タグ「ゆきやなぎ賞参考」を含む記事

【2018すみれS】反省_レースレベル:高/ペース:H

2018年2月27日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
180225 3歳 オープン 2 ケイティクレバー 107 98.0 34.9
180225 3歳 オープン 8 タガノスカイハイ 91 98.2 36.5
180225 3歳 オープン 3 ビッグスモーキー 107 98.2 34.9
170226 3歳 オープン 1 クリンチャー 97 98.3 35.8
180225 3歳 オープン 7 シエラネバダ 92 98.3 36.3
180225 3歳 オープン 4 スズカテイオー 107 98.5 34.8
180225 3歳 オープン 5 コズミックフォース 104 98.5 35.1
160228 3歳 オープン 1 ジョルジュサンク 100 98.6 35.4
180225 3歳 オープン 6 シスターフラッグ 102 98.6 35.3
180225 3歳 オープン 1 キタノコマンドール 113 98.7 34.1
110227 3歳 オープン 1 ロッカヴェラーノ 95 100.1 35.6
該当レース勝ち馬平均 100.8 34.8
90301 3歳 オープン 1 トップクリフォード 101 101.3 34.6
130224 3歳 オープン 1 ナリタパイレーツ 102 101.3 34.6
100228 3歳 オープン 1 レッドスパークル 99 102.7 34.5
120226 3歳 オープン 1 ベールドインパクト 100 102.9 34.3
140302 3歳 オープン 1 スズカデヴィアス 104 103.1 33.9

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
180225 3歳 オープン 2 ケイティクレバー 107 98.0 34.9
170226 3歳 オープン 2 タガノアシュラ 89 98.1 36.7
160228 3歳 オープン 8 ピースマインド 85 98.4 37.0
110227 3歳 オープン 1 ロッカヴェラーノ 95 100.1 35.6
90301 3歳 オープン 1 トップクリフォード 101 101.3 34.6
130224 3歳 オープン 1 ナリタパイレーツ 102 101.3 34.6
140302 3歳 オープン 3 エイシンハドソン 98 102.3 34.7
100228 3歳 オープン 3 メイショウウズシオ 93 102.3 35.2
120226 3歳 オープン 6 メイショウデビッド 81 102.5 36.3

 

2009年以降、もっとも速いペースで流れました。

ハイペースといっても、このレース自体がスロー前提で

前目の馬は残せるペースでした。

レースレベルは極めて高く、

今年のすみれSは例年と比較してまったくの別物のレースと

考えたほうがよさそうです。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったキタノコマンドールは、圧巻のパフォーマンスでした。

過去のどの馬と比較しても、超優秀です。

ただ、そこはすみれS、過去の勝ち馬の顔ぶれを見ても

クラシック戦線で通用したとはいいがたいメンバーです

(唯一クリンチャーくらいでしょうか)。

そこで、同舞台の宝塚記念の勝ち馬を比較してみました。

 

▼キタノコマンドールと宝塚記念勝ち馬の比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 指数 補・前 補・上り
160626 3上 G1 1 マリアライト 101 95.8 36.1
110626 3上 G1 1 アーネストリー 105 96.2 35.6
120624 3上 G1 1 オルフェーヴル 112 96.4 34.8
100627 3上 G1 1 ナカヤマフェスタ 103 96.8 35.6
170625 3上 G1 1 サトノクラウン 102 96.8 35.7
130623 3上 G1 1 ゴールドシップ 108 97.3 35.0
140629 3上 G1 1 ゴールドシップ 111 97.4 34.7
90628 3上 G1 1 ドリームジャーニー 110 97.9 34.6
180225 3歳 オープン 1 キタノコマンドール 113 98.7 34.1
150628 3上 G1 1 ラブリーデイ 104 99.6 34.8

 

2009年のドリームジャーニー、

20134年のゴールドシップを差し切るにはいたりませんが、

善戦は可能な内容です。

賛否両論あるDMMバヌーシー所属馬ということもあり、

色眼鏡で見られがちですが、馬券をとるなら、

バヌーシー云々は考えからオミットしたほうがよさそうです。

現時点でこれだけの内容で走れるとすると、

化け物の可能性すらあります。

クラシック戦線でも軽視は超禁物でしょう。

騎手の進言は話半分で聞いたほうがよさそうですが、

鞍上福永騎手によれば左回りのほうが合ってそうとのこと。

次走、皐月賞か青葉賞かわかりませんが、

仮に右回りの皐月賞だとしても狙えますし、

皐月賞惨敗で日本ダービーとなればさらに高額配当の夢が広がります。

 

 

 

 


タグ: , , , , ,

【2017ホープフルS】反省_レースレベル:中/ペース:H

2017年12月30日 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
171228 2歳 G1 14 ジュンヴァルロ 55 84.9 40.5
171228 2歳 G1 4 サンリヴァル 83 85.0 37.6
131222 2歳 オープン 1 エアアンセム 93 85.0 36.6
171228 2歳 G1 8 ウォーターパルフェ 75 85.2 38.3
171228 2歳 G1 9 ロードアクシス 74 85.4 38.3
171228 2歳 G1 12 シャルルマーニュ 71 85.4 38.6
161225 2歳 G2 1 レイデオロ 99 85.5 35.7
171228 2歳 G1 15 トーセンクリーガー 59 85.7 39.7
171228 2歳 G1 6 ルーカス 83 85.7 37.3
171228 2歳 G1 2 ジャンダルム 92 85.8 36.4
171228 2歳 G1 13 フラットレー 63 86.0 39.2
171228 2歳 G1 3 ステイフーリッシュ 93 86.1 36.1
171228 2歳 G1 10 シャフトオブライト 76 86.1 37.8
171228 2歳 G1 11 リュヌルージュ 76 86.1 37.8
101226 2歳 オープン 1 ベルシャザール 105 86.1 34.9
171228 2歳 G1 5 ナスノシンフォニー 90 86.2 36.4
171228 2歳 G1 7 マイハートビート 83 86.2 37.1
121223 2歳 オープン 1 サトノネプチューン 101 86.2 35.3
171228 2歳 G1 1 タイムフライヤー 97 86.3 35.7
該当レース勝ち馬平均 86.5 35.4
141228 2歳 G2 1 シャイニングレイ 93 86.7 35.8
91227 2歳 オープン 1 アリゼオ 94 87.3 35.5
111225 2歳 オープン 1 アドマイヤブルー 101 87.4 34.7
171228 2歳 G1 16 ワークアンドラブ 69 87.9 37.8
151227 2歳 G2 1 ハートレー 101 87.9 34.5

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
131222 2歳 オープン 7 アグネスドリーム 83 84.3 37.9
161225 2歳 G2 11 アドマイヤウイナー 83 84.8 37.6
171228 2歳 G1 4 サンリヴァル 83 85.0 37.6
121223 2歳 オープン 10 ビービーボイジャー 89 85.6 36.7
101226 2歳 オープン 5 プレイ 98 85.9 35.7
141228 2歳 G2 12 マイネルシュバリエ 85 86.4 36.8
111225 2歳 オープン 6 メイショウカドマツ 95 86.9 35.5
151227 2歳 G2 4 ブラックスピネル 90 87.0 36.0
91227 2歳 オープン 16 メジロイングリッド 72 87.2 37.8

 

G1に昇格しましたが、レースレベルは低く、案外な内容でした。

ペースは2009年以降3番目に速く、2016年とほぼ同じペースです。

2016年は、アドマイヤウィナーが84.8-37.6で11着、

2017年はサンリヴァルがそれを下回る85.0-37.6で4着に残「せ」ました。

レースレベルの低さがよくわかります。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったタイムフライヤーは、前走の内容を考えると、

能力を出し切ったとは言い難い内容でした。

2012年のサトノネプチューンとほぼ同じ位置で

上りにして0.3秒も負けています。

手ごたえにこれ以上の余裕があったとも思えず、

物足りない内容です。

ただ、今回初めて極端に後方に控える形になり、

実はこれがよくなかったのかもしれません。

先行脚質で十分やれる馬なので、

次走は位置取りがどうなるか注目でしょう。

 

2着ジャンダルムは前走に続いてフロック臭がします。

3着ステイフーリッシュも前走の方が高いパフォーマンスで、

ここは展開が向いたように思えます。

レースレベルが低かった理由として、

変則の木曜日開催で、各馬調教過程において

微妙な悪影響があったことが考えられます。

この日は全体的にGS指数が低いように思えます。

 

 

 

 


タグ: , , , , , , , , , , ,

TOPへ戻る