【2017黒松賞】過去傾向

2017年12月5日12時32分30秒 / レース展望

1pixel


過去傾向

過去の脚質傾向を振り返ってみましょう。

日付 馬場差 着順 馬番 馬名 3F順 P差 残3F差 3角 4角 GS
161211 -0.5 1 10 ラッシュアウト 6 0.1 0.1 2 2 83
2 9 フクノクオリア 2 0.5 9 9 84
3 11 ナリノメジャー 6 0.3 5 4 82
151212 -0.4 1 8 ワンダフルラッシュ 5 -0.7 0.1 2 2 95
2 4 タイセイエクレール 4 0.4 6 7 96
3 10 コスモフレンチ 3 0.6 10 7 95
141213 -0.3 1 8 ゴールドペガサス 5 0.2 0.2 2 2 94
2 4 キッズライトオン 3 0.6 9 7 93
3 6 イキオイ 1 1.3 13 13 93
131207 -0.1 1 4 タガノブルグ 1 -0.8 0.5 6 5 95
2 12 クリノコマチ 2 0.6 6 8 93
3 7 フリュクティドール 7 0.4 4 3 90
121208 -0.5 1 6 モグモグパクパク 1 0.8 0.7 8 7 89
2 8 コスモリープリング 5 0.4 5 4 87
3 1 ナカナカ 3 0.7 8 8 86
111210 -0.1 1 12 ラフレーズカフェ 2 0.0 0.5 8 8 95
2 16 ダイワミストレス 1 0.9 13 12 96
3 13 サクラインザスカイ 3 0.4 8 9 93
101218 -0.4 1 5 ダンシングロイヤル 8 -0.5 0.0 1 1 95
2 6 テイエムオオタカ 8 0.0 2 2 95
3 11 ヤサカシャイニー 10 0.2 3 3 93
91212 0.2 1 2 レト 1 -0.4 0.6 10 8 100
2 7 セントアンズ 5 0.0 1 1 97
3 1 ドロ 3 0.3 4 2 97

 

ペースや馬場から傾向を読み解くのは難しいのですが、

馬券圏内は残り3F地点で0.6秒以内の馬がほとんどでした。

ただ、これは1200mとしては、特に珍しい傾向ではありません。

追い込み系は、むしろスローペースでこそ台頭しており、

ハイペースで後続も脚を使わされると、

追い込みは厳しいのかもしれません。

 

▼残り3F地点までの逃げ馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
2歳未勝利 34.4 36.3
古馬500万下 34.2 35.3
黒松賞 34.2 36.0

 

▼残り3F地点までの勝ち馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
2歳未勝利 34.8 35.5
古馬500万下 34.4 34.8
黒松賞 34.5 35.2

 

古馬500万下並のペースで流れます。

3歳未勝利でこの条件は行われず、

2歳未勝利と比較すれば格段にハイレベルなレースになります。

一方、古馬500万下と比較するとだいぶレベルは低く、

3歳未勝利を勝ち負けできるくらいの能力があれば

ここでも馬券圏内は期待できそうです。

 

 

 

 

 

 

タグ:


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る