【2017レパードS】反省

2017年8月13日02時36分48秒 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
160807 3歳 G3 1 グレンツェント 117 73.7 36.4
150809 3歳 G3 1 クロスクリーガー 105 73.7 37.6
120805 3歳 G3 1 ホッコータルマエ 83 73.8 37.3
130804 3歳 G3 1 インカンテーション 85 74.1 36.9
170806 3歳 G3 2 サルサディオーネ 94 74.1 38.4
170806 3歳 G3 10 タガノカトレア 84 74.3 39.2
170806 3歳 G3 5 ノーブルサターン 91 74.4 38.5
該当レース勝ち馬平均 74.4 37.0
170806 3歳 G3 9 タガノグルナ 85 74.5 39.0
170806 3歳 G3 3 エピカリス 94 74.6 38.0
170806 3歳 G3 7 テンザワールド 87 74.6 38.7
170806 3歳 G3 1 ローズプリンスダム 97 74.7 37.6
170806 3歳 G3 14 イブキ 78 74.8 39.4
170806 3歳 G3 12 タガノディグオ 85 74.9 38.7
170806 3歳 G3 8 スターストラック 87 75.0 38.4
170806 3歳 G3 6 ハルクンノテソーロ 91 75.2 37.8
170806 3歳 G3 4 ブライトンロック 94 75.3 37.4
170806 3歳 G3 13 シゲルコング 82 75.5 38.5
110821 3歳 G3 1 ボレアス 83 75.6 36.8
140810 3歳 G3 1 アジアエクスプレス 91 75.6 36.0
170806 3歳 G3 11 トラネコ 86 75.7 37.9
170806 3歳 G3 テイエムアンムート

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
160807 3歳 G3 2 ケイティブレイブ 116 73.0 37.1
120805 3歳 G3 4 ダノンゴールド 72 73.5 38.4
150809 3歳 G3 4 ゴールデンバローズ 98 73.6 38.4
130804 3歳 G3 2 サトノプリンシパル 79 73.8 37.6
170806 3歳 G3 2 サルサディオーネ 94 74.1 38.4
110821 3歳 G3 3 タナトス 75 74.9 37.8
140810 3歳 G3 2 クライスマイル 84 75.4 36.8

 

ややスローの展開でした。

レースレベルは極めて低く、

上位はフロックといってよいでしょう。

特に勝ち馬と2着馬のパフォーマンスが低く

次走以降人気するようなら軽視できそうです。

 

各馬のパフォーマンス

 

  • 1着:ローズプリンスダム

該当レースの勝ち馬平均と比較しても低いパフォーマンスで、

過去のどの勝ち馬と比較してもよいところがありません。

ローズプリンスダムより前目で勝ち切った馬たちは

この馬より速い末脚を使っています。

エピカリスが包まれて脚をあましたこと、

その他有力馬のハルクンノテソーロやタガノディグオが

無策の後方待機で届かなかったことなどがあげられ

フロックとみてよさそうです。

時計も酷い内容でした。

 

  • 2着:サルサディオーネ

過去の逃げ馬たちと同じ位置取りでしたが、

このペースなら最低でも37秒台の脚を使っていないとおかしい計算です。

これで2着残しですからレースレベルが低いことは疑いようがありません。

有力追い込み馬が不発に終わっただけの前残りとみてよさそうです。

 

  • 3着:エピカリス

本調子だったかどうかもありますが、

直線で進路を完全にふさがれてまともに追えませんでした。

ここまでそこそこの戦績ですが、

まだ時計的な裏付けがとれておらず、

あまりに同世代が弱すぎて、道中おつきあいすることで

パフォーマンスを存分に発揮できていないのか、

世代ではまずまずの馬というだけなのかいまいち判断しかねます。

今回に限って言えば、不運もあったので

これが能力のすべてとは思えません。

ただ、不利のなかった勝ち馬、2着馬のパフォーマンスをみると

強気にハナを叩いたり、距離損覚悟で外をまわすなどして

横綱相撲をとれば何馬身か前にいた可能性はあります。

 

1pixel




タグ: ,

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・10/15 
オクトーバーS:クロフネビームス 単20.7倍 3着 
 
・10/14 
稲光特別:ポルボローネ 単17.4倍 3着 
プラタナス賞:ソリストサンダー 単16.9倍 2着 
東京6R:フィスキオ 単23.7倍 2着 
京都3R:エタリオウ 単10.6倍 1着 
 
・10/09 
なし 
 
・10/08 
京都2R:ディアボレット 単13.9倍 3着 
東京1R:ランドキングスター 単14.3倍 3着 
 
・10/07 
京都7R:ピアレスピンク 単30.9倍 3着 
京都2R:ヤマニンヌヌース 単24.2倍 3着 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

日曜日のレース


京都11R:菊花賞(3歳G1 芝3000m)


東京9R:くるみ賞(2歳500万下 芝1400m)


京都8R:なでしこ賞(2歳500万下 ダ1400m)

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る