タグ「2017萩S参考」を含む記事

【2017ききょうS】反省_レースレベル:高/ペース:H

2017年10月8日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
170923 2歳 オープン 10 ジュンドリーム 64 45.7 39.4
170923 2歳 オープン 2 バーニングペスカ 85 46.2 36.9
170923 2歳 オープン 4 フランシスコダイゴ 78 46.4 37.4
170923 2歳 オープン 5 アイアンクロー 78 46.4 37.4
170923 2歳 オープン 7 リンガラポップス 72 46.7 37.7
170923 2歳 オープン 3 イイコトズクシ 82 46.8 36.6
170923 2歳 オープン 9 アントルシャ 65 46.8 38.3
170923 2歳 オープン 6 スーサンドン 76 46.9 37.1
170923 2歳 オープン 8 ナムラバンザイ 71 46.9 37.6
170923 2歳 オープン 1 タワーオブロンドン 91 47.0 35.5
111001 2歳 オープン 1 ネオヴァンクル 89 47.2 35.6
91003 2歳 オープン 1 ダッシャーゴーゴー 87 47.2 35.8
170923 2歳 オープン 11 テイエムスグレモン 58 47.6 38.3
該当レース勝ち馬平均 48.0 35.0
140927 2歳 オープン 1 ナヴィオン 90 48.1 34.6
120922 2歳 オープン 1 プリンセスジャック 86 48.1 35.0
130921 2歳 オープン 1 ウインスプラッシュ 85 48.3 35.0
150926 2歳 オープン 1 シャドウアプローチ 85 48.3 35.0
101002 2歳 オープン 1 オースミイージー 86 48.6 34.6
160924 2歳 オープン 1 ジューヌエコール 89 48.6 34.3

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
170923 2歳 オープン 10 ジュンドリーム 64 45.7 39.4
91003 2歳 オープン 7 メイショウデイム 78 46.9 36.9
111001 2歳 オープン 2 ゴーイングパワー 88 46.9 35.9
140927 2歳 オープン 3 シゲルチャグチャグ 89 47.5 35.3
150926 2歳 オープン 3 タンギモウジア 84 47.8 35.5
120922 2歳 オープン 8 ワキノブレイブ 78 47.8 36.1
160924 2歳 オープン 9 ジャンダラリン 74 47.8 36.5
130921 2歳 オープン 1 ウインスプラッシュ 85 48.3 35.0
101002 2歳 オープン 1 オースミイージー 86 48.6 34.6

 

2009年以降もっともハイペースで、

それも極端なハイペースだったといえます。

いく馬には厳しい展開で、前目の馬には向かない展開になりました。

 

各馬のパフォーマンス

 

  • 1着:タワーオブロンドン

3と1/2馬身の圧勝でしたが、展開が向いた点には注意です。

時計もそれほど優秀とはいえません。

ただ、前走スローのクローバー賞と

今回ハイのききょうS、どちらも上がり最速を計時しました。

ペースに寄らず末脚はキレるタイプといえます。

 

  • 2着:バーニングペスカ

ペース差-1.5秒のハイペースを番手からでした。

残り3F地点で逃げ馬から0.5秒差ですから、

机上の空論では46.2秒で逃げたのと等しいですが、

それにしても2009年以降のこのレースの

どの逃げ馬よりも速いペースだったといえます。

それで2着に残していますから、善戦したといえるでしょう。

次走まだ500万下にまわってくる可能性もあり、

もう少し楽なペースでいければ通用しておかしくありません。




タグ: , , , , , , , , , ,

【2017札幌2歳S】反省_レースレベル:低/ペース:S

2017年9月9日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
111001 2歳 G3 1 グランデッツァ 94 73.3 35.9
101002 2歳 G3 1 オールアズワン 94 73.8 35.7
160903 2歳 G3 1 トラスト 88 74.2 36.2
該当レース勝ち馬平均 74.4 35.7
140906 2歳 G3 1 ブライトエンブレム 90 74.5 35.9
170902 2歳 G3 14 サージュミノル 56 74.5 39.3
170902 2歳 G3 9 マツカゼ 78 74.6 37.1
150905 2歳 G3 1 アドマイヤエイカン 90 74.7 35.8
120901 2歳 G3 1 コディーノ 98 74.7 35.0
170902 2歳 G3 2 ファストアプローチ 85 74.7 36.3
170902 2歳 G3 13 ロジャージーニアス 64 74.8 38.4
170902 2歳 G3 5 コスモインザハート 84 74.9 36.4
90905 2歳 G3 1 サンディエゴシチー 94 75.0 35.3
170902 2歳 G3 1 ロックディスタウン 87 75.0 36.0
170902 2歳 G3 4 シスターフラッグ 85 75.1 36.2
170902 2歳 G3 10 カレンシリエージョ 79 75.1 36.8
170902 2歳 G3 12 ヴィオトポス 74 75.1 37.3
170902 2歳 G3 6 クリノクーニング 87 75.4 35.9
170902 2歳 G3 7 ミスマンマミーア 87 75.4 35.9
170902 2歳 G3 11 ディバインブリーズ 77 75.4 36.9
170902 2歳 G3 8 ロードトレジャー 86 75.6 36.0
170902 2歳 G3 3 ダブルシャープ 93 75.8 35.2

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
101002 2歳 G3 13 ビービーマキシマス 69 73.1 38.4
111001 2歳 G3 8 ニシノスタイル 77 73.1 37.6
140906 2歳 G3 7 ミッキーユニバース 77 73.7 37.4
150905 2歳 G3 9 ペイシャフェリシタ 69 73.9 38.2
160903 2歳 G3 1 トラスト 88 74.2 36.2
120901 2歳 G3 4 ロゴタイプ 89 74.4 36.0
170902 2歳 G3 9 マツカゼ 78 74.6 37.1
90905 2歳 G3 2 モズ 90 74.7 35.8

 

2009年以降、2番目に遅いペースで流れました。

過去、残り3F地点まで74秒以上かかったレースで、

逃げ馬は(1,1,0,1)ですから前の馬は残して当然の展開でした。

その分、上がりが速いかというとそうでもなく、

レースレベルは低いと言わざるを得ません。

 

各馬のパフォーマンス

  • 1着:ロックディスタウン

2009年のサンディエゴシチーとほぼ同じ位置取りでしたが、

上りは0.7秒もかかってしまっています。

3歳未勝利でも怪しい内容で、

この位置取りとペースなら、最低でも補正済み上がりで

35.5秒くらいはほしかったところです。

 

  • 2着:ファストアプローチ

前目でレースを進めてそのまま2着に残しました。

ペースが遅かったことによるフロックとみます。

 

  • 3着:ダブルシャープ

最後方からでしたが、ペースが遅いとみるや

4角3角でおしあげてそのまま上がり最速で3着。

レース内容でいえば、この馬がもっとも高いパフォーマンスで、

実質的な勝ち馬はこちらといえます。

低レベルなクローバー賞から時計が一変してきました。

次走、中央の重賞でも要注意です。

 

1pixel



タグ: , , , , , , , ,

【2017新潟2歳S】反省_レースレベル:中/ペース:S

2017年9月9日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
140831 2歳 G3 1 ミュゼスルタン 101 60.3 33.6
120826 2歳 G3 1 ザラストロ 101 60.3 33.5
150830 2歳 G3 1 ロードクエスト 105 61.0 32.8
100905 2歳 G3 1 マイネイサベル 98 61.1 33.5
110904 2歳 G3 1 モンストール 105 61.2 32.8
該当レース勝ち馬平均 61.3 33.2
160828 2歳 G3 1 ヴゼットジョリー 97 61.5 33.5
90906 2歳 G3 1 シンメイフジ 100 61.8 33.1
170827 2歳 G3 2 コーディエライト 98 61.9 33.3
170827 2歳 G3 1 フロンティア 100 62.0 33.1
170827 2歳 G3 8 マイネルサイルーン 90 62.2 34.0
130825 2歳 G3 1 ハープスター 102 62.3 32.7
170827 2歳 G3 5 キボウノダイチ 93 62.3 33.6
170827 2歳 G3 3 テンクウ 101 62.4 32.8
170827 2歳 G3 10 フィルハーモニー 89 62.4 34.0
170827 2歳 G3 13 ダンツセイケイ 85 62.5 34.4
170827 2歳 G3 9 シンデレラメイク 91 62.6 33.7
170827 2歳 G3 4 エングローサー 95 62.6 33.3
170827 2歳 G3 14 ラインギャラント 84 62.7 34.4
170827 2歳 G3 7 プレトリア 95 62.8 33.3
170827 2歳 G3 6 オーデットエール 96 62.8 33.2
170827 2歳 G3 11 トッカータ 88 62.8 34.0
170827 2歳 G3 15 グランデウィーク 65 62.9 36.2
170827 2歳 G3 12 ムスコローソ 88 63.0 33.9

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
120826 2歳 G3 10 モーニングコール 82 59.1 35.8
140831 2歳 G3 7 カシノハリウッド 86 59.4 35.4
150830 2歳 G3 8 ルグランフリソン 84 59.9 35.3
100905 2歳 G3 10 クリーンエコロジー 82 60.4 35.3
110904 2歳 G3 16 ニンジャ 80 60.8 35.4
90906 2歳 G3 6 ハーティンハート 87 60.9 34.8
130825 2歳 G3 12 アポロムーン 78 61.0 35.6
160828 2歳 G3 4 アピールバイオ 91 61.1 34.2
170827 2歳 G3 2 コーディエライト 98 61.9 33.3

 

2009年以降、もっともスローになりました。

残り3Fのヨーイドンになり、

前にいた2頭のワンツーでした。

レースレベルとしては低くありませんが、

次走以降狙うなら後方から脚を余した馬でしょう。

 

各馬のパフォーマンス

 

  • 1着:フロンティア

番手から、スローに乗じて前目で残しました。

とはいえ、展開が向いただけではなく

しまいはしっかり伸びています。

2013年のハープスターと比較してもそん色のない内容で、

番手から上がり2位なら上々です。

 

  • 2着:コーディエライト

ハナを切って粘りこみましたが最後にかわされました。

内から上がり最速で伸びてくるテンクウをしのいでの2着。

過去の勝ち馬と比較すると若干落ちますが、

レベルの低かった2016年のヴゼットジョリーとの比較すると優秀です。

 

  • 3着:テンクウ

インから上がり最速で伸びてきましたが前2頭をかわせず。

スローで展開が向きませんでしたが、

2013年のハープスタート比較しても、

そこまで差はなく、次回も直線の長いコースなら注意でしょう。

 

1pixel



タグ: , , , , , , , , ,

TOPへ戻る