タグ「2017スワンS参考」を含む記事

【2017スプリンターズS】反省

2017年10月8日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
91004 3上 G1 1 ローレルゲレイロ 104 33.3 35.0
101003 3上 G1 1 ウルトラファンタジ 108 33.6 34.4
130929 3上 G1 1 ロードカナロア 108 33.8 34.2
111002 3上 G1 1 カレンチャン 109 33.9 34.1
120930 3上 G1 1 ロードカナロア 109 33.9 34.0
該当レース勝ち馬平均 34.1 34.0
171001 3上 G1 3 ワンスインナムーン 105 34.3 34.2
161002 3上 G1 1 レッドファルクス 109 34.4 33.8
171001 3上 G1 15 ダイアナヘイロー 100 34.5 34.6
171001 3上 G1 6 ビッグアーサー 105 34.6 34.0
171001 3上 G1 12 ファインニードル 100 34.6 34.5
171001 3上 G1 16 ネロ 100 34.6 34.5
171001 3上 G1 9 フィドゥーシア 104 34.6 34.1
171001 3上 G1 11 セイウンコウセイ 103 34.7 34.2
171001 3上 G1 5 ブリザード 106 34.8 33.8
171001 3上 G1 2 レッツゴードンキ 108 34.9 33.5
171001 3上 G1 8 ダンスディレクター 105 34.9 33.8
171001 3上 G1 1 レッドファルクス 109 35.0 33.4
171001 3上 G1 14 モンドキャンノ 102 35.1 34.0
171001 3上 G1 4 スノードラゴン 108 35.1 33.4
171001 3上 G1 7 メラグラーナ 106 35.2 33.5
151004 3上 G1 1 ストレイトガール 106 35.3 33.4
171001 3上 G1 13 ラインミーティア 103 35.4 33.7
171001 3上 G1 10 シュウジ 107 35.7 33.1

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
91004 3上 G1 1 ローレルゲレイロ 104 33.3 35.0
130929 3上 G1 2 ハクサンムーン 105 33.3 34.8
120930 3上 G1 12 マジンプロスパー 99 33.3 35.4
111002 3上 G1 2 パドトロワ 105 33.4 34.9
101003 3上 G1 1 ウルトラファンタジ 108 33.6 34.4
161002 3上 G1 2 ミッキーアイル 106 33.7 34.5
171001 3上 G1 3 ワンスインナムーン 105 34.3 34.2
151004 3上 G1 12 ハクサンムーン 96 34.4 35.0

 

2009年以降で2番目に遅いペースになりました。

このレースとしてはスローと考えてよさそうです。

レースレベルは例年並かそれ以下ですが、

スプリント戦とはいえ、スピードよりも

ギアチェン能力が問われる展開となりました。

 

各馬のパフォーマンス

1着レッドファルクスは、スローの展開で

後方からきっちり差し切りました。

例年、もっと前が流れるので、

過去の勝ち馬との比較は難しいのですが、

同じようなペースだった2015年の勝ち馬ストレイトガールと比較すると

0.3秒前の位置から同じ上がりを使っています。

もともと、歴代の勝ち馬を見ても、

フロック臭のする馬は少なく、能力を出し切ったといってよいでしょう。

外を回して快勝した点もプラスです。

 

2着レッツゴードンキは、内を立ち回って

満を持して抜け出しましたが、

レッドファルクスの末脚に屈しました。

内外の距離ロスを考えると完敗でしょう。

 

3着ワンスインナムーンは、

平均と比較するとやや物足りない内容です。

展開が向いたと考えたほうがよさそうです。

ただ、展開が向いてもこない馬はこないので

今回のように前が遅くなるようなら注意でしょう。

 

4着スノードラゴンも、ストレイトガールと比較して優秀でした。

年齢を考えるとこれ以上の上積みはなさそうで、

再びのG1制覇は厳しそうですが、

G3なら3着にくる能力はもっています。

もし、次走があるならまだ終わった馬ではない点に注意です。

 

 

 

 




タグ: , , , , ,

【2017京成杯AH】反省

2017年10月7日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
90913 3上 G3 1 ザレマ 103 57.5 35.5
170910 3上 G3 4 マルターズアポジー 101 57.9 35.6
170910 3上 G3 13 ウインフルブルーム 93 58.0 36.4
170910 3上 G3 15 マイネルアウラート 87 58.1 36.9
110911 3上 G3 1 フィフスペトル 102 58.2 35.3
170910 3上 G3 8 ロサギガンティア 101 58.3 35.5
170910 3上 G3 11 ボンセルヴィーソ 99 58.3 35.7
170910 3上 G3 12 ブラックスピネル 96 58.3 36.0
170910 3上 G3 10 オールザゴー 100 58.6 35.4
130908 3上 G3 1 エクセラントカーヴ 110 58.7 34.4
170910 3上 G3 3 ダノンリバティ 109 58.7 34.5
170910 3上 G3 7 ダイワリベラル 105 58.9 34.8
該当レース勝ち馬平均 58.9 34.5
170910 3上 G3 1 グランシルク 114 59.0 33.9
120909 3上 G3 1 レオアクティブ 113 59.0 33.9
170910 3上 G3 2 ガリバルディ 111 59.1 34.1
170910 3上 G3 6 アスカビレン 108 59.2 34.4
100912 3上 G3 1 ファイアーフロート 103 59.3 34.8
160911 3上 G3 1 ロードクエスト 106 59.3 34.5
170910 3上 G3 5 トーセンデューク 109 59.4 34.2
170910 3上 G3 14 ウキヨノカゼ 95 59.4 35.6
170910 3上 G3 9 ミッキージョイ 107 59.6 34.3
150913 3上 G3 1 フラアンジェリコ 107 60.3 34.0

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
90913 3上 G3 16 シンボリウエスト 79 57.4 37.9
130908 3上 G3 10 ルナ 92 57.5 36.7
120909 3上 G3 13 ゼロス 90 57.6 36.8
110911 3上 G3 11 メイビリーヴ 88 57.6 37.0
170910 3上 G3 4 マルターズアポジー 101 57.9 35.6
160911 3上 G3 8 ピークトラム 95 58.5 35.9
100912 3上 G3 6 メイショウレガーロ 99 59.3 35.2
150913 3上 G3 7 アルビアーノ 100 59.4 35.0

 

このレースとしては、そこそこ前が流れる展開になりました。

逃げ粘ったマルターズアポジー以外、7着までが

差し・追い込み系でしめられています。

いく馬にとってはやや厳しいペースだったように思えます。

レースレベルは高く、3着馬までが

平均を大幅に上回るパフォーマンスでした。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったグランシルクは悲願の重賞初制覇になりました。

3歳時にこのコースを2連勝し、NZTでも2着があります。

コース適正もさることながら、

エンジンのかかりが遅いという弱点を

早仕掛けで鞍上が見事にカバーした印象です。

前走中京記念は、内外の馬場差もありましたが、

4角でポジションを落としており、

脚を溜める形となってしまいました。

今回は内容も優秀で、乗り方1つでは

これまで重賞を勝てなかったのがうそのように

重賞戦線で活躍する可能性があります。

 

2着ガリバルディも、例年の勝ち馬と比較して

なんらそん色ない内容でした。

戦績を見ると、今回のように馬場差がマイナスに傾くような

パンパンの高速馬場は久しぶりで、

馬場が大きく影響するタイプかもしれません。

近走を見ても、馬場差がプラスだった

京都記念やダービー卿CTでは惨敗していますが

比較的馬場がよかった大阪城Sでは3着しています。

次走、馬場が向くかどうか要チェックでしょう。

 

3着ダノンリバティもメンバー次第では

勝ち切っていてもおかしくない内容でした。

今年に入って安定して走れており、

前につけたり差したりと自在な脚質を見せています。

 

4着マルターズアポジーは58kgを背負いながら

ややハイで飛ばして4着に粘りました。

差し・追い込み勢が上位をしめたことを考えると

よくがんばったといえます。

メンバー次第では馬券圏内があっておかしくない内容でした。

単純におさえて逃げた方がよいというタイプでもなく、

この馬にしてはおさえてとばしたほうで、

関屋記念のようにもっとハイペースでとばして

後続に脚を使わせてもよいかもしれません。

 

 

 
1pixel



タグ: , , , , ,

【2017函館スプリントS】反省

2017年6月29日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
170618 3上 G3 10 シュウジ 96 33.0 36.3
170618 3上 G3 4 セイウンコウセイ 101 33.2 35.7
170618 3上 G3 13 クリスマス 84 33.4 37.3
170618 3上 G3 8 レヴァンテライオン 101 33.5 35.6
170618 3上 G3 9 ブランボヌール 101 33.5 35.6
170618 3上 G3 1 ジューヌエコール 109 33.7 34.7
170618 3上 G3 2 キングハート 105 33.8 35.0
110703 3上 G3 1 カレンチャン 106 33.9 34.9
170618 3上 G3 3 エポワス 106 33.9 34.9
170618 3上 G3 5 イッテツ 104 33.9 35.1
100704 3上 G3 1 ワンカラット 106 34.0 34.8
170618 3上 G3 6 エイシンブルズアイ 105 34.1 34.9
170618 3上 G3 11 ホッコーサラスター 100 34.1 35.4
160619 3上 G3 1 ソルヴェイグ 103 34.2 35.0
該当レース勝ち馬平均 34.4 34.7
170618 3上 G3 12 ラインハート 101 34.5 35.1
170618 3上 G3 7 ノボバカラ 108 34.8 34.3
140622 3上 G3 1 ガルボ 105 34.8 34.5
120617 3上 G3 1 ドリームバレンチノ 104 34.8 34.6
150621 3上 G3 1 ティーハーフ 104 34.9 34.6
130616 3上 G3 1 パドトロワ 100 34.9 35.0

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
170618 3上 G3 10 シュウジ 96 33.0 36.3
100704 3上 G3 8 ケイアイアストン 95 33.4 36.2
110703 3上 G3 2 テイエムオオタカ 104 33.5 35.3
150621 3上 G3 16 フギン 65 33.6 39.1
160619 3上 G3 13 ローレルベローチェ 93 34.1 36.0
140622 3上 G3 5 フォーエバーマーク 99 34.2 35.4
120617 3上 G3 4 パドトロワ 96 34.5 35.5
130616 3上 G3 3 フォーエバーマーク 98 34.8 35.2

 

レコードを連発する馬場で、

前にいったもの勝ちという空気もあり、

2009年以降、もっとも速いペースで流れました。

いくら速い馬場で前が止まらないとはいえ、

このペースでは前目の馬にとっては厳しい流れで、

差し馬が台頭する展開になりました。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったジューヌエコールは初めての1200mでしたが、

1400m~マイルではコントロールがきかず

距離短縮が奏功しました。

ただ、前が崩れる展開だったことと

裸同然の斤量50kgも加味すべきでしょう。

ただ、仮に54kgを背負ったとしても、

例年の勝ち馬とは同等のパフォーマンスを発揮しています。

即G1で通用とするには早計ですが、

次走もG3なら注意すべきでしょう。

 

2着キングハートも展開が向きましたが

決して内容は悪くありません。

3着エポワスは洋芝巧者っぷりを見せました。

 

1人気4着と人気を裏切ったセイウンコウセイですが

上位陣の中では唯一先行しており、

今回はペースに泣きました。

むしろ負けて強しの内容です。

 

 

 

1pixel



タグ: , , ,

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・01/14 
中京6R:ダンツチェック 単13.2倍 2着 
 
・01/13 
ジャニュアリーS:ベック 単21.8倍 3着 
 
・01/08 
なし 
 
・01/07 
寿S:ナイツオブナイツ 単10.5倍 3着 
 
・01/06 
なし 
 
・12/28 
なし 
 
・12/24 
なし 
 
・12/23 
中山3R:セイウンミツコ 単11.9倍 1着 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

土曜日のレース


京都10R:若駒S(3歳OP 芝2000m)


中京10R:なずな賞(3歳500万下 芝1400m)


中山7R:3歳500万下 ダ1200m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

日曜日のレース


中山11R:AJCC(4上G2 芝2200m)


中京11R:東海S(4上G2 ダ1800m)

レース展望・予想

中山9R:若竹賞(3歳500万下 芝1800m)

レース展望・予想
各馬検討

京都4R:3歳500万下 ダ1400m)

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る