【2017京成杯AH】反省_レースレベル:高/ペース:M

2017年10月7日11時49分59秒 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
90913 3上 G3 1 ザレマ 103 57.5 35.5
170910 3上 G3 4 マルターズアポジー 101 57.9 35.6
170910 3上 G3 13 ウインフルブルーム 93 58.0 36.4
170910 3上 G3 15 マイネルアウラート 87 58.1 36.9
110911 3上 G3 1 フィフスペトル 102 58.2 35.3
170910 3上 G3 8 ロサギガンティア 101 58.3 35.5
170910 3上 G3 11 ボンセルヴィーソ 99 58.3 35.7
170910 3上 G3 12 ブラックスピネル 96 58.3 36.0
170910 3上 G3 10 オールザゴー 100 58.6 35.4
130908 3上 G3 1 エクセラントカーヴ 110 58.7 34.4
170910 3上 G3 3 ダノンリバティ 109 58.7 34.5
170910 3上 G3 7 ダイワリベラル 105 58.9 34.8
該当レース勝ち馬平均 58.9 34.5
170910 3上 G3 1 グランシルク 114 59.0 33.9
120909 3上 G3 1 レオアクティブ 113 59.0 33.9
170910 3上 G3 2 ガリバルディ 111 59.1 34.1
170910 3上 G3 6 アスカビレン 108 59.2 34.4
100912 3上 G3 1 ファイアーフロート 103 59.3 34.8
160911 3上 G3 1 ロードクエスト 106 59.3 34.5
170910 3上 G3 5 トーセンデューク 109 59.4 34.2
170910 3上 G3 14 ウキヨノカゼ 95 59.4 35.6
170910 3上 G3 9 ミッキージョイ 107 59.6 34.3
150913 3上 G3 1 フラアンジェリコ 107 60.3 34.0

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
90913 3上 G3 16 シンボリウエスト 79 57.4 37.9
130908 3上 G3 10 ルナ 92 57.5 36.7
120909 3上 G3 13 ゼロス 90 57.6 36.8
110911 3上 G3 11 メイビリーヴ 88 57.6 37.0
170910 3上 G3 4 マルターズアポジー 101 57.9 35.6
160911 3上 G3 8 ピークトラム 95 58.5 35.9
100912 3上 G3 6 メイショウレガーロ 99 59.3 35.2
150913 3上 G3 7 アルビアーノ 100 59.4 35.0

 

このレースとしては、そこそこ前が流れる展開になりました。

逃げ粘ったマルターズアポジー以外、7着までが

差し・追い込み系でしめられています。

いく馬にとってはやや厳しいペースだったように思えます。

レースレベルは高く、3着馬までが

平均を大幅に上回るパフォーマンスでした。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったグランシルクは悲願の重賞初制覇になりました。

3歳時にこのコースを2連勝し、NZTでも2着があります。

コース適正もさることながら、

エンジンのかかりが遅いという弱点を

早仕掛けで鞍上が見事にカバーした印象です。

前走中京記念は、内外の馬場差もありましたが、

4角でポジションを落としており、

脚を溜める形となってしまいました。

今回は内容も優秀で、乗り方1つでは

これまで重賞を勝てなかったのがうそのように

重賞戦線で活躍する可能性があります。

 

2着ガリバルディも、例年の勝ち馬と比較して

なんらそん色ない内容でした。

戦績を見ると、今回のように馬場差がマイナスに傾くような

パンパンの高速馬場は久しぶりで、

馬場が大きく影響するタイプかもしれません。

近走を見ても、馬場差がプラスだった

京都記念やダービー卿CTでは惨敗していますが

比較的馬場がよかった大阪城Sでは3着しています。

次走、馬場が向くかどうか要チェックでしょう。

 

3着ダノンリバティもメンバー次第では

勝ち切っていてもおかしくない内容でした。

今年に入って安定して走れており、

前につけたり差したりと自在な脚質を見せています。

 

4着マルターズアポジーは58kgを背負いながら

ややハイで飛ばして4着に粘りました。

差し・追い込み勢が上位をしめたことを考えると

よくがんばったといえます。

メンバー次第では馬券圏内があっておかしくない内容でした。

単純におさえて逃げた方がよいというタイプでもなく、

この馬にしてはおさえてとばしたほうで、

関屋記念のようにもっとハイペースでとばして

後続に脚を使わせてもよいかもしれません。

 

 
1pixel





タグ: , , , , ,


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る