【タワーオブロンドン】各馬戦績

2017年8月18日10時50分19秒 / 各馬戦績

1pixel

17/07/29 新馬

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 指数 補・前 補・上り
140809 2歳 未勝利 1 ウインアキレア 53.8 37.1
160827 2歳 未勝利 1 キューバンマンボ 89 54.1 36.5
150801 2歳 未勝利 1 マカーオーン 87 54.2 36.6
160821 2歳 未勝利 1 ジャコマル 88 54.4 36.3
150823 2歳 未勝利 1 キャンディバローズ 93 54.5 35.7
170806 2歳 未勝利 1 ファストアプローチ 89 54.5 36.2
140726 2歳 未勝利 1 マコトグナイゼナウ 54.7 36.3
150906 2歳 未勝利 1 ブレイブスマッシュ 88 54.9 35.9
140830 2歳 未勝利 1 タマモルミエール 55.2 36.0
150829 2歳 未勝利 1 スミレ 82 55.2 36.3
140824 2歳 未勝利 1 マイネルグルマン 55.5 36.0
140907 2歳 未勝利 1 シゲルヤブサメ 55.7 36.0
160904 2歳 未勝利 1 ウィンドライジズ 83 55.9 35.6
170729 2歳 新馬 1 タワーオブロンドン 79 56.0 35.9
160807 2歳 未勝利 1 ブラックオニキス 68 58.0 35.3

 

ペース差+1.9秒のスローを逃げ切りました。

しまい11.3-11.5ですが、馬場差-1.5秒の

超高速馬場だったことを考えると数字自体は平凡です。

上りを見ても、2歳新馬としては平凡な内容で、

時計面から大物の裏付けはとれませんでした。

ただ、直線で手ごたえに余裕があり、

時計自体はもう少し詰まってきそうです。

気になるのは負かした馬で、4着馬、5着馬が

次走で大敗しています。

メンバーレベルが低かった可能性は否めません。

 

17/08/20 クローバー賞

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 指数 補・前 補・上り
140809 2歳 未勝利 1 ウインアキレア 53.8 37.1
160827 2歳 未勝利 1 キューバンマンボ 89 54.1 36.5
150801 2歳 未勝利 1 マカーオーン 87 54.2 36.6
160821 2歳 未勝利 1 ジャコマル 88 54.4 36.3
150823 2歳 未勝利 1 キャンディバローズ 93 54.5 35.7
170806 2歳 未勝利 1 ファストアプローチ 89 54.5 36.2
140726 2歳 未勝利 1 マコトグナイゼナウ 54.7 36.3
150906 2歳 未勝利 1 ブレイブスマッシュ 88 54.9 35.9
170812 2歳 新馬 1 ハイヒール 82 55.0 36.4
140830 2歳 未勝利 1 タマモルミエール 55.2 36.0
150829 2歳 未勝利 1 スミレ 82 55.2 36.3
140824 2歳 未勝利 1 マイネルグルマン 55.5 36.0
140907 2歳 未勝利 1 シゲルヤブサメ 55.7 36.0
170820 2歳 オープン 2 タワーオブロンドン 82 55.7 35.9
160904 2歳 未勝利 1 ウィンドライジズ 83 55.9 35.6
150822 2歳 新馬 1 ウインムート 77 56.0 36.1
170729 2歳 新馬 1 タワーオブロンドン 79 56.0 35.9
160813 2歳 新馬 1 ヴィーナスフローラ 76 56.1 36.1
150905 2歳 新馬 1 キングライオン 79 56.3 35.7
150815 2歳 新馬 1 アラモアナワヒネ 80 56.3 35.6
140823 2歳 新馬 1 アルマワイオリ 56.4 34.9
150801 2歳 新馬 1 ジープルメリア 82 57.0 34.8
140906 2歳 新馬 1 ダイトウキョウ 57.1 35.5
160903 2歳 新馬 1 ヤマカツグレース 72 57.5 35.4
140726 2歳 新馬 1 キャンディーハウス 57.7 35.3
160807 2歳 未勝利 1 ブラックオニキス 68 58.0 35.3
140810 2歳 新馬 1 カービングパス 58.1 34.5
160730 2歳 新馬 1 ミスパンテール 64 59.5 34.5

 

新馬に比べると若干パフォーマンスをあげてきましたが、

OP2着とはいえ、2歳未勝利程度の時計でした。

勝ったダブルシャープが次走札幌2歳Sで馬券になっており、

そのあたりからこの馬の次走にも期待がかかりそうですが、

2017年の札幌2歳Sは例年比較でレベルが低く、

そのあたりの連想から過剰人気するようなら

印を下げる手もありそうです。

 

17/09/23 ききょうS

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 指数 補・前 補・上り
130907 3上 500万 1 タガノルミナーレ 45.8 36.1
150627 3上 500万 1 スナッチマインド 101 46.1 35.3
160625 3上 500万 1 グレイスミノル 98 46.2 35.6
150418 4上 500万 1 ゼウス 100 46.4 35.2
140615 3上 500万 1 ミッキーラブソング 46.6 35.1
150912 3上 500万 1 タマモイヤリング 95 46.6 35.5
150927 3上 500万 1 ネオヴィクトリア 97 46.7 35.2
130608 3上 500万 1 アドマイヤコリン 46.8 35.4
141004 3上 500万 1 サチノクイーン 46.9 35.6
170923 2歳 オープン 1 タワーオブロンドン 91 47.0 35.5
140628 3上 500万 1 シンデレラボーイ 47.1 34.9
150614 3上 500万 1 メラグラーナ 97 47.3 34.7
130921 3上 500万 1 ウイングザムーン 47.4 34.1
130622 3上 500万 1 インクレセント 47.4 34.9
160612 3上 500万 1 マイアベーア 96 47.5 34.6
160327 4上 500万 1 エーシンマイェスタ 99 47.6 34.2
130414 4上 500万 1 ルナフォンターナ 48.0 34.7
140405 4上 500万 1 メイショウライナー 48.4 34.6
160917 3上 500万 1 ヒーズインラブ 90 48.5 34.3

 

3と1/2馬身の圧勝でしたが、展開が向いた点には注意です。

時計もそれほど優秀とはいえません。

ただ、前走スローのクローバー賞と

今回ハイのききょうS、どちらも上がり最速を計時しました。

ペースに寄らず末脚はキレるタイプといえます。

時計は古馬500万下で掲示板くらいかなという内容で

直線余裕があった分を加味すると、

強い相手とならもっと時計は詰まってきそうです。

ただ、現時点の2歳の短距離戦線で、

絶対的な存在かどうかは次走以降に評価を持ち越したいところです。

過剰に人気するようなら対抗以下に落とす手もあります。

 

17/11/04 京王杯2歳S

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 指数 補・前 補・上り
150523 4上 1000万 1 トーキングドラム 102 46.5 34.4
150509 4上 1000万 1 ゼウス 95 46.7 35.1
161016 3上 1000万 1 アルジャンテ 97 47.1 34.8
151128 3上 1000万 1 マイネルアウラート 101 47.2 34.3
160605 3上 1000万 1 ショウナンライズ 97 47.6 34.6
150207 4上 1000万 1 ボンジュールココロ 102 47.8 34.0
160221 4上 1000万 1 ブリクスト 98 47.9 34.3
160206 4上 1000万 1 レッドルモンド 100 48.0 34.1
150620 3上 1000万 1 アンジェリック 103 48.0 33.8
161112 3上 1000万 1 カシノピカチュウ 101 48.1 34.0
160618 3上 1000万 1 グランシルク 106 48.3 33.4
150425 4上 1000万 1 アンジェリック 102 48.3 33.8
161119 3上 1000万 1 ワキノヒビキ 102 48.4 33.8
160507 4上 1000万 1 スマートプラネット 101 48.4 33.9
151017 3上 1000万 1 マリオーロ 102 48.4 33.8
150607 3上 1000万 1 アイライン 102 48.6 33.7
150222 4上 1000万 1 ビリオネア 102 48.6 33.7
160521 4上 1000万 1 ヘイジームーン 104 48.7 33.4
151123 3上 1000万 1 ホッコーアムール 102 48.7 33.7
161029 3上 1000万 1 マテンロウハピネス 99 48.8 33.9
161126 3上 1000万 1 アッラサルーテ 96 48.8 34.3
171104 2歳 G2 1 タワーオブロンドン 103 49.0 33.5
160424 4上 1000万 1 エルゴレア 97 49.1 34.0
151114 3上 1000万 1 トータルヒート 97 49.6 33.8
151031 3上 1000万 1 クリノコマチ 98 49.7 33.7

 

ついにベールをぬいだという感じです。

古馬1000万下を楽勝できる計算で、

文句なしの内容といえます。

ここまで楽勝が続いていましたが、

ようやく骨のある相手とあたり、

直線ではステッキが入りました。

先に抜け出した馬をかわすと、

あとは余裕の手ごたえでゴールし、

時計はもっと詰まってきそうです。

気になる点は、さっぽろの1500mでのパフォーマンスが

それほどでもないうえに、クローバー賞はとりこぼしています。

次走以降はマイルに対応できるかがカギでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ: , , , ,


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る