【2017もみじS】過去傾向

2017年10月9日05時04分08秒 / レース展望

1pixel


過去傾向

過去の脚質傾向を振り返ってみましょう。

日付 馬場差 着順 馬番 馬名 3F順 P差 残3F差 3角 4角 GS
161016 -1.2 1 6 レッドアンシェル 2 0.8 0.8 6 6 95
2 3 キャスパリーグ 1 1.2 8 8 95
3 7 タイセイブレーク 3 0.9 6 7 93
151018 -1.1 1 2 メイショウスイヅキ 1 -0.3 1.8 7 6 101
2 5 レッドカーペット 2 1.6 6 6 97
3 8 アンシエルワープ 4 0.7 2 2 91
141019 -1.1 1 5 アルマワイオリ 2 0.3 0.6 8 7 96
2 10 ワキノヒビキ 1 0.9 10 10 95
3 4 シゲルチャグチャグ 5 0.0 1 1 90

 

ペースによらず、上がりの速い馬が上位をしめています。

まだ3回しか施行されていませんが、

2015年はまずまず流れたものの、

2014年と2016年はスローからのヨーイドンでした。

GS指数としては95~101と勝ち馬はまずまずのレベルに達しているものの

その後のクラシック戦線に直結するOP特別ではありません。

 

▼残り3F地点までの逃げ馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
2歳500万下 48.2 34.9
古馬500万下 47.1 35.7
もみじS 47.8 37.5

 

▼残り3F地点までの勝ち馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
2歳500万下 48.5 34.5
古馬500万下 47.6 34.6
もみじS 48.8 34.0

 

2歳500万下より若干速いペースで流れます。

逃げ馬の上りがかかっているのは、

まだ3回しか施行されていない上に、

2016年に逃げたシーハリケーンが

生時計で上がり41.1秒と大差で負けたためです。

勝ち馬は2歳500万下より若干ハイレベルですが、

3着馬のGS指数が低く、ヒモは手広く買う必要がありそうです。

 

 

 

 

タグ:

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・10/15 
オクトーバーS:クロフネビームス 単20.7倍 3着 
 
・10/14 
稲光特別:ポルボローネ 単17.4倍 3着 
プラタナス賞:ソリストサンダー 単16.9倍 2着 
東京6R:フィスキオ 単23.7倍 2着 
京都3R:エタリオウ 単10.6倍 1着 
 
・10/09 
なし 
 
・10/08 
京都2R:ディアボレット 単13.9倍 3着 
東京1R:ランドキングスター 単14.3倍 3着 
 
・10/07 
京都7R:ピアレスピンク 単30.9倍 3着 
京都2R:ヤマニンヌヌース 単24.2倍 3着 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

日曜日のレース


京都11R:菊花賞(3歳G1 芝3000m)


東京9R:くるみ賞(2歳500万下 芝1400m)


京都8R:なでしこ賞(2歳500万下 ダ1400m)

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る