【2018京都金杯】過去傾向

2018年1月2日05時13分22秒 / レース展望

1pixel


過去傾向

過去の脚質傾向を振り返ってみましょう。

日付 馬場差 着順 馬番 馬名 3F順 P差 残3F差 3角 4角 GS
170105 -0.7 1 6 エアスピネル 5 -2.2 0.3 6 4 101
2 1 ブラックスピネル 4 0.5 6 8 102
3 5 フィエロ 3 0.7 12 11 102
160105 -0.8 1 7 ウインプリメーラ 5 -1.3 0.7 3 3 105
2 14 テイエムタイホー 3 0.9 5 5 105
3 6 ミッキーラブソング 12 0.5 2 2 101
150104 -0.9 1 4 ウインフルブルーム 11 -0.9 0.0 1 1 105
2 1 エキストラエンド 2 0.7 8 6 109
3 2 マイネルメリエンダ 9 0.3 3 3 105
140105 -0.8 1 2 エキストラエンド 1 -1.6 0.9 13 12 109
2 6 オースミナイン 2 1.0 13 12 108
3 10 ガルボ 6 0.4 7 7 103
130105 -0.1 1 1 ダノンシャーク 1 -1.2 0.5 6 6 107
2 3 トライアンフマーチ 4 0.2 3 3 101
3 8 ヤマニンウイスカー 9 0.0 1 1 100
120105 -0.2 1 4 マイネルラクリマ 8 -2.5 0.4 5 6 103
2 7 ダノンシャーク 1 1.4 14 15 107
3 16 アスカトップレディ 5 1.0 9 9 105
110105 -0.2 1 2 シルポート 9 -1.3 0.0 1 1 103
2 5 ガルボ 7 0.2 2 2 104
3 4 ライブコンサート 4 0.7 4 3 105
100105 0.8 1 7 ライブコンサート 2 -2.5 1.3 10 9 106
2 5 スマートギア 1 1.5 15 12 107
3 8 レインダンス 7 1.0 7 6 104
90105 0.2 1 8 タマモサポート 6 -2.5 0.5 3 3 108
2 2 マルカシェンク 2 1.2 10 11 109
3 5 ファリダット 1 1.6 16 14 111

 

真ん中より内の枠の逃げ・先行馬がよく馬券にからんでいます。

開幕週で前が止まらない馬場ということは念頭に置いたほうがよさそうです。

上がり最速の差し・追い込み馬はそこそこで、

どちらかというと先行有利と考えてよさそうです。

上り最速馬が馬券にからんだ年は、

例年比較でハイペースになっており、

とばしていく馬がいれば台頭してくる余地はありそうです。

 

▼残り3F地点までの逃げ馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
マイラーズC 58.7 35.1
マイルCS 58.1 35.6
京都金杯 58.5 36.1

 

▼残り3F地点までの勝ち馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
マイラーズC 59.1 34.3
マイルCS 58.8 34.3
京都金杯 59.0 34.4

 

マイラーズカップより速いペースで流れます。

勝ち馬は、マイラーズカップとほぼ変わらないレベルで

G3としてはややハイレベルといってよいでしょう。

 

 

 

 

 

タグ:

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・01/14 
中京6R:ダンツチェック 単13.2倍 2着 
 
・01/13 
ジャニュアリーS:ベック 単21.8倍 3着 
 
・01/08 
なし 
 
・01/07 
寿S:ナイツオブナイツ 単10.5倍 3着 
 
・01/06 
なし 
 
・12/28 
なし 
 
・12/24 
なし 
 
・12/23 
中山3R:セイウンミツコ 単11.9倍 1着 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

日曜日のレース


中山11R:AJCC(4上G2 芝2200m)


中京11R:東海S(4上G2 ダ1800m)


中山9R:若竹賞(3歳500万下 芝1800m)


京都4R:3歳500万下 ダ1400m)

レース展望・予想

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る