【2018若葉S】過去傾向

2018年3月15日01時42分38秒 / レース展望

1pixel


過去傾向

過去の脚質傾向を振り返ってみましょう。

日付 馬場差 着順 馬番 馬名 3F順 P差 残3F差 1角 2角 3角 4角 GS
170318 -0.5 1 10 アダムバローズ 3 -1.3 0.2 2 2 2 2 98
2 8 エクレアスパークル 2 0.6 4 4 4 5 101
3 7 インヴィクタ 1 1.0 10 10 10 6 101
160319 0.9 1 7 アドマイヤダイオウ 2 -0.6 0.1 7 6 2 2 97
2 6 ナムラシングン 1 0.5 9 9 7 4 100
3 4 ゼンノタヂカラオ 4 0.4 4 4 4 7 86
150321 1.4 1 4 レッドソロモン 2 -0.4 0.4 3 3 3 3 97
2 3 ワンダーアツレッタ 5 0.1 2 2 2 2 92
3 5 アダムスブリッジ 1 0.9 7 7 5 5 98
140322 0.3 1 3 アドマイヤデウス 1 -0.8 1.0 8 9 11 11 104
2 12 ウインフルブルーム 3 0.2 3 3 3 3 97
3 2 サウンズオブアース 3 0.4 5 5 4 4 96
130316 0.0 1 6 レッドルーラー 1 -1.1 0.7 7 9 10 10 104
2 9 クラウンレガーロ 3 0.2 2 2 3 5 100
3 5 サトノノブレス 4 0.2 4 3 3 3 97
120317 2.4 1 11 ワールドエース 1 0.3 1.1 12 12 12 12 104
2 10 メイショウカドマツ 5 0.0 1 1 1 1 93
3 13 ミルドリーム 3 0.8 9 9 9 9 96
110320 -0.7 1 12 ダノンミル 3 -2.0 0.3 6 5 3 3 104
2 13 カフナ 6 0.1 2 2 2 2 101
3 4 ダノンシャーク 1 0.6 11 10 9 5 104
100320 -0.2 1 4 ペルーサ 1 -2.9 1.2 9 8 7 4 100
2 6 ヒルノダムール 3 1.1 5 5 5 4 99
3 8 マコトヴォイジャー 2 1.3 8 8 8 8 99
90321 1.1 1 16 ベストメンバー 1 -0.6 0.5 11 11 9 6 103
2 6 トライアンフマーチ 2 0.3 6 5 4 3 101
3 8 トップカミング 2 0.7 13 13 13 9 100

 

先行馬も、差し・追い込み馬もまんべんなくきています。

2010年のように超絶ハイペースになると、

さすがに差し差し決着になりますが、

馬場が渋ったり、ペースが落ち着いたりすると

内回りもあってか、前の馬が残せてしまいます。

今週は、金曜日に若干雨が降りそうですが、

前の週の馬場を見ると、そこまで馬場が悪化するとは思えません。

後はペースです。

 

▼残り3F地点までの逃げ馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
古馬500万下 86.1 36.6
古馬1000万下 86.4 36.1
若葉S 85.0 36.9

 

▼残り3F地点までの勝ち馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
古馬500万下 86.5 35.6
古馬1000万下 86.8 35.1
若葉S 85.6 35.3

 

古馬1000万下よりもだいぶ速いペースで流れます。

その分、しまいは時計がかかりますが、

キレのある有力馬は弥生賞、スプリングSにまわるからか

ハイペースでも前の馬が残す傾向にあります。

ただ、今年はタイムフライヤーが春初戦として

このレースを選択してきました。

ひかえればしまいは確実に伸びてきますし、

前につける自在性もあります。

現状、さからうのは無謀という印象を持っています。

 

 

 

タグ:


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る