【ミスターメロディ】各馬戦績

2017年11月27日11時26分28秒 / 各馬戦績

1pixel

17/11/04 新馬

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 指数 補・前 補・上り
161112 3上 1000万 1 サトノファンタシー 105 41.3 36.3
170205 4上 1000万 1 リュクサンブール 98 41.6 36.7
171104 2歳 新馬 1 ミスターメロディ 103 41.6 36.2
130504 4上 1000万 1 グレン 41.7 36.1
161022 3上 1000万 1 ヨシオ 103 41.8 36.1
160207 4上 1000万 1 ヤマニンシャンデル 92 41.9 37.1
141116 3上 1000万 1 ダンシングミッシー 42.0 35.9
151114 3上 1000万 1 クリノエリザベス 100 42.0 36.2
140510 4上 1000万 1 キタサンミカヅキ 42.3 35.8
151017 3上 1000万 1 ニットウスバル 101 42.3 35.9
160430 4上 1000万 1 スウィープアウェイ 100 42.3 36.0
160207 4上 1000万 1 メイショウカノン 93 42.4 36.6
150502 4上 1000万 1 デルマネコムスメ 105 42.5 35.3
131109 3上 1000万 1 キクノストーム 42.6 35.6
140224 4上 1000万 1 マックスガイ 42.7 35.6
171111 3上 1000万 1 スピーディクール 100 42.8 35.5
130210 4上 1000万 1 マックスガイ 42.9 35.5
141019 3上 1000万 1 ネオシーサー 42.9 35.1
131014 3上 1000万 1 タールタン 42.9 35.4
171021 3上 1000万 1 タイセイプレシャス 103 43.0 35.1
170507 4上 1000万 1 プリサイスエース 103 43.2 34.9
150208 4上 1000万 1 キタサンミカヅキ 97 43.3 35.4

 

逃げて上がり最速。

馬場差-0.4秒とそこまで時計の出ない馬場でのレコード決着でした。

時計は古馬1000万下でも勝ち負けできる内容で、

2着には8馬身差をつけています。

2歳のこの時期の時計としては破格です。

2017年の11月現在では世代トップといっても過言ではないでしょう。

今後、ダート戦線で主役の1頭になっていきそうです。

しまい余裕だったことを考えれば距離延長も不安はなく、

次走、昇級初戦から勝負するに値します。

500万下ならまず勝ち負けしそうです。

 

17/12/02 寒椿賞

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 指数 補・前 補・上り
150726 3上 1000万 1 サンレーン 97 45.6 38.2
140322 4上 1000万 1 エアカーネリアン 46.4 37.9
160724 3上 1000万 1 プレスティージオ 99 46.4 37.7
160116 4上 1000万 1 ブルミラコロ 108 46.5 36.7
150125 4上 1000万 1 エイシンヴァラー 103 46.6 37.2
160327 4上 1000万 1 ゴールドスーク 101 46.8 37.3
130706 3上 1000万 1 ナリタスーパーワン 46.9 37.5
160130 4上 1000万 1 ハラペーニョペパー 97 46.9 37.7
140727 3上 1000万 1 タガノミューチャン 47.2 37.4
130120 4上 1000万 1 ホクセツキングオー 47.3 36.9
171202 2歳 500万 2 ミスターメロディ 96 47.3 37.6
150329 4上 1000万 1 チャーリーブレイヴ 100 47.4 37.1
131130 3上 1000万 1 デルマヌラリヒョン 47.6 37.1
151206 3上 1000万 1 ラテンロック 97 48.2 37.1
130316 4上 1000万 1 ネオザウイナー 48.3 36.7

 

ひとまず古馬500万下で掲示板程度の内容で、

3着以下を突き放していることから、

ここは相手が悪かったとしかいいようがありません。

気になるのはパフォーマンスで、新馬からだいぶ落としています。

もともと中京ダ1400mは、先行した馬にはつらいコースで

逃げると時計が出づらいという点が1つ。

また、やや落ち着いたペースに落としてしまい、

キレ負けしてしまったという点が1つ。

これはコースあるいは距離の問題もありますが、

鞍上の問題でもあります。

次走、自己条件なら再び人気でもさからえませんが、

マイル要素のあるようなコースだったり、

ペースが落ち着きそうなメンバー構成だと、

100%に近い確信を持てない印象を受けました。

万が一オッズが下がるようなら頭から狙います。

 

 

 

 

 

 

 

タグ: , ,

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・01/14 
中京6R:ダンツチェック 単13.2倍 2着 
 
・01/13 
ジャニュアリーS:ベック 単21.8倍 3着 
 
・01/08 
なし 
 
・01/07 
寿S:ナイツオブナイツ 単10.5倍 3着 
 
・01/06 
なし 
 
・12/28 
なし 
 
・12/24 
なし 
 
・12/23 
中山3R:セイウンミツコ 単11.9倍 1着 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

土曜日のレース


京都10R:若駒S(3歳OP 芝2000m)


中京10R:なずな賞(3歳500万下 芝1400m)


中山7R:3歳500万下 ダ1200m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

日曜日のレース


中山11R:AJCC(4上G2 芝2200m)


中京11R:東海S(4上G2 ダ1800m)

レース展望・予想

中山9R:若竹賞(3歳500万下 芝1800m)

レース展望・予想
各馬検討

京都4R:3歳500万下 ダ1400m)

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る