【2017天保山S】過去傾向

2017年6月16日02時01分32秒 / レース展望

1pixel


過去傾向

過去の脚質傾向を振り返ってみましょう。

日付 馬場差 着順 馬番 馬名 3F順 P差 残3F差 3角 4角 GS
160618 -0.9 1 10 ゴーイングパワー 4 -1.9 0.4 5 4 104
2 5 キョウワダッフィー 1 1.1 8 8 107
3 9 ナガラオリオン 2 1.4 10 9 104
150620 -0.5 1 9 タガノトネール 5 -1.8 0.1 2 2 111
2 14 キクノストーム 1 1.5 14 13 114
3 5 タイセイファントム 8 0.4 3 4 108
140621 -0.3 1 10 エーシンビートロン 6 -0.9 0.2 2 2 106
2 8 ウォータールルド 6 0.4 3 3 105
3 4 ナリタスーパーワン 5 0.7 5 6 104
130615 -1.7 1 10 スリーボストン 6 -1.2 0.0 1 1 109
2 6 マルカフリート 2 0.6 6 5 110
3 16 シセイオウジ 1 1.1 13 11 108

 

例年、ペースが速い割に前目の馬が残します。

勝ち切るとなると、残り3F地点で

逃げ馬から0.4以内にいた馬ばかりで

ハイペースにひるまずポジションをとりにいく馬に勝機がありそうです。

追い込み馬も届いていないわけではありませんが、

2014年のようにペースが遅くなると、

上りの速い馬が全滅しています。

先行馬を中心視しつつ、上がり最速を出しそうな馬は

ヒモでおさえるのが王道でしょう。

 

▼残り3F地点までの逃げ馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
古馬1600万下 47.1 37.5
古馬OP 46.7 37.6
天保山S 46.4 38.2

 

▼残り3F地点までの勝ち馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
古馬1600万下 47.6 36.4
古馬OP 47.1 36.2
天保山S 46.6 36.7

 

1600万下はもちろんですが、

ほかの古馬OPと比較しても前が速くなります。

3歳馬が古馬にまじってくる季節なので、

斤量の軽い3歳馬がペースをあげているのかと思いましたが

どうやらそうでもなさそうです。

勝ち馬も自然とポジションが求められ、

上りの脚よりスピードを重視してよさそうです。

今年はいく馬が人気上位を形成しそうで、

馬券的には堅くおさまりそうなメンバー構成ではあります。

それでも、GSトップの馬にオッズ妙味がありそうで、

このコースを得意としておりおもしろそうです。

 

 

 

 

 

タグ:


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る