【2017鳴尾記念】反省

2017年6月29日01時07分01秒 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
160604 3上 G3 1 サトノノブレス 106 84.0 35.3
150606 3上 G3 1 ラブリーデイ 107 84.6 35.0
130601 3上 G3 1 トウケイヘイロー 104 85.2 35.1
該当レース勝ち馬平均 85.6 34.7
140607 3上 G3 1 エアソミュール 107 85.7 34.7
170603 3上 G3 1 ステイインシアトル 106 86.4 34.6
170603 3上 G3 9 ミュゼエイリアン 99 86.5 35.3
170603 3上 G3 3 マイネルフロスト 105 86.6 34.7
170603 3上 G3 7 バンドワゴン 103 86.7 34.9
170603 3上 G3 5 スピリッツミノル 105 86.8 34.6
170603 3上 G3 2 スマートレイアー 110 86.9 34.1
170603 3上 G3 6 デニムアンドルビー 107 87.0 34.4
170603 3上 G3 4 スズカデヴィアス 108 87.1 34.2
170603 3上 G3 10 レッドソロモン 102 87.1 34.8
170603 3上 G3 8 ラストインパクト 106 87.3 34.4
120602 3上 G3 1 トゥザグローリー 111 88.0 33.7

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
160604 3上 G3 8 メイショウナルト 99 83.7 36.1
150606 3上 G3 10 トウケイヘイロー 85 84.0 37.4
140607 3上 G3 12 トゥザグローリー 40 85.0 41.6
130601 3上 G3 1 トウケイヘイロー 104 85.2 35.1
170603 3上 G3 1 ステイインシアトル 106 86.4 34.6
120602 3上 G3 7 イケトップガン 100 87.8 34.9

 

2000mになった2012年以降では、

2番目に遅いペースでした。

レースレベルとしてはそれほど低くありませんが、

勝ち馬は展開が向いたことは否めません。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったステイインシアトルは重賞初制覇。

前走福島民報杯は、ペース差-2.7秒のハイペースを番手からで

今回は楽なペースで逃げられたのが勝因でしょう。

馬場もよく、-1.6秒の前が止まらない高速馬場でした。

戦績から、勝ったレースはすべてハナを切っており、

今後も同型の存在が気になりますが、

ハナを切る切らないよりも、

スローで逃げて、しまいもしっかりギアチェンできるタイプとみました。

全体的にペースが速くなるよりも、

ギアチェン戦のほうが合ってそうです。

 

2着スマートレイアーは、パンパンの馬場で外枠を引き、

加えてこのペースではここまでがせいいっぱいでしょう。

勝ち馬よりも高いGS指数が出ており、

7歳ですがまだまだやれそうです。

 

 
1pixel





タグ: , , ,


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る