【2017萩S】反省_レースレベル:不明/ペース:H

2017年11月5日08時19分58秒 / 反省

同レース比較

※馬場差計測不能のため算出できず

 

ペース比較

※馬場差計測不能のため算出できず

 

極端に時計のかかる重馬場でしたが、

このレースの逃げ馬の残り3F地点の平均通過タイムが

馬場差補正後で73.7秒です。

今年は通過タイムが生時計で72.5秒。

補正する前にもかかわらず

2009年以降、2009年の次に速いペースでした。

超ハイペースだったと考えてよさそうです。

隊列としてはニシノベースマンがとばしていき、

少しあけて、リュクスポケット、後方に他の馬が固まっていました。

いく馬には厳しい展開で、馬場も外のほうが伸びていました。

 

各馬のパフォーマンス

 

  • 1着:タイムフライヤー

ハイペースに乗じて後方からつっこんできました。

直線では、一番馬場のいい大外を通りましたが

当然コーナーでは距離損しています。

2着に4馬身をつけており、

上がりはほかの馬より0.9秒以上速く、

通った馬場だけが勝因ではないでしょう。

完勝といえます。

 

  • 2着:オーデットエール

こちらも後方集団でしたが、

勝ち馬とは上がりで伸び負けました。

直線では勝ち馬の次に外を通っており、

ほかの馬とそれほど上りはかわりません。

2着という着順自体は通った馬場もありそうです。

 

  • 3着:リュクスポケット

逃げ馬からやや離れた番手を進みました。

残り3F地点では0.4秒差あり、

3番手以降を0.5秒離していました。

ハイペースで厳しい展開でしたが、

直線では馬場の悪いところを通っての3着です。

勝ち馬とは差がありそうですが、

2着馬と比較すると、むしろこちらのほうが

内容は濃かったといえます。

 

1pixel

タグ: , , , ,


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る