タグ「2017デイリー杯2歳S参考」を含む記事

【2017萩S】反省_レースレベル:不明/ペース:H

2017年11月5日 / 反省

同レース比較

※馬場差計測不能のため算出できず

 

ペース比較

※馬場差計測不能のため算出できず

 

極端に時計のかかる重馬場でしたが、

このレースの逃げ馬の残り3F地点の平均通過タイムが

馬場差補正後で73.7秒です。

今年は通過タイムが生時計で72.5秒。

補正する前にもかかわらず

2009年以降、2009年の次に速いペースでした。

超ハイペースだったと考えてよさそうです。

隊列としてはニシノベースマンがとばしていき、

少しあけて、リュクスポケット、後方に他の馬が固まっていました。

いく馬には厳しい展開で、馬場も外のほうが伸びていました。

 

各馬のパフォーマンス

 

  • 1着:タイムフライヤー

ハイペースに乗じて後方からつっこんできました。

直線では、一番馬場のいい大外を通りましたが

当然コーナーでは距離損しています。

2着に4馬身をつけており、

上がりはほかの馬より0.9秒以上速く、

通った馬場だけが勝因ではないでしょう。

完勝といえます。

 

  • 2着:オーデットエール

こちらも後方集団でしたが、

勝ち馬とは上がりで伸び負けました。

直線では勝ち馬の次に外を通っており、

ほかの馬とそれほど上りはかわりません。

2着という着順自体は通った馬場もありそうです。

 

  • 3着:リュクスポケット

逃げ馬からやや離れた番手を進みました。

残り3F地点では0.4秒差あり、

3番手以降を0.5秒離していました。

ハイペースで厳しい展開でしたが、

直線では馬場の悪いところを通っての3着です。

勝ち馬とは差がありそうですが、

2着馬と比較すると、むしろこちらのほうが

内容は濃かったといえます。

 

1pixel

タグ: , , , ,

【2017新潟2歳S】反省_レースレベル:中/ペース:S

2017年9月9日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
140831 2歳 G3 1 ミュゼスルタン 101 60.3 33.6
120826 2歳 G3 1 ザラストロ 101 60.3 33.5
150830 2歳 G3 1 ロードクエスト 105 61.0 32.8
100905 2歳 G3 1 マイネイサベル 98 61.1 33.5
110904 2歳 G3 1 モンストール 105 61.2 32.8
該当レース勝ち馬平均 61.3 33.2
160828 2歳 G3 1 ヴゼットジョリー 97 61.5 33.5
90906 2歳 G3 1 シンメイフジ 100 61.8 33.1
170827 2歳 G3 2 コーディエライト 98 61.9 33.3
170827 2歳 G3 1 フロンティア 100 62.0 33.1
170827 2歳 G3 8 マイネルサイルーン 90 62.2 34.0
130825 2歳 G3 1 ハープスター 102 62.3 32.7
170827 2歳 G3 5 キボウノダイチ 93 62.3 33.6
170827 2歳 G3 3 テンクウ 101 62.4 32.8
170827 2歳 G3 10 フィルハーモニー 89 62.4 34.0
170827 2歳 G3 13 ダンツセイケイ 85 62.5 34.4
170827 2歳 G3 9 シンデレラメイク 91 62.6 33.7
170827 2歳 G3 4 エングローサー 95 62.6 33.3
170827 2歳 G3 14 ラインギャラント 84 62.7 34.4
170827 2歳 G3 7 プレトリア 95 62.8 33.3
170827 2歳 G3 6 オーデットエール 96 62.8 33.2
170827 2歳 G3 11 トッカータ 88 62.8 34.0
170827 2歳 G3 15 グランデウィーク 65 62.9 36.2
170827 2歳 G3 12 ムスコローソ 88 63.0 33.9

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
120826 2歳 G3 10 モーニングコール 82 59.1 35.8
140831 2歳 G3 7 カシノハリウッド 86 59.4 35.4
150830 2歳 G3 8 ルグランフリソン 84 59.9 35.3
100905 2歳 G3 10 クリーンエコロジー 82 60.4 35.3
110904 2歳 G3 16 ニンジャ 80 60.8 35.4
90906 2歳 G3 6 ハーティンハート 87 60.9 34.8
130825 2歳 G3 12 アポロムーン 78 61.0 35.6
160828 2歳 G3 4 アピールバイオ 91 61.1 34.2
170827 2歳 G3 2 コーディエライト 98 61.9 33.3

 

2009年以降、もっともスローになりました。

残り3Fのヨーイドンになり、

前にいた2頭のワンツーでした。

レースレベルとしては低くありませんが、

次走以降狙うなら後方から脚を余した馬でしょう。

 

各馬のパフォーマンス

 

  • 1着:フロンティア

番手から、スローに乗じて前目で残しました。

とはいえ、展開が向いただけではなく

しまいはしっかり伸びています。

2013年のハープスターと比較してもそん色のない内容で、

番手から上がり2位なら上々です。

 

  • 2着:コーディエライト

ハナを切って粘りこみましたが最後にかわされました。

内から上がり最速で伸びてくるテンクウをしのいでの2着。

過去の勝ち馬と比較すると若干落ちますが、

レベルの低かった2016年のヴゼットジョリーとの比較すると優秀です。

 

  • 3着:テンクウ

インから上がり最速で伸びてきましたが前2頭をかわせず。

スローで展開が向きませんでしたが、

2013年のハープスタート比較しても、

そこまで差はなく、次回も直線の長いコースなら注意でしょう。

 

1pixel



タグ: , , , , , , , , ,

TOPへ戻る