【2018つばき賞】過去傾向

2018年2月15日12時53分08秒 / レース展望

1pixel


過去傾向

過去の脚質傾向を振り返ってみましょう。

日付 馬場差 着順 馬番 馬名 3F順 P差 残3F差 3角 4角 GS
170219 1.2 1 7 ファンディーナ 1 2.7 0.9 3 2 100
2 9 タガノアスワド 2 0.0 1 1 93
3 5 インウィスパーズ 2 1.1 5 4 87
160221 2.5 1 8 ナムラシングン 2 2.1 0.5 5 3 90
2 3 ミッキーロケット 1 1.0 7 7 90
3 6 パールコード 3 0.0 2 2 85
150221 -0.6 1 4 キロハナ 1 1.2 0.6 6 5 99
2 6 ダノンリバティ 2 0.2 2 2 96
3 1 マキシマムドパリ 2 0.4 3 3 95
140215 1.6 1 7 ステファノス 1 0.6 0.7 8 7 97
2 2 ゼウスバローズ 2 0.2 3 4 93
3 6 ハピネスダンサー 4 0.1 2 2 91
130209 0.5 1 6 サトノノブレス 1 1.4 0.2 2 3 96
2 5 ニシノアプレゲール 5 0.1 6 2 92
3 7 アーマークラッド 2 0.3 4 3 93
120211 0.3 1 10 エアソミュール 2 1.0 0.4 7 4 90
2 13 ダークナイサー 3 0.6 9 8 88
3 5 ヤマニンファラオ 4 0.5 6 7 85
110212 0.5 1 9 ダノンシャーク 1 -0.5 0.3 5 3 98
2 6 プレイ 2 0.0 2 1 94
3 8 エーシンミズーリ 4 0.1 2 2 90
100130 0.1 1 10 ミッキードリーム 1 0.9 0.3 6 4 93
2 1 ゲシュタルト 5 0.0 1 1 90
3 3 タムロスカイ 4 0.2 3 4 91
90131 2.2 1 5 ジョーメテオ 7 -1.0 0.0 1 1 95
2 15 ハマノエルマー 1 0.8 10 9 99
3 10 キタサンアミーゴ 10 0.2 2 2 92

 

馬券圏内は、ほぼ前目の馬でしめられています。

残り3F地点で0.6差以内がVポジションです。

理由はスローペースで、

年によっては極端なスローヨーイドンからの

上がり最速馬が連対、というパターンになります。

ただ、細かく見ていくと、極端に時計のかかった

2009年、2014年、2016年、2017年は、

1頭差し・追い込み馬がつっこんできています。

今年は特に馬場が渋ることはなさそうですが、

当日の時計の出方いかんでは、差し馬にも注意が必要でしょう。

 

▼残り3F地点までの逃げ馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
3歳未勝利 73.5 36.7
古馬500万下 72.8 35.7
つばき賞 74.1 35.2

 

▼残り3F地点までの勝ち馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
3歳未勝利 74.0 35.2
古馬500万下 73.2 34.9
つばき賞 74.5 34.2

 

3歳未勝利より遅いペースで流れます。

その分、上がりはシビアで、

ギアチェンできるタイプがねらい目です。

 

 

 

 

 

タグ:


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る