【2018菜の花賞】過去傾向

2018年1月12日01時27分22秒 / レース展望

1pixel


過去傾向

過去の脚質傾向を振り返ってみましょう。

日付 馬場差 着順 馬番 馬名 3F順 P差 残3F差 2角 3角 4角 GS
170114 -0.1 1 7 スズカゼ 4 0.7 0.3 3 3 3 90
2 3 シンボリバーグ 4 0.4 7 5 5 89
3 6 アピールバイオ 9 0.0 1 1 1 87
160116 -0.6 1 6 エクラミレネール 4 0.0 0.6 6 6 6 98
2 11 フロンテアクイーン 2 0.8 10 7 7 98
3 7 コルコバード 1 1.4 15 14 11 107
150117 -0.2 1 15 クイーンズリング 1 0.2 0.6 8 5 5 99
2 11 マキシマムドパリ 1 0.9 12 10 7 98
3 6 アイライン 1 1.0 9 11 11 98
140118 0.2 1 8 カウニスクッカ 3 1.2 0.0 1 1 1 94
2 13 シニョリーナ 9 0.1 2 2 2 90
3 5 ペイシャフェリス 6 0.2 3 3 3 91
130119 0.2 1 16 サクラディソール 1 1.4 0.5 5 6 4 97
2 14 セキショウ 9 0.1 2 2 2 92
3 7 ジーニマジック 5 0.4 5 5 4 94
120121 1.0 1 6 パララサルー 2 -0.4 1.0 10 10 9 97
2 15 メイショウスザンナ 1 1.4 13 14 12 97
3 5 トランドネージュ 9 0.0 1 1 1 88
110122 -0.6 2 5 ヤマノラヴ 4 0.9 0.1 2 2 2 89
3 7 アカンサス 1 0.6 10 11 11 92
4 8 デラコリーナ 4 0.2 3 3 2 89
100123 0.0 1 11 イイデサンドラ 6 1.2 0.2 3 2 2 92
2 2 ブルーミングアレー 2 0.4 8 4 3 93
3 3 ダンシングマオ 6 0.3 2 3 3 91
90124 1.7 1 2 ディアジーナ 2 -1.1 0.2 2 2 2 83
2 11 エストシャイン 11 0.0 1 1 1 77
3 10 ザデイ 9 0.3 3 2 3 78

 

全体的に前目の馬が優勢です。

差しが決まったのは2012年、2015年、2016年で

他の年と比べると比較的速いペースで流れました。

速ければ後ろ、遅ければ前という

オーソドックスな馬券作戦でよさそうです。

時計のかかった2009年、2012年は

後続のキレがそがれるのを想定して

前残りを狙おうとしているきらいがあります。

 

▼残り3F地点までの逃げ馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
3歳未勝利 60.2 36.5
古馬500万下 59.1 36.6
菜の花賞 60.1 36.3

 

▼残り3F地点までの勝ち馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
3歳未勝利 60.7 35.4
古馬500万下 59.8 35.2
菜の花賞 60.4 35.3

 

よほどのことがない限り、ペースは落ち着きます。

3歳未勝利と同じ流れと考えてよさそうです。

レースレベルは3歳未勝利よりは高いですが、

古馬500万下と比較するとだいぶ見劣りします。

GS指数を見ても100を超える馬は稀で、

たいしたことのない内容で勝ち上がってきた馬にも

十分チャンスがあります。

3連単を当てようとすると、馬券的には難解です。

 

 

 

 

タグ:


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る