【2017富士S】反省

2017年10月28日07時37分13秒 / 反省

1pixel

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
171021 3上 G3 1 エアスピネル 106 58.7 34.3
171021 3上 G3 11 マイネルアウラート 92 58.7 35.7
171021 3上 G3 13 クラリティシチー 89 58.8 36.0
171021 3上 G3 4 レッドアンシェル 101 58.8 34.8
121020 3上 G3 1 クラレント 107 58.9 34.1
171021 3上 G3 14 ジョーストリクトリ 85 59.0 36.3
111022 3上 G3 1 エイシンアポロン 107 59.0 34.1
171021 3上 G3 2 イスラボニータ 106 59.1 34.2
171021 3上 G3 5 ペルシアンナイト 101 59.1 34.7
171021 3上 G3 12 ロードクエスト 94 59.2 35.3
171021 3上 G3 10 ミュゼエイリアン 97 59.3 35.0
171021 3上 G3 7 ガリバルディ 100 59.3 34.7
171021 3上 G3 6 サトノアレス 101 59.3 34.6
171021 3上 G3 9 グランシルク 99 59.3 34.8
91024 3上 G3 1 アブソリュート 103 59.4 34.4
171021 3上 G3 15 ダイワリベラル 78 59.5 36.8
171021 3上 G3 3 クルーガー 107 59.5 33.9
171021 3上 G3 8 ブラックムーン 101 59.6 34.5
101023 3上 G3 1 ダノンヨーヨー 108 59.7 33.7
該当レース勝ち馬平均 59.7 33.8
131019 3上 G3 1 ダノンシャーク 109 60.0 33.5
151024 3上 G3 1 ダノンプラチナ 112 60.3 33.1
161022 3上 G3 1 ヤングマンパワー 103 60.4 33.9
141025 3上 G3 1 ステファノス 108 60.9 33.3

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
121020 3上 G3 8 コスモセンサー 98 58.0 35.4
111022 3上 G3 7 レインボーペガサス 99 58.4 35.2
91024 3上 G3 17 マイネルスケルツィ 90 58.6 36.0
171021 3上 G3 1 エアスピネル 106 58.7 34.3
101023 3上 G3 12 マイネルファルケ 95 58.7 35.4
151024 3上 G3 8 カレンブラックヒル 101 59.4 34.6
131019 3上 G3 7 ガルボ 104 59.7 34.1
161022 3上 G3 10 テイエムイナズマ 95 60.0 34.9
141025 3上 G3 11 コスモソーンパーク 96 60.0 34.8

 

このレースとしてはミドルペースくらいで流れました。

レースレベルは例年並と考えてよさそうですが、

4角先頭の馬が勝ち切ったのは、2001年の

ダイワカーリアン以来です。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったエアスピネルは、2009年以降の勝ち馬の中でも

もっとも前目に位置していました。

3角3番手、4角先頭で厳密にいえば逃げたわけではありませんが、

同じ4角先頭だった馬たちと比較すると、

2009年以降、すべての馬が惨敗しています。

ただ、比較対象がレインボーペガサス、マイネルスケルツィ、

マイネルファルケですから、これをもって

即G1級と判断するのは早計でしょう。

あくまで富士S内での比較です。

 

それでも、2012年のクラレント、2011年のエイシンアポロンと

ほぼ同程度のパフォーマンスで、

エイシンは次走マイルCSを勝ちました。

マイルでは大崩れしておらず、

戦績から、道悪が得意なことは明らかでしょう。

本番でも馬場が渋れば、人気はしそうですが3連の馬券からははずせません。

 

2着イスラボニータは叩きのレースで、

仕上がっていなかったことが敗因でしょうか。

2011年のエイシンアポロンとほぼ同じ位置取りで

パフォーマンスとしてはやや劣ります。

本番に向けて調子があがってくれば、マイルCSは

過去2年しっかり馬券になっていますし、

パフォーマンスとしては昨年より上です。

 

3着クルーガーは長期休養明けでいきなり走ってきました。

上位の4角位置取りだけみれば、ただ1頭追い込んでいますが、

過去のこのレースで類似したペースだった2009年、2010年と比較すると

まあまあ差せる展開かなという印象を受けます。

ダートデビューということもあり、

力のいる馬場は得意なようです。

 

5着ペルシアンナイトは人気を裏切りましたが、

こちらの記事にも書いたように、

3歳馬で55kgを背負うと厳しいレースです。

加えて苦手の道悪となれば、健闘したほうではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 


タグ: ,

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・12/10 
名古屋日刊スポーツ杯:エーティーサンダー 単18.2倍 3着 
中京6R:ヴィトンリード 単19.5倍 3着
 
・12/09 
阪神12R:ドゥーカ 単25.1倍 2着 
アクアラインS:リンガスウーノ 単19.9倍 2着 
中京9R:エレクトロニカ 単13.2倍 2着 
中山4R:ハーレムライン 単18.7倍 2着 
阪神2R:リンクスナナ 単21.4倍 2着 
中京1R:グローリーグローリ 単10.0倍 1着 
 
・12/03 
チバテレ杯:マイネルビクトリー 単17.5倍 2着 
 
・12/02 
浜松S:ダイメイプリンセス 単15.5倍 2着 
北総S:クロフネビームス 単10.0倍 3着 
 
・11/26 
ジャパンカップ:シュヴァルグラン 単13.3倍 1着 
ベゴニア賞:エングローサー 単11.1倍 2着 
東京3R:ロジティナ 単18.7倍 1着 
 
・11/25 
京都12R:オブリゲーション 単16.9倍 1着 
 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

土曜日のレース


中山11R:ターコイズS(3上G3 芝1600m)

レース展望・予想

中京10R:つわぶき賞(2歳500万下 芝1400m)

レース展望・予想
各馬検討

阪神9R:さざんか賞(2歳500万下 芝1200m)

レース展望・予想
各馬検討

中山9R:ひいらぎ賞(2歳500万下 芝1600m)

レース展望・予想
各馬検討

日曜日のレース


阪神11R:朝日杯フューチュリティS(2歳G1 芝1600m)


阪神7R:2歳500万下 ダ1200m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

中山7R:2歳500万下 ダ1800m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る