【2018共同通信杯】過去傾向

2018年2月4日07時17分05秒 / レース展望

1pixel


過去傾向

過去の脚質傾向を振り返ってみましょう。

日付 馬場差 着順 馬番 馬名 3F順 P差 残3F差 2角 3角 4角 GS
170212 -0.6 1 1 スワーヴリチャード 1 -0.3 0.5 4 6 6 99
2 8 エトルディーニュ 9 0.0 3 2 2 92
3 4 ムーヴザワールド 4 0.4 4 5 4 94
160214 -0.4 1 4 ディーマジェスティ 1 -1.4 0.7 7 8 7 96
2 9 イモータル 3 0.3 3 3 3 91
3 6 メートルダール 2 0.9 10 8 8 94
150215 -0.3 1 1 リアルスティール 3 -0.7 0.5 6 4 4 103
2 8 ドゥラメンテ 1 0.9 3 7 7 105
3 10 アンビシャス 6 0.3 3 3 3 99
140224 -0.9 1 7 イスラボニータ 2 1.8 0.2 4 3 4 102
2 2 ベルキャニオン 1 0.5 6 6 7 102
3 5 サトノアラジン 8 0.1 6 9 2 96
130210 -0.7 1 8 メイケイペガスター 3 -1.0 0.2 3 2 2 106
2 7 ゴットフリート 3 0.4 3 5 4 106
3 4 マイネルストラーノ 6 0.2 2 2 2 103
120212 -0.4 1 3 ゴールドシップ 2 1.5 0.3 4 3 4 104
2 2 ディープブリランテ 8 0.0 1 1 1 99
3 8 スピルバーグ 1 0.7 6 6 6 103
110213 0.3 1 2 ナカヤマナイト 2 0.4 0.6 9 9 9 103
2 6 ユニバーサルバンク 5 0.1 3 2 2 100
3 13 ディープサウンド 8 0.0 1 1 1 97
100207 0.0 1 6 ハンソデバンド 3 0.5 0.2 2 2 2 101
2 3 ダノンシャンティ 1 0.7 10 9 7 105
3 5 アリゼオ 2 0.3 3 3 3 102
90208 0.3 1 5 ブレイクランアウト 1 -1.3 1.3 11 9 8 109
2 3 トーセンジョーダン 5 0.8 2 3 3 102
3 9 トップカミング 2 1.5 9 11 10 106

 

先行馬が優勢です。

差し・追い込みが決まった2009年、2016年は

いずれもハイペースでした。

また、馬場が悪かった、あるいはフラットだった

2009年、2010年、2011年も差し馬が台頭しており、

ペースや馬場である程度脚質はしぼれそうです。

週末にまとまった雨が降りそうで、

馬場は悪くなりそうです。

先行馬を中心視しつつ、

一気の追い込みも警戒すべきでしょう。

 

▼残り3F地点までの逃げ馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
古馬500万下 73.6 35.6
古馬1000万下 73.4 35.4
共同通信杯 73.4 35.8

 

▼残り3F地点までの勝ち馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
古馬500万下 74.1 34.3
古馬1000万下 74.0 34.2
共同通信杯 73.9 34.0

 

古馬1000万下並のペースで流れます。

また、レースレベルは高く、

古馬1000万下をしのぐ時計が求められます。

 

 

タグ:


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る