【2018小倉大賞典】過去傾向

2018年2月15日01時06分11秒 / レース展望

1pixel


過去傾向

過去の脚質傾向を振り返ってみましょう。

日付 馬場差 着順 馬番 馬名 3F順 P差 残3F差 1角 2角 3角 4角 GS
170219 0.0 1 7 マルターズアポジー 9 -3.3 0.0 1 1 1 1 97
2 14 ヒストリカル 2 0.9 13 13 9 6 99
3 11 クラリティスカイ 4 0.6 8 8 5 4 96
160221 0.8 1 2 アルバートドック 1 -1.7 0.9 11 11 16 14 111
2 1 ダコール 2 0.7 13 15 12 11 110
3 11 ネオリアリズム 4 0.4 13 13 7 5 107
150222 不能 1 6 カレンブラックヒル 5 不能 0.0 2 2 1 1
2 2 コスモソーンパーク 2 0.5 14 13 8 4
3 1 ダコール 1 0.9 15 15 13 9
140223 -0.5 1 4 ラストインパクト 4 -1.5 0.0 11 11 1 1 108
2 1 カフナ 3 0.5 7 6 6 4 107
3 6 ブレイズアトレイル 2 0.8 9 9 10 10 109
130217 -0.4 1 5 ヒットザターゲット 1 -1.1 0.9 11 11 12 11 106
2 2 ダコール 1 0.9 13 14 12 7 106
3 12 ダローネガ 9 0.2 4 4 4 3 99
120204 -0.2 1 7 エーシンジーライン 13 -2.0 0.0 1 1 1 1 97
2 3 スマートギア 5 1.2 6 7 8 6 105
3 12 コスモファントム 6 1.0 5 6 6 5 103
110205 -0.4 1 10 サンライズベガ 5 -2.0 0.4 3 4 4 4 107
2 14 バトルバニヤン 3 0.6 13 11 8 6 108
3 3 リルダヴァル 7 0.3 8 6 4 4 106
90207 -0.5 1 2 サンライズマックス 7 -2.2 0.9 5 5 5 5 113
2 5 ヤマニンキングリー 5 1.1 7 6 6 5 113
3 7 ミヤビランベリ 14 0.4 2 2 2 2 109

 

あらゆる脚質の馬が勝ち切っています。

ハイペースで逃げ馬がきたり、

例年比較でゆったりした流れで追い込み馬がきたりと

ペースから絞り込むのは難しそうです。

馬場の悪かった2015年と2016年は、

それぞれ逃げ馬と追い込み馬がきており、

馬場からも絞り込めません。

加えてハンデ戦。勝負にいくレースではないように思えます。

 

▼残り3F地点までの逃げ馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
1600万下 72.2 35.4
OP 71.9 35.4
小倉大賞典 70.6 35.7

 

▼残り3F地点までの勝ち馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
1600万下 73.0 34.2
OP 72.3 34.7
小倉大賞典 71.0 35.0

 

準OP、OPと比較してもだいぶ速い流れになりますが、

だからといって差し・追い込み馬が優勢なわけでもありません。

 

 

 

 

 

タグ:


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る