【2018日経新春杯】反省_レースレベル:低/ペース:S

2018年1月17日04時37分12秒 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
100117 4上 G2 1 メイショウベルーガ 119 108.6 34.6
170117 4上 G2 1 ミッキーロケット 108 108.7 35.7
90118 4上 G2 1 テイエムプリキュア 101 109.0 36.3
120115 4上 G2 1 トゥザグローリー 118 109.6 34.4
140119 4上 G2 1 サトノノブレス 113 109.8 34.7
110116 4上 G2 1 ルーラーシップ 117 109.8 34.3
該当レース勝ち馬平均 110.2 34.6
130113 4上 G2 1 カポーティスター 110 110.4 34.7
150118 4上 G2 1 アドマイヤデウス 114 111.4 33.9
180114 4上 G2 3 ガンコ 104 111.6 34.8
180114 4上 G2 2 ロードヴァンドール 106 111.6 34.6
180114 4上 G2 8 カラビナ 92 111.7 36.0
180114 4上 G2 4 ミッキーロケット 99 111.8 35.3
180114 4上 G2 1 パフォーマプロミス 108 111.8 34.4
180114 4上 G2 5 サンタフェチーフ 99 112.0 35.2
180114 4上 G2 6 ヒットザターゲット 99 112.0 35.2
180114 4上 G2 11 ソールインパクト 90 112.1 36.0
180114 4上 G2 7 モンドインテロ 96 112.2 35.4
180114 4上 G2 9 アクションスター 95 112.3 35.4
180114 4上 G2 10 ベルーフ 94 112.4 35.5
180114 4上 G2 12 トルークマクト 93 112.6 35.5
160117 4上 G2 1 レーヴミストラル 111 113.4 33.3

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
100117 4上 G2 9 ドリームフライト 95 107.7 37.4
170117 4上 G2 6 ヤマカツライデン 99 108.3 36.8
120115 4上 G2 5 スマートロビン 107 108.8 35.8
90118 4上 G2 1 テイエムプリキュア 101 109.0 36.3
110116 4上 G2 10 ビートブラック 100 109.7 36.1
140119 4上 G2 1 サトノノブレス 113 109.8 34.7
130113 4上 G2 9 ホッコーガンバ 101 109.9 35.9
150118 4上 G2 12 ムーンリットレイク 104 110.9 35.1
160117 4上 G2 9 メイショウウズシオ 92 111.4 36.1
180114 4上 G2 2 ロードヴァンドール 106 111.6 34.6

 

2009年以降、もっとも遅いペースで

その割に上位の馬たちの上りが出ていません。

低レベルでG2のレベルに達していません。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったパフォーマプロミスはスローを4角3番手からの抜け出し。

このペースで上がり34秒台は物足りず、

2011年のルーラーシップ、2012年のトゥザグローリーは

もっと前目から同じ同じくらいの上がりを使っています。

ここは斤量にも恵まれたといえます。

 

2着ロードヴァンドールはこのペースでインベタなら

残せて当然だったといえます。

2着ガンコも同様で、着順ほどの価値はありません。

 

4着の実績馬ミッキーロケットも、

展開が向かなかったとはいえず、

斤量差があったとはいえ負けすぎです。

これが能力のすべてとは思えず、

冬場で体を絞れなかったのが敗因でしょうか。

 

5着以下は論外です。

 

 


タグ: , , ,


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る