントニオバローズ 97 59.7 34.9
120108 3歳 G3 1 ジェンティルドンナ 99 59.7 34.8
110109 3歳 G3 1 レッドデイヴィス 102 59.8 34.4
該当レース勝ち馬平均 60.0 34.6
140112 3歳 G3 1 ミッキーアイル 102 60.0 34.3
180108 3歳 G3 3 カシアス 91 60.9 35.0
180108 3歳 G3 2 ツヅミモン 92 61.0 34.9
180108 3歳 G3 9 ブランモンストル 78 61.3 36.2
180108 3歳 G3 11 マイネルエメ 71 61.4 36.8
180108 3歳 G3 8 プリュス 86 61.5 35.3
180108 3歳 G3 7 ベルガド 87 61.5 35.2
180108 3歳 G3 6 スターリーステージ 88 61.6 35.0
150111 3歳 G3 1 グァンチャーレ 98 61.6 34.0
180108 3歳 G3 4 ファストアプローチ 92 61.7 34.6
180108 3歳 G3 1 アーモンドアイ 99 61.8 33.8
180108 3歳 G3 5 カフジバンガード 92 61.9 34.5
180108 3歳 G3 10 ヒシコスマー 77 62.3 35.8

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
160110 3歳 G3 3 シゲルノコギリザメ 88 58.5 36.4
130106 3歳 G3 1 エーシントップ 94 58.7 35.7
100110 3歳 G3 2 シャイン 99 58.9 35.1
120108 3歳 G3 5 シゲルアセロラ 89 58.9 36.1
110109 3歳 G3 12 シゲルソウサイ 78 58.9 37.2
90111 3歳 G3 14 ツルマルジャパン 61 59.0 38.8
140112 3歳 G3 1 ミッキーアイル 102 60.0 34.3
150111 3歳 G3 5 レンイングランド 92 60.6 35.1
180108 3歳 G3 3 カシアス 91 60.9 35.0

 

2009年以降、もっとも遅い流れでした。

比較するなら2015年が似たようなペースでしたが、

ほぼ同じレースレベルと考えてよさそうです。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったアーモンドアイは、課題のゲートをここでも失敗し

後方からの競馬になりました。

GS指数自体はまずまずで、このレースとしては

やや物足りない内容です。

ただ、出遅れに加えてスローと最悪の展開で

馬場も悪い中、きっちり差し切ったことは称賛に値します。

 

2着ツヅミモン、3着カシアスはそれぞれ番手、逃げでしたが

展開と馬場に恵まれたフロックとみます。

特にカシアスは、1200m~1400mと比較すると

1600mではパフォーマンスが落ちるようで

今回はペースに恵まれました。

函館勝ちがあるように、このように時計のかかる馬場だったことも、

プラスだったように思えます。

 

 

 

 

 


タグ: , , , , , , , ,

【2017クリスマスローズS】反省_レースレベル:中/ペース:S

2017年12月30日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
131221 2歳 オープン 1 ネロ 97 33.5 35.6
141227 2歳 オープン 1 レンイングランド 95 33.7 35.6
161223 2歳 オープン 1 マイネルバールマン 91 34.1 35.8
111224 2歳 オープン 1 レオンビスティー 102 34.1 34.6
171224 2歳 オープン 4 ビリーバー 90 34.2 35.7
171224 2歳 オープン 5 リンシャンカイホウ 88 34.2 35.9
該当レース勝ち馬平均 34.4 35.1
171224 2歳 オープン 2 ラストプリマドンナ 95 34.4 35.1
101205 2歳 オープン 1 ラテアート 96 34.6 34.9
91206 2歳 オープン 1 エスカーダ 101 34.6 34.3
171224 2歳 オープン 12 メイケイダイハード 84 34.6 36.0
121222 2歳 オープン 1 モグモグパクパク 91 34.7 35.3
171224 2歳 オープン 3 レグルドール 93 34.7 35.1
171224 2歳 オープン 6 ペイシャルアス 88 34.9 35.4
171224 2歳 オープン 1 タイセイプライド 98 35.0 34.4
171224 2歳 オープン 8 アーヒラ 89 35.0 35.3
171224 2歳 オープン 14 ジスモンダ 82 35.1 35.9
151226 2歳 オープン 1 マレボプール 87 35.2 35.4
171224 2歳 オープン 10 ニシノアスカ 87 35.4 35.2
171224 2歳 オープン 7 アイスフィヨルド 90 35.5 34.8
171224 2歳 オープン 9 リュウノユキナ 90 35.6 34.8
171224 2歳 オープン 13 ソンタク 85 35.6 35.3
171224 2歳 オープン 11 トーセンエポナ 88 35.7 34.9
171224 2歳 オープン 15 パッセ 63 36.7 36.7

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
131221 2歳 オープン 2 シゲルカガ 96 33.3 35.8
161223 2歳 オープン 14 ウランゲル 76 33.5 37.7
111224 2歳 オープン 6 エクセルシオール 98 33.7 35.3
141227 2歳 オープン 1 レンイングランド 95 33.7 35.6
121222 2歳 オープン 5 クリノタカラチャン 84 33.8 36.6
171224 2歳 オープン 5 リンシャンカイホウ 88 34.2 35.9
91206 2歳 オープン 4 エーシンダックマン 98 34.4 34.8
101205 2歳 オープン 1 ラテアート 96 34.6 34.9
151226 2歳 オープン 5 コスモフレンチ 85 34.9 35.8

 

例年と比較するとスローの流れになりました。

前目の馬が上位をしめる中、

勝ち馬は残り3F地点で0.8秒離れたところから差し切っています。

 

各馬のパフォーマンス

このレースの勝ち馬自体が、

ハイペースで勝っている馬ほどその後活躍しており、

勝ち馬平均の前3F34.4秒より楽をした馬は

その後それほど活躍できていません。

ただ、それを差し引いても、勝ったタイセイプライドは

向かない展開を上がり最速でつっこんできています。

時計自体はまずまず評価すべきでしょう。

 

2着ラストプリマドンナは、

このレースの勝ち馬平均と同じ内容でした。

年が年なら勝っていてもおかしくない内容で、

次走、500万下ならこの実績を素直に評価できます。

 

3着レグルドールは九州産馬。

2012年のモグモグパクパクと比較すると

パフォーマンスとしては上でした。

すでにひまわり賞を勝っており、

次走はメンバーが強化されるときびしそうですが、

ここ最近の九州産馬としてはそこそこやれています。

 

 

 

 

 

 

 


タグ: , , , , , , , , , , , ,

【2017朝日杯FS】反省_レースレベル:高/ペース:M

2017年12月29日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
171217 2歳 G1 11 ケイティクレバー 88 59.7 35.8
141221 2歳 G1 1 ダノンプラチナ 95 59.8 35.0
171217 2歳 G1 6 ファストアプローチ 97 59.9 34.8
171217 2歳 G1 7 カシアス 97 60.0 34.8
171217 2歳 G1 1 ダノンプレミアム 105 60.1 33.9
171217 2歳 G1 9 ダブルシャープ 94 60.1 35.0
171217 2歳 G1 10 アサクサゲンキ 91 60.2 35.3
171217 2歳 G1 3 タワーオブロンドン 101 60.3 34.3
171217 2歳 G1 13 ムスコローソ 89 60.4 35.4
171217 2歳 G1 8 フロンティア 96 60.4 34.7
該当レース勝ち馬平均 60.5 34.0
171217 2歳 G1 14 アイアンクロー 86 60.5 35.7
171217 2歳 G1 2 ステルヴィオ 102 60.5 34.1
171217 2歳 G1 4 ケイアイノーテック 102 60.5 34.1
171217 2歳 G1 5 ダノンスマッシュ 101 60.6 34.1
171217 2歳 G1 12 ライトオンキュー 93 60.8 34.9
161218 2歳 G1 1 サトノアレス 102 60.9 33.9
171217 2歳 G1 15 ヒシコスマー 86 60.9 35.5
171217 2歳 G1 16 イシマツ 74 60.9 36.7
151220 2歳 G1 1 リオンディーズ 106 61.2 33.4

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
141221 2歳 G1 5 アクティブミノル 87 59.1 36.1
171217 2歳 G1 11 ケイティクレバー 88 59.7 35.8
151220 2歳 G1 16 ウインオスカー 74 60.1 37.0
161218 2歳 G1 3 ボンセルヴィーソ 94 60.2 35.0

 

過去、このレースの勝ち馬から

クラシックホースは出ておらず、

結果的には毎年いまいちなメンバーがそろうレースですが

少なくとも今年は例年と比較してハイレベルだったといえます。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったダノンプレミアムは、

前目から上がり最速の完勝でした。

例年の勝ち馬の平均と比較しても、

さらに前の位置から速い上がりを使っており、

このレースとしては過去最強の勝ち方といえます。

新馬で1800mを使っていますがいまいちなパフォーマンスで

今後、2000m超のレースで同じ芸当ができるかどうかがポイントでしょう。

 

2着ステルヴィオはこのレースの平均とほぼ同じパフォーマンスで

ここは相手が悪かったとしかいいようがありません。

3着タワーオブロンドン、4着ケイアイノーテックも同様です。

ただ、勝ち馬が出走してくる限り、逆転は非常に厳しそう。

空き巣を狙うしかありません。

 

 


タグ: , , , , , , , , , ,

【2017阪神JF】反省_レースレベル:低/ペース:S

2017年12月29日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
121209 2歳 G1 1 ローブティサージュ 89 58.6 36.1
151213 2歳 G1 1 メジャーエンブレム 90 58.9 35.9
161211 2歳 G1 1 ソウルスターリング 99 59.3 34.8
該当レース勝ち馬平均 60.2 34.6
131208 2歳 G1 1 レッドリヴェール 99 60.3 34.4
171210 2歳 G1 17 ラスエモーショネス 76 60.5 36.6
171210 2歳 G1 13 コーディエライト 81 60.6 36.1
141214 2歳 G1 1 ショウナンアデラ 101 60.7 34.2
91213 2歳 G1 1 アパパネ 99 60.7 34.3
171210 2歳 G1 9 ロックディスタウン 86 60.7 35.6
111211 2歳 G1 1 ジョワドヴィーヴル 102 60.7 34.0
171210 2歳 G1 6 ラテュロス 88 60.8 35.3
171210 2歳 G1 10 マドモアゼル 86 61.0 35.4
171210 2歳 G1 14 サヤカチャン 84 61.1 35.6
171210 2歳 G1 2 リリーノーブル 98 61.1 34.2
171210 2歳 G1 1 ラッキーライラック 100 61.2 34.0
171210 2歳 G1 3 マウレア 98 61.2 34.2
171210 2歳 G1 18 ナディア 79 61.4 36.0
171210 2歳 G1 7 グリエルマ 92 61.4 34.7
171210 2歳 G1 5 モルトアレグロ 94 61.5 34.4
171210 2歳 G1 8 ソシアルクラブ 92 61.6 34.6
171210 2歳 G1 16 ハイヒール 86 61.7 35.2
171210 2歳 G1 12 トーセンアンバー 90 61.8 34.7
171210 2歳 G1 4 トーセンブレス 97 61.8 34.0
171210 2歳 G1 11 ノーブルアース 91 61.8 34.6
171210 2歳 G1 15 レグルドール 87 62.0 34.9
101212 2歳 G1 1 レーヴディソール 97 62.0 34.0

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
121209 2歳 G1 13 タガノミューチャン 74 58.1 37.8
161211 2歳 G1 8 アリンナ 86 58.9 36.3
151213 2歳 G1 1 メジャーエンブレム 90 58.9 35.9
131208 2歳 G1 17 ニホンピロアンバー 59 58.9 39.0
141214 2歳 G1 6 スマートプラネット 85 59.5 36.2
91213 2歳 G1 11 ジュエルオブナイル 84 59.7 36.2
111211 2歳 G1 11 ファインチョイス 89 60.1 35.5
171210 2歳 G1 17 ラスエモーショネス 76 60.5 36.6
101212 2歳 G1 15 ピュアオパール 81 61.4 35.8

 

2009年以降、2番目に遅いスローペースでした。

2010年が極端に遅かったので、

比較するとすれば2011年(ジョワドヴィーヴル)でしょう。

レースレベルとしては標準かやや低く、

次走狙うとすれば追い込んで脚を余した馬でしょうか。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったラッキーライラックは

ここまで先行策が続いていましたが、

かかり気味だったこともあってか

今回はやや控える形での競馬になりました。

そこから上がり最速での完勝で、

前走から大幅にパフォーマンスをあげてきています。

ただ、即クラシックの主役かというと

例年比較で物足りず、

これからまたいい馬が出てくると

3歳以降苦戦してもおかしくありません。

あくまで暫定2歳女王と考えたほうがよさそうです。

 

2着リリーノーブルは、初重賞で

ここまでドスローしか経験しておらず、

中1週だったことを考えるとよくがんばったほうでしょう。

ここまで楽勝が続いており、

追ったらどうなるかというのが注目でした

その意味では案外だったといえます。

 

3着以下では、追い込んで脚を余した

4着トーセンブレス、5着モルトアレグロが

展開に泣いた格好です。

特にトーセンブレスは、まだ500万下に出走可能で

新馬の内容を考えても、次走自己条件なら

人気でもさからえません。

 


タグ: , , , , , , , , , ,

【2017福島2歳S】反省_レースレベル:中/ペース:H

2017年11月16日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
171112 2歳 オープン 10 ペガッソ 76 33.1 37.7
171112 2歳 オープン 8 ビリーバー 77 33.1 37.6
171112 2歳 オープン 1 アンヴァル 95 33.6 35.6
171112 2歳 オープン 4 タイセイアベニール 89 33.7 36.1
171112 2歳 オープン 3 キングキングキング 90 33.8 36.0
171112 2歳 オープン 9 アーヒラ 80 33.8 37.0
171112 2歳 オープン 2 リュウノユキナ 93 34.0 35.6
161113 2歳 オープン 1 メイソンジュニア 96 34.1 35.3
141116 2歳 オープン 1 ペイシャオブロー 99 34.2 34.9
171112 2歳 オープン 12 カシノクオーレ 78 34.2 36.9
171112 2歳 オープン 6 ココロノイコロ 87 34.3 36.0
171112 2歳 オープン 7 トランプ 85 34.3 36.2
171112 2歳 オープン 5 ヴェルスパー 91 34.4 35.5
該当レース勝ち馬平均 34.5 35.1
171112 2歳 オープン 11 イイコトズクシ 83 34.5 36.3
91122 2歳 オープン 1 モトヒメ 98 34.6 34.8
131117 2歳 オープン 1 エルカミーノレアル 95 34.9 34.9
101121 2歳 オープン 1 トキノゲンジ 94 35.0 35.0
121118 2歳 オープン 1 ディアセルヴィス 92 35.0 35.1
171112 2歳 オープン 13 ロードエース 83 35.1 36.0

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
141116 2歳 オープン 13 ヴィクトリースノー 75 33.1 37.9
171112 2歳 オープン 8 ビリーバー 77 33.1 37.6
161113 2歳 オープン 12 ガーシュウィン 72 33.5 38.0
121118 2歳 オープン 11 セルリアンスバル 74 33.8 37.6
101121 2歳 オープン 15 リアライズナラック 71 34.0 37.8
91122 2歳 オープン 10 ラルティスタ 86 34.3 36.2
131117 2歳 オープン 13 テルミドール 80 34.3 36.7

 

2014年と同じハイペースで、

2009年以降で最も速いペースで流れました。

いく馬には厳しい展開だったといえます。

レースレベルはこのレースとしてはまずまずといったところ。

 

各馬のパフォーマンス

  • 1着:アンヴァル

2016年の勝ち馬メイソンジュニアと比較すると、

やや物足りない内容ですが、

勝ちっぷりがよく、直線では馬なりで後続を突き放しました。

時計はまだまだ詰まりそうです。

また、メイソンがその後重賞で馬券になっていることを考えると、

今後も軽視はできません。

桜花賞にターゲットを絞ったようで、

次走は来年になりそうです。

トライアルに出走してきたら、ぶっつけでもヒモには入れたい1頭です。

 

1pixel

タグ: , , , , , , , ,

【2017京王杯2歳S】反省_レースレベル:中/ペース:S

2017年11月13日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
91114 2歳 G2 1 エイシンアポロン 98 47.5 34.5
141108 2歳 G2 1 セカンドテーブル 98 47.8 34.4
121110 2歳 G2 1 エーシントップ 101 48.1 33.9
101113 2歳 G2 1 グランプリボス 101 48.3 33.9
161105 2歳 G2 1 モンドキャンノ 101 48.4 33.9
171104 2歳 G2 8 タイセイプライド 90 48.4 35.0
該当レース勝ち馬平均 48.5 34.0
171104 2歳 G2 3 アサクサゲンキ 96 48.5 34.4
111112 2歳 G2 1 レオアクティブ 102 48.6 33.7
171104 2歳 G2 5 ニシノウララ 95 48.7 34.4
171104 2歳 G2 2 カシアス 98 48.7 34.1
171104 2歳 G2 10 モリノラスボス 84 48.9 35.4
171104 2歳 G2 11 トキノメガミ 72 48.9 36.6
171104 2歳 G2 1 タワーオブロンドン 103 49.0 33.5
171104 2歳 G2 7 エントシャイデン 96 49.1 34.1
171104 2歳 G2 6 トーセンアンバー 97 49.2 34.0
171104 2歳 G2 9 マイティーワークス 95 49.2 34.2
131109 2歳 G2 1 カラダレジェンド 93 49.4 34.3
171104 2歳 G2 4 ピースユニヴァース 100 49.5 33.6
151107 2歳 G2 1 ボールライトニング 98 49.6 33.7

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
91114 2歳 G2 3 ツルマルジュピター 90 46.6 35.6
111112 2歳 G2 7 ダイワインスパイア 88 47.6 35.5
101113 2歳 G2 3 テイエムオオタカ 93 47.7 34.9
141108 2歳 G2 1 セカンドテーブル 98 47.8 34.4
161105 2歳 G2 7 タイムトリップ 91 47.9 35.1
121110 2歳 G2 8 マイネルエテルネル 94 48.0 34.7
171104 2歳 G2 8 タイセイプライド 90 48.4 35.0
131109 2歳 G2 4 マイネルディアベル 89 49.1 34.8
151107 2歳 G2 4 レッドラウダ 96 49.5 34.0

 

2009年以降の比較でいうと、

ややスローくらいで流れました。

前目の馬にとってはまずまず楽な展開だったといえます。

レースレベルは勝ち馬のみ例年並のレベルで、

2着以下は着順なりかそれ以下の内容でした。

 

各馬のパフォーマンス

  • 1着:タワーオブロンドン

ここまで楽勝が続いていましたが、

ようやく骨のある相手とあたり、

直線ではステッキが入りました。

先に抜け出した馬をかわすと、

あとは余裕の手ごたえでゴールし、

時計はもっと詰まってきそうです。

内容も、この時期の2歳馬としては優秀で、

次走以降はマイルに対応できるかがカギでしょう。

 

  • 2着:カシアス

道中3番手で展開としては向きました。

ただ、こちらもれっきとした重賞ホースで

能力の片りんは見せたといえます。

距離をこなせたのは収穫でしょう。

休み明けで-14kgと馬体が減っていたので

次走は回復してくるかどうか要確認です。

 

  • 3着:アサクサゲンキ

こちらも重賞ホース。

ただ、時計はこのあたりの着順からあやしくなってきます。

例年だと掲示板程度でしょうか。

 

  • 4着:ピースユニヴァース

出遅れが響きました。

直線よく追い上げましたが、

スローを追走した分、前も楽をしており

前半のロスは取り返せず。

自己条件にまわってくれば人気しますし、

買い時はすぎたように思えます。

1pixel

タグ: , , , , , , , ,

TOPへ戻る