【ワグネリアン】各馬戦績

2017年9月10日05時38分11秒 / 各馬戦績

1pixel

17/07/16 新馬

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 指数 補・前 補・上り
141213 2歳 未勝利 1 ローデッド 87 85.4 36.8
151213 2歳 未勝利 1 ピースマインド 88 85.4 36.7
141220 2歳 未勝利 1 スピリッツミノル 92 86.7 36.0
131201 2歳 未勝利 1 ウイントゥモロー 89 87.0 36.1
161211 2歳 未勝利 1 ステフィン 91 88.0 35.7
131214 2歳 未勝利 1 ハギノハイブリッド 95 88.3 35.2
160717 2歳 新馬 1 トリコロールブルー 95 88.4 35.2
131207 2歳 未勝利 1 トライアゲイン 92 88.5 35.5
161204 2歳 未勝利 1 ミスディレクション 93 89.8 35.0
151206 2歳 未勝利 1 アドマイヤダイオウ 101 90.1 34.1
131208 2歳 新馬 1 ヤマノウィザード 91 91.2 34.9
161211 2歳 新馬 1 ダノンキングダム 96 91.5 34.3
151213 2歳 新馬 1 ウルトラバロック 91 91.7 34.8
170716 2歳 新馬 1 ワグネリアン 104 93.3 33.1
150719 2歳 新馬 1 ブラックスピネル 88 94.1 34.4
141214 2歳 新馬 1 カルナヴァレスコ 80 98.2 34.2

 

ペース差+6.1秒と超絶ドスローになり、

ほかのレースと単純には比較できません。

馬場差-1.7秒と馬場もよく、時計が出やすいコンディションでした。

ただ、この位置取りから33秒台はペースや馬場、マグレで

出せる末脚ではなく大物の予感がします。

2歳新馬と比較しても1秒以上速い計算で、

2015年のブラックスピネルより前目の位置からさらに速い末脚でした。

そのブラックが次走野路菊賞で2着ですから、

少なくとも次走OP特別くらいなら勝ち負けに持ち込めそうです。

接戦だった2着馬はともかく、

3着以下には5馬身以上つける圧勝でした。

その3着馬が次走さっぱりでしたから、

着差自体はともかくとしても、

隊列通りに前残りしておかしくないペースで、

一気にエンジンが吹き上がって差し切った脚は本物といえそうです。

 

17/09/16 野路菊S

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 指数 補・前 補・上り
140419 4上 1000万 1 ビービートレイター 70.8 34.7
130921 3上 1000万 1 スマートレイアー 71.6 34.6
150321 4上 1000万 1 フェイマスエンド 96 71.9 35.0
151219 3上 1000万 1 クルーガー 95 72.2 34.9
150418 4上 1000万 1 サトノキングリー 94 72.2 35.1
140927 3上 1000万 1 シャトーブランシュ 72.7 34.4
130908 3上 1000万 1 フルーキー 73.0 34.1
160604 3上 1000万 1 アスカビレン 108 73.1 33.4
150926 3上 1000万 1 アスカビレン 103 73.4 33.8
160416 4上 1000万 1 バイガエシ 99 73.4 34.2
160910 3上 1000万 1 ノガロ 101 73.5 33.9
130601 3上 1000万 1 ローゼンケーニッヒ 73.8 33.2
150606 3上 1000万 1 ヘミングウェイ 99 73.9 34.0
161217 3上 1000万 1 ウインクルサルーテ 93 73.9 34.6
140913 3上 1000万 1 ミヤビジャスパー 73.9 33.7
160319 4上 1000万 1 サウンドアプローズ 103 74.0 33.6
130324 4上 1000万 1 コウエイオトメ 74.5 33.8
131214 3上 1000万 1 アドマイヤディープ 74.5 33.9
160924 3上 1000万 1 ミエノサクシード 99 75.1 33.6
130414 4上 1000万 1 トーホウストロング 75.1 33.9
150912 3上 1000万 1 ミッキーオリビエ 99 75.3 33.5
140322 4上 1000万 1 テンペル 75.7 33.2
140607 3上 1000万 1 エイシンヒカリ 75.8 33.2
170916 2歳 オープン 1 ワグネリアン 103 76.1 32.9
130310 4上 1000万 1 ショウナンカンムリ 76.2 33.5

 

ペース差+2.1秒と前が流れず、ややスローでした。

前目の馬が残って当然の展開でしたが、

危なげなく上がり最速で差し切りました。

古馬1000万下で勝ち負けできる内容で、

2歳のこの時期としては破格の時計です。

重馬場で33秒台うんぬんは、

そこまで時計のかかる重馬場ではなかったことと

スローも関係しているので数字自体に価値はありませんが、

11.5-11.4-11.6とほぼ加速ラップで差し切っており

手ごたえにも相当余裕がありました。

次走、G2やG3はもちろん、G1でも注目でしょう。

現時点の2歳馬ではずぬけたパフォーマンスで、

例年の2歳馬との比較で、

化け物クラスの馬になっても不思議ではありません。

クラシックでも主役クラスの1頭になると思います。

 

17/11/18 東スポ杯2歳S

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 指数 補・前 補・上り
150627 3上 1000万 1 カレンケカリーナ 99 71.4 35.2
141011 3上 1000万 1 セキショウ 71.5 35.6
160213 4上 1000万 1 マイネグレヴィル 102 71.6 34.8
140628 3上 1000万 1 スイートサルサ 71.9 35.5
150131 4上 1000万 1 エバーグリーン 100 72.1 34.9
131102 3上 1000万 1 フェスティヴタロー 72.3 34.8
130421 4上 1000万 1 フェスティヴタロー 72.4 34.7
171118 2歳 G3 1 ワグネリアン 97 72.7 34.9
131013 3上 1000万 1 スピルバーグ 72.8 34.3
160424 4上 1000万 1 アウトオブシャドウ 94 72.9 35.2
140210 4上 1000万 1 ミヤコマンハッタン 72.9 34.8
150214 4上 1000万 1 レッドオリヴィア 103 73.2 34.2
140223 4上 1000万 1 エデンロック 73.3 33.7
141019 3上 1000万 1 セセリ 73.3 34.7
160131 4上 1000万 1 マルターズアポジー 97 73.6 34.6
140218 4上 1000万 1 レコンダイト 73.8 34.2
151018 3上 1000万 1 ラスヴェンチュラス 101 73.8 34.2
130622 3上 1000万 1 アーデント 73.9 34.4
150426 4上 1000万 1 カナロア 102 74.1 34.0
140525 4上 1000万 1 ロンギングダンサー 74.1 33.5
151115 3上 1000万 1 マイネルイルミナル 99 74.2 34.3
150524 4上 1000万 1 シャドウウィザード 102 74.3 33.9
141115 3上 1000万 1 ニシノテキーラ 74.3 34.1
130519 4上 1000万 1 アルキメデス 74.3 33.5
140427 4上 1000万 1 モンストール 74.4 34.0
160625 3上 1000万 1 カレンリスベット 97 74.5 34.3
151108 3上 1000万 1 サンソヴール 100 74.7 34.0
130126 4上 1000万 1 ヴェルデグリーン 75.1 32.9
131117 3上 1000万 1 ハーコット 75.5 33.9
161120 3上 1000万 1 ロッカフェスタ 97 75.6 34.0
160522 4上 1000万 1 バンゴール 100 75.7 33.6
161008 3上 1000万 1 クインズミラーグロ 103 75.9 33.3
151122 3上 1000万 1 キングカラカウア 94 76.1 34.1
141108 3上 1000万 1 アデイインザライフ 76.2 33.4
151010 3上 1000万 1 プロクリス 96 76.4 33.8
161113 3上 1000万 1 ワンブレスアウェイ 98 76.7 33.5
161016 3上 1000万 1 レッドライジェル 95 77.6 33.5

 

このレースを勝った2012年のコディーノ、2013年のイスラボニータと、

残り3F地点でほぼ同じ位置取りでした。

ただ、上がりはこの両馬に劣る時計でした。

1000万下馬券圏内程度ですが、

この馬のポテンシャルを考えると(高いレベルで)やや物足りない印象です。

ただ、抜け出してからは余裕があり、

これが能力のすべてではないでしょう。

ここまでペース差+6.1秒、+2.1秒とドスローしか経験しておらず

突然ペース差-2.0秒のハイペースを追走したにもかかわらず

4角で外をまわして楽にポジションを押し上げ、

きっちり対応できた点は収穫といえます。

 

 

 

 

 

タグ: , , ,


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る