【2018日経新春杯】過去傾向

2018年1月12日02時29分37秒 / レース展望

1pixel


過去傾向

過去の脚質傾向を振り返ってみましょう。

日付 馬場差 着順 馬番 馬名 3F順 P差 残3F差 1角 2角 3角 4角 GS
170117 1.3 1 5 ミッキーロケット 6 -4.1 0.4 4 4 3 2 108
2 3 シャケトラ 3 0.7 6 6 5 5 110
3 8 モンドインテロ 5 0.9 6 6 7 6 108
160117 -0.8 1 1 レーヴミストラル 1 -1.0 2.0 12 12 12 11 111
2 7 シュヴァルグラン 2 1.4 8 7 6 6 105
3 10 サトノノブレス 8 1.1 2 2 3 3 103
150118 -0.5 1 4 アドマイヤデウス 1 -1.5 0.6 6 7 7 8 114
2 5 フーラブライド 5 0.4 6 5 6 5 112
3 6 アドマイヤフライト 8 0.3 3 3 3 5 110
140119 -0.1 1 1 サトノノブレス 4 -2.6 0.0 2 1 1 1 113
2 8 アドマイヤフライト 1 0.5 6 6 6 7 116
3 4 フーラブライド 3 0.3 5 5 4 4 113
130113 -0.1 1 2 カポーティスター 5 -2.5 0.5 4 4 4 5 110
2 1 ムスカテール 4 0.7 6 6 8 9 110
3 3 トウカイパラダイス 10 0.2 3 3 3 3 107
120115 -0.2 1 3 トゥザグローリー 1 -3.7 0.8 7 7 8 7 118
2 11 ダノンバラード 4 0.4 7 7 4 3 113
3 9 マカニビスティー 1 1.1 9 9 10 11 116
110116 0.5 1 8 ルーラーシップ 2 -2.7 0.1 4 4 3 3 117
2 11 ヒルノダムール 2 0.4 8 8 8 6 116
3 5 ローズキングダム 1 0.5 8 8 8 8 116
100117 1.2 1 12 メイショウベルーガ 1 -4.7 0.9 11 11 10 7 119
2 8 トップカミング 3 0.6 10 8 7 4 113
3 9 レッドアゲート 3 0.8 7 6 7 7 112
90118 1.4 1 10 テイエムプリキュア 8 -3.5 0.0 1 1 1 1 101
2 8 ナムラマース 1 1.9 12 12 14 14 106
3 7 タガノエルシコ 3 1.5 8 8 9 6 103

 

脚質はばらけており、先行馬も馬券にからめば

追い込み馬もとんできます。

ペースや馬場を見ても、あまり連動していません。

ただ、馬場がよくなると内枠の馬、

悪くなると外枠の馬という傾向にはあります。

2017年のような例外もあり狙いを絞りづらいレースです。

今年はメンバーも小粒で、早々にスルーを決めました。

 

▼残り3F地点までの逃げ馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
1600万下 111.3 35.7
京都大賞典 110.3 36.3
日経新春杯 109.5 36.0

 

▼残り3F地点までの勝ち馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
1600万下 112.0 34.5
京都大賞典 111.5 34.2
日経新春杯 110.1 34.6

 

京都大賞典よりもペースが速くなります。

勝ち馬のレベルも高く、

谷間の重賞の割にはハイレベルなレースになります。

 

 

 

 

 

タグ:


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る