【2017/10/21 東京8R 3上1000万下】展望・注目馬

2017年10月21日02時28分35秒 / レース展望

1pixel

展望

まずは東京芝2400mの1000万下の脚質傾向から見てみましょう。

 

▼東京芝2400m 1000万下脚質傾向(2008年以降)

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ   7- 4- 8- 43/ 62 11.30% 17.70% 30.60%
平地・先行  17- 17- 17-158/209 8.10% 16.30% 24.40%
平地・中団  27- 26- 20-195/268 10.10% 19.80% 27.20%
平地・後方   9- 13- 16-178/216 4.20% 10.20% 17.60%
平地・マクリ   0- 0- 0- 5/  5 0.00% 0.00% 0.00%

 

十分、逃げ馬が残せるレースです。

例えば古馬1600万下やOP特別のように、

上のクラスになるととたんに逃げ馬が勝ち切れなくなるのですが、

下のクラスになるほど逃げ馬が残せる傾向にあります。

ちなみに古馬500万下の場合、逃げ馬の勝率は18.5%まで上がります。

今回、11頭立ての少頭数で、おそらく菊花賞にも登録があった

サンデームーティエがレースを引っ張りそうです。

 

注目馬:サンデームーティエ

こちらの記事にまとめましたが、

前走セントライト記念は例年比較でハイレベルでした。

過去のセントライト記念を逃げ切った

キタサンブラックやフェノーメノといった一線級と比較しても、

そん色ないパフォーマンスでした。

今回、同型不在、少頭数と逃げ切るだけの条件がそろっています。

下のクラスですが、このコースで2勝しており適性はいうまでもありません。

人気も4人気か5人気と手ごろなところに落ち着きそうで、

複勝でもそこそこ楽しめそうなオッズです。

この馬の単複馬券を握りしめて(ネット投票ですが)、

「そのまま」と叫びたいと思います。

 

 

 

 


タグ:


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る