タグ「2017クイーンS」を含む記事

【2017クイーンS】反省_レースレベル:高/ペース:H

2017年8月4日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
170730 3上 G3 1 アエロリット 98 71.3 36.1
140803 3上 G3 1 キャトルフィーユ 101 71.4 35.7
110814 3上 G3 1 アヴェンチュラ 98 71.8 35.9
170730 3上 G3 13 シャルール 80 72.4 37.5
170730 3上 G3 4 クロコスミア 98 72.5 35.7
170730 3上 G3 9 ヤマカツグレース 93 72.6 36.2
170730 3上 G3 10 パールコード 90 72.6 36.5
170730 3上 G3 11 ラインハート 83 72.7 37.1
170730 3上 G3 2 トーセンビクトリー 104 72.8 35.0
170730 3上 G3 5 エテルナミノル 99 72.8 35.5
170730 3上 G3 12 ノットフォーマル 83 72.8 37.1
該当レース勝ち馬平均 73.0 35.3
170730 3上 G3 3 クインズミラーグロ 104 73.0 35.0
170730 3上 G3 6 アドマイヤリード 101 73.1 35.2
170730 3上 G3 7 マキシマムドパリ 100 73.2 35.3
170730 3上 G3 8 ハツガツオ 99 73.2 35.4
100815 3上 G3 1 アプリコットフィズ 99 73.3 35.4
120729 3上 G3 1 アイムユアーズ 99 73.6 35.3
90816 3上 G3 1 ピエナビーナス 100 73.7 35.1
150802 3上 G3 1 メイショウスザンナ 104 74.0 34.6
160731 3上 G3 1 マコトブリジャール 105 74.8 34.3

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
140803 3上 G3 11 オツウ 77 70.2 38.5
110814 3上 G3 13 カウアイレーン 77 71.0 38.3
170730 3上 G3 1 アエロリット 98 71.3 36.1
90816 3上 G3 14 スペシャルフロート 79 72.7 37.5
150802 3上 G3 4 ノットフォーマル 95 73.0 35.8
120729 3上 G3 11 レジェンドブルー 89 73.2 36.4
100815 3上 G3 1 アプリコットフィズ 99 73.3 35.4
160731 3上 G3 9 リラヴァティ 94 74.3 35.6

 

超ハイペースではありませんが、

アエロリットがまずまずややハイでとばしていきました。

レースレベルとしては、例年より若干低いくらいと考えてよさそうです。

レコード自体は、馬場差-1.7秒という高速馬場の恩恵が大きそうです。

 

各馬のパフォーマンス

アエロリットは、内が伸びて前が止まらない馬場と

52kgという斤量を味方にまんまと逃げきりました。

条件がそろったこともありますが、

溜めて味があるタイプではなく、

ある程度後続にも脚を使わせるペースが合ってそうです。

2014年のキャトルフィーユと比較すると

若干物足りない内容ですが、

同じ3歳牝馬だった2011年のアヴェンチュラと比較すると

高いパフォーマンスを見せています。

そのアヴェンチュラは、次走秋華賞を先行押し切り、

エリザベス女王杯でも2着と活躍しています。

次走は、3歳勢が斤量面で不利なマイルCSより、

秋華賞でこそ持ち味がいきそうです。

現状、次走は秋華賞へ直行するそうです。

 

2着以下は、道中無策の追走でしたが、

2着トーセンビクトリー、3着クインズミラーグロは

いずれもこのレースの平均よりも

高いパフォーマンスを出しています。

馬場がもう少しフラットに寄っていれば

差し切っていた可能性もあります。

 

 

 

 

 

1pixel





タグ: , , , ,

【2017クイーンS】予想_見します

2017年7月30日 / 予想

今日はもう運が残ってなさそうです1pixel

タグ:

【2017クイーンS】展望・注目馬

2017年7月29日 / レース展望

1pixel

展望

土曜日の芝のレースは7R中、逃げ馬が4連対しました。

いずれのレースも前目の馬が優勢で、

内枠の馬がよく馬券にからんでいます。

レコードが出るくらいですし、高速馬場であることは間違いなさそう。

差し馬がつっこんでくるのがこのレースの傾向ですが、

それでもやはり、内枠のいく馬は無視できません。

 

注目馬:アエロリット

2枠2番と絶好枠を引き、前にいける脚があります。

加えて斤量52kg、久々でも調教が動いているとなれば

条件がそろいすぎました。

つっかかってきそうなクロコスミアとノットフォーマルは

いずれも真ん中より外目の枠で、

もし主導権をとろうとすれば、序盤に脚を使わされそうです。

となるとライバルはこのレースで成績のよい差し馬ですが、

1人気アドマイヤリードは、高速馬場での実績があまりよくありません。

近走はいずれも馬場差がフラットからプラスの馬場だったからこそ、

持ち味をいかせてきたように思えます。

同じG1馬なら、アエロリットのほうに食指が動きます。

 

 

 


タグ:

【2017クイーンS】過去傾向

2017年7月23日 / レース展望

1pixel

過去傾向

過去の脚質傾向を振り返ってみましょう。

日付 馬場差 着順 馬番 馬名 3F順 P差 残3F差 1角 2角 3角 4角 GS
160731 -1.4 1 2 マコトブリジャール 3 0.4 0.5 4 4 4 4 105
2 11 シャルール 4 0.3 2 2 2 2 104
3 1 ダンツキャンサー 4 0.7 7 8 7 7 102
150802 -1.5 1 10 メイショウスザンナ 2 -0.9 1.0 9 9 7 7 104
2 2 レッドリヴェール 3 0.5 4 3 3 3 101
3 6 イリュミナンス 3 0.7 2 3 4 4 100
140803 -1.4 1 2 キャトルフィーユ 3 -3.7 1.2 5 4 3 3 101
2 8 アロマティコ 1 2.0 13 13 14 10 107
3 6 スマートレイアー 2 1.9 12 13 12 10 106
120729 -1.7 1 8 アイムユアーズ 6 -0.7 0.4 5 5 5 4 99
2 14 ラブフール 1 1.4 14 14 13 12 106
3 10 ミッドサマーフェア 4 0.6 9 8 7 9 99
110814 -1.1 1 9 アヴェンチュラ 4 -2.9 0.8 6 4 6 5 98
2 14 コスモネモシン 1 1.5 13 13 13 7 103
3 4 アニメイトバイオ 6 0.9 8 8 8 7 97
100815 -1.1 1 12 アプリコットフィズ 6 -0.6 0.0 2 2 2 1 99
2 2 プロヴィナージュ 6 0.2 2 2 3 2 98
3 8 カウアイレーン 1 0.6 7 9 8 7 101
90816 -0.6 1 3 ピエナビーナス 1 -1.2 1.0 8 8 8 8 100
2 6 ザレマ 10 0.5 2 3 3 2 95
3 8 アメジストリング 3 1.0 10 9 8 8 98

 

ペースは年によってまちまちで、

2011年、2014年はハイペースになりました。

レースレベルは例年高くありませんが、

今年はG1馬2頭が参戦し、ハイレベルなレースになる可能性があります。

開幕週ということもあり、例年速い馬場で行われますが、

差し・追い込みも決まる点に注意です。

むしろ、逃げ・番手の馬は、

ペースの落ち着いた2016年、2010年などで連対していますが

それでも差し馬が馬券圏内につっこんできています。

脚質でしぼりこむのは難しく、幅広く考えてよさそうです。

 

▼残り3F地点までの逃げ馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
古馬1600万下 73.3 36.1
クイーンS 72.6 36.8

 

▼残り3F地点までの勝ち馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
古馬1600万下 73.5 35.3
クイーンS 73.3 35.2

 

1600万下よりは前が速くなりますが、

上りを考えると、逃げ馬のレベルはあまりかわりません。

勝ち馬は、さすがに1600万下よりはハイレベルですが、

いくら牝馬限定重賞とはいえ、

比較対象が準OPなら当然といえます。

 

3歳馬の成績

3歳馬が4頭登録していますが、

51~52kgで走れるとあり、斤量の恩恵があるように思えます。

2009年以降の3歳馬の成績を見てみましょう。

 

日付 着順 馬名S 前走 前着 主な勝ち鞍
2017 アエロリット NHKマG1 1 NHKマイルC
サトノアリシア 鳳雛S 9 コスモス賞
スズカゼ かもめ島1000 5 菜の花賞
ヤマカツグレース 優駿牝馬G1 18 ※1勝馬(フローラS2着)
160731 10 ロッテンマイヤー 優駿牝馬G1 13 忘れな草賞
160731 11 カトルラポール 知多特H1000 15 春菜賞
150802 4 ノットフォーマル 優駿牝馬G1 13 フェアリーS
140803 9 マーブルカテドラル 優駿牝馬G1 6 アルテミスS、芙蓉S
120729 1 アイムユアーズ 優駿牝馬G1 4 ファンタジーS、フィリーズR
120729 3 ミッドサマーフェア 優駿牝馬G1 13 フローラS
110814 1 アヴェンチュラ 漁火S1600 1 漁火S
110814 10 デルマドゥルガー 優駿牝馬G1 10 ジュニアカップ
100815 1 アプリコットフィズ 優駿牝馬G1 6 クイーンカップ
100815 5 ショウリュウムーン 優駿牝馬G1 17 チューリップS
100815 13 モーニングフェイス 優駿牝馬G1 8 忘れな草賞

 

オークスからの参戦が圧倒的に多いのですが

今年はバラエティに富んでいます。

重賞勝ち馬たちがころころと負けていますが

今年は牡馬混合のNHKマイルカップ勝ち馬が参戦し、

例年と比較するとハイレベルなNHKマイルカップでした。

過去の3歳馬たちと比較すると、

アエロリットの実績は十分といえます。

あとは調子だけでしょう。

 

 

 

 

 

 

タグ:

TOPへ戻る