タグ「2017つわぶき賞参考」を含む記事

【2017福島2歳S】反省_レースレベル:中/ペース:H

2017年11月16日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
171112 2歳 オープン 10 ペガッソ 76 33.1 37.7
171112 2歳 オープン 8 ビリーバー 77 33.1 37.6
171112 2歳 オープン 1 アンヴァル 95 33.6 35.6
171112 2歳 オープン 4 タイセイアベニール 89 33.7 36.1
171112 2歳 オープン 3 キングキングキング 90 33.8 36.0
171112 2歳 オープン 9 アーヒラ 80 33.8 37.0
171112 2歳 オープン 2 リュウノユキナ 93 34.0 35.6
161113 2歳 オープン 1 メイソンジュニア 96 34.1 35.3
141116 2歳 オープン 1 ペイシャオブロー 99 34.2 34.9
171112 2歳 オープン 12 カシノクオーレ 78 34.2 36.9
171112 2歳 オープン 6 ココロノイコロ 87 34.3 36.0
171112 2歳 オープン 7 トランプ 85 34.3 36.2
171112 2歳 オープン 5 ヴェルスパー 91 34.4 35.5
該当レース勝ち馬平均 34.5 35.1
171112 2歳 オープン 11 イイコトズクシ 83 34.5 36.3
91122 2歳 オープン 1 モトヒメ 98 34.6 34.8
131117 2歳 オープン 1 エルカミーノレアル 95 34.9 34.9
101121 2歳 オープン 1 トキノゲンジ 94 35.0 35.0
121118 2歳 オープン 1 ディアセルヴィス 92 35.0 35.1
171112 2歳 オープン 13 ロードエース 83 35.1 36.0

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
141116 2歳 オープン 13 ヴィクトリースノー 75 33.1 37.9
171112 2歳 オープン 8 ビリーバー 77 33.1 37.6
161113 2歳 オープン 12 ガーシュウィン 72 33.5 38.0
121118 2歳 オープン 11 セルリアンスバル 74 33.8 37.6
101121 2歳 オープン 15 リアライズナラック 71 34.0 37.8
91122 2歳 オープン 10 ラルティスタ 86 34.3 36.2
131117 2歳 オープン 13 テルミドール 80 34.3 36.7

 

2014年と同じハイペースで、

2009年以降で最も速いペースで流れました。

いく馬には厳しい展開だったといえます。

レースレベルはこのレースとしてはまずまずといったところ。

 

各馬のパフォーマンス

  • 1着:アンヴァル

2016年の勝ち馬メイソンジュニアと比較すると、

やや物足りない内容ですが、

勝ちっぷりがよく、直線では馬なりで後続を突き放しました。

時計はまだまだ詰まりそうです。

また、メイソンがその後重賞で馬券になっていることを考えると、

今後も軽視はできません。

桜花賞にターゲットを絞ったようで、

次走は来年になりそうです。

トライアルに出走してきたら、ぶっつけでもヒモには入れたい1頭です。

 

1pixel

タグ: , , , , , , , ,

【2017ファンタジーS】反省_レースレベル:中/ペース:S

2017年11月12日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
131109 2歳 G3 1 ベルカント 87 46.4 35.8
111105 2歳 G3 1 アイムユアーズ 93 46.5 35.2
121110 2歳 G3 1 サウンドリアーナ 95 46.8 34.8
101106 2歳 G3 1 マルモセーラ 86 47.2 35.7
該当レース勝ち馬平均 47.8 34.6
171103 2歳 G3 2 コーディエライト 87 48.2 35.2
91108 2歳 G3 1 タガノエリザベート 99 48.3 33.9
171103 2歳 G3 7 アルモニカ 84 48.3 35.5
141108 2歳 G3 1 クールホタルビ 95 48.4 34.4
171103 2歳 G3 10 ボウルズ 81 48.5 35.7
171103 2歳 G3 13 ダイシンステルラ 57 48.5 38.1
151107 2歳 G3 1 キャンディバローズ 98 48.6 34.0
171103 2歳 G3 5 モズスーパーフレア 88 48.6 35.0
161105 2歳 G3 1 ミスエルテ 98 48.7 33.9
171103 2歳 G3 8 アーデルワイゼ 85 48.7 35.2
171103 2歳 G3 11 トンボイ 81 48.7 35.6
171103 2歳 G3 3 アマルフィコースト 92 48.9 34.5
171103 2歳 G3 6 ペイシャルアス 89 49.0 34.7
171103 2歳 G3 9 レグルドール 88 49.2 34.8
171103 2歳 G3 1 ベルーガ 95 49.2 34.1
171103 2歳 G3 12 スノーガーデン 79 49.3 35.6
171103 2歳 G3 4 スズカフェラリー 93 49.4 34.2

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
111105 2歳 G3 10 レディーメグネイト 80 46.1 36.6
121110 2歳 G3 7 モーニングコール 84 46.4 36.1
131109 2歳 G3 1 ベルカント 87 46.4 35.8
101106 2歳 G3 11 サクラベル 78 46.9 36.6
91108 2歳 G3 5 ユメノキラメキ 87 47.1 35.6
161105 2歳 G3 2 ショーウェイ 90 47.8 35.0
141108 2歳 G3 14 シンフォニア 84 47.9 35.6
151107 2歳 G3 2 メジェルダ 94 48.1 34.5
171103 2歳 G3 2 コーディエライト 87 48.2 35.2

 

2015年とほぼ同じ流れで、

2009年以降、もっともスローで流れました。

前目の馬は残せる展開で、差してきた馬で

脚を余した馬が次走ねらい目でしょう。

 

各馬のパフォーマンス

  • 1着:ベルーガ

4角10番手と後方からになり、流れが向かない中での

差し切り勝ちでした。

ただ、2015年のキャンディバローズや、

2016年のミスエルテと比較すると、

後方にいたにもかかわらず上りが出ていません。

若干、物足りない内容です。

 

  • 2着:コーディエライト

スローの流れで展開が向きました。

このレースの過去の勝ち馬平均と比較しても

非常に低いパフォーマンスです。

ただ、未勝利、新潟2歳Sと内容がよく、

これが能力のすべてとは思えません。

右回りが苦手なようで、次走左回りなら

さらにパフォーマンスをあげてくる可能性があります。

1pixel

タグ: , , , , , , , , , ,

【2017カンナS】反省_レースレベル:低/ペース:S

2017年10月8日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
100918 2歳 オープン 1 ピュアオパール 98 33.4 35.6
120917 2歳 オープン 1 ヴァンフレーシュ 94 33.8 35.6
161001 2歳 オープン 1 タイムトリップ 92 34.0 35.7
90919 2歳 オープン 1 ノーワンエルス 97 34.1 35.2
該当レース勝ち馬平均 34.2 35.2
170930 2歳 オープン 2 リンシャンカイホウ 91 34.4 35.5
130917 2歳 オープン 1 アポロスターズ 93 34.4 35.3
170930 2歳 オープン 16 ビリーバー 77 34.4 36.9
170930 2歳 オープン 13 トランプ 80 34.5 36.5
170930 2歳 オープン 1 ペイシャルアス 92 34.6 35.2
170930 2歳 オープン 11 ピカピカ 84 34.7 36.0
170930 2歳 オープン 3 オジョーノキセキ 92 34.7 35.2
151003 2歳 オープン 1 ボーダレス 98 34.7 34.6
170930 2歳 オープン 15 ニシノコデマリ 81 34.7 36.3
110917 2歳 オープン 1 ビウイッチアス 98 34.8 34.6
170930 2歳 オープン 8 セイウンリリシイ 87 34.9 35.5
170930 2歳 オープン 4 シスル 90 34.9 35.2
170930 2歳 オープン 6 ヴァイザー 90 35.0 35.2
170930 2歳 オープン 10 パッセ 85 35.1 35.6
170930 2歳 オープン 14 ナムラストロベリー 82 35.1 35.9
170930 2歳 オープン 5 リュウノユキナ 91 35.2 34.9
170930 2歳 オープン 12 ジスモンダ 84 35.3 35.6
170930 2歳 オープン 9 ココロノイコロ 87 35.4 35.2
170930 2歳 オープン 7 ルリハリ 90 35.5 34.8

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
100918 2歳 オープン 1 ピュアオパール 98 33.4 35.6
90919 2歳 オープン 13 リネンパズル 68 33.4 38.6
130917 2歳 オープン 3 テルミドール 88 33.5 36.4
161001 2歳 オープン 6 レジーナフォルテ 87 33.8 36.4
120917 2歳 オープン 1 ヴァンフレーシュ 94 33.8 35.6
151003 2歳 オープン 2 コスモアルコン 94 34.2 35.3
110917 2歳 オープン 4 オレニホレルナヨ 94 34.3 35.3
170930 2歳 オープン 2 リンシャンカイホウ 91 34.4 35.5

 

2009年以降もっともスローペースになり、

2011年、2015年とほぼ同じペースでした。

逃げ馬だけで比較すると、

最も楽をしたのに上がりが出ておらず、

後続が差しやすい展開になったといえます。

 

各馬のパフォーマンス

  • 1着:ペイシャルアス

2015年のボーダレス、2011年のビウイッチアスと比較すると

確かに残り3F地点までは0.1~0.2秒ほど速かったのですが、

このペースでこの位置取りなら、

補正済み上がりにして35秒は切ってほしかったところです。

 

  • 2着:リンシャンカイホウ

このレースの勝ち馬平均とほぼ同じ位置取りでしたが、

上りにして0.3秒遅く、内容としては着順なりか

それ以下くらいと考えてよさそうです。

スロー前残りのフロックとみます。

タグ: , , , , , , , , , , , ,

【2017ききょうS】反省_レースレベル:高/ペース:H

2017年10月8日 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
170923 2歳 オープン 10 ジュンドリーム 64 45.7 39.4
170923 2歳 オープン 2 バーニングペスカ 85 46.2 36.9
170923 2歳 オープン 4 フランシスコダイゴ 78 46.4 37.4
170923 2歳 オープン 5 アイアンクロー 78 46.4 37.4
170923 2歳 オープン 7 リンガラポップス 72 46.7 37.7
170923 2歳 オープン 3 イイコトズクシ 82 46.8 36.6
170923 2歳 オープン 9 アントルシャ 65 46.8 38.3
170923 2歳 オープン 6 スーサンドン 76 46.9 37.1
170923 2歳 オープン 8 ナムラバンザイ 71 46.9 37.6
170923 2歳 オープン 1 タワーオブロンドン 91 47.0 35.5
111001 2歳 オープン 1 ネオヴァンクル 89 47.2 35.6
91003 2歳 オープン 1 ダッシャーゴーゴー 87 47.2 35.8
170923 2歳 オープン 11 テイエムスグレモン 58 47.6 38.3
該当レース勝ち馬平均 48.0 35.0
140927 2歳 オープン 1 ナヴィオン 90 48.1 34.6
120922 2歳 オープン 1 プリンセスジャック 86 48.1 35.0
130921 2歳 オープン 1 ウインスプラッシュ 85 48.3 35.0
150926 2歳 オープン 1 シャドウアプローチ 85 48.3 35.0
101002 2歳 オープン 1 オースミイージー 86 48.6 34.6
160924 2歳 オープン 1 ジューヌエコール 89 48.6 34.3

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
170923 2歳 オープン 10 ジュンドリーム 64 45.7 39.4
91003 2歳 オープン 7 メイショウデイム 78 46.9 36.9
111001 2歳 オープン 2 ゴーイングパワー 88 46.9 35.9
140927 2歳 オープン 3 シゲルチャグチャグ 89 47.5 35.3
150926 2歳 オープン 3 タンギモウジア 84 47.8 35.5
120922 2歳 オープン 8 ワキノブレイブ 78 47.8 36.1
160924 2歳 オープン 9 ジャンダラリン 74 47.8 36.5
130921 2歳 オープン 1 ウインスプラッシュ 85 48.3 35.0
101002 2歳 オープン 1 オースミイージー 86 48.6 34.6

 

2009年以降もっともハイペースで、

それも極端なハイペースだったといえます。

いく馬には厳しい展開で、前目の馬には向かない展開になりました。

 

各馬のパフォーマンス

 

  • 1着:タワーオブロンドン

3と1/2馬身の圧勝でしたが、展開が向いた点には注意です。

時計もそれほど優秀とはいえません。

ただ、前走スローのクローバー賞と

今回ハイのききょうS、どちらも上がり最速を計時しました。

ペースに寄らず末脚はキレるタイプといえます。

 

  • 2着:バーニングペスカ

ペース差-1.5秒のハイペースを番手からでした。

残り3F地点で逃げ馬から0.5秒差ですから、

机上の空論では46.2秒で逃げたのと等しいですが、

それにしても2009年以降のこのレースの

どの逃げ馬よりも速いペースだったといえます。

それで2着に残していますから、善戦したといえるでしょう。

次走まだ500万下にまわってくる可能性もあり、

もう少し楽なペースでいければ通用しておかしくありません。




タグ: , , , , , , , , , ,

TOPへ戻る