【2017マイラーズカップ】反省

2017年5月3日09時44分43秒 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
120422 4上 G2 1 シルポート 98 57.6 35.8
130421 4上 G2 1 グランプリボス 105 57.9 34.9
該当レース勝ち馬平均 59.1 34.3
160424 4上 G2 1 クルーガー 105 59.2 34.3
170423 4上 G2 5 サンライズメジャー 108 59.3 34.0
170423 4上 G2 3 ヤングマンパワー 109 59.3 33.9
140427 4上 G2 1 ワールドエース 109 59.3 33.9
170423 4上 G2 6 フィエロ 107 59.5 34.0
170423 4上 G2 10 クルーガー 105 59.7 34.2
170423 4上 G2 1 イスラボニータ 114 59.8 33.2
170423 4上 G2 2 エアスピネル 114 59.9 33.2
170423 4上 G2 8 ダッシングブレイズ 108 60.1 33.7
170423 4上 G2 4 ブラックスピネル 114 60.1 33.1
170423 4上 G2 7 プロディガルサン 112 60.4 33.2
170423 4上 G2 9 アクションスター 109 60.5 33.4
170423 4上 G2 11 シェルビー 105 60.6 33.8
150426 4上 G2 1 レッドアリオン 108 60.6 33.5

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
130421 4上 G2 18 タイキパーシヴァル 90 57.4 36.6
120422 4上 G2 1 シルポート 98 57.6 35.8
160424 4上 G2 6 サンライズメジャー 97 58.5 35.4
140427 4上 G2 4 レッドアリオン 101 58.9 34.9
170423 4上 G2 5 サンライズメジャー 108 59.3 34.0
150426 4上 G2 2 サンライズメジャー 106 60.3 33.8

 

馬場差-0.8秒と、まずまず時計の出る馬場でした。

ペースは2012年以降、2番目に遅く

前にいないと厳しい展開でした。

スローながら、時計は優秀で、

このレースで上位の馬は安田記念でも無視できません。

内が伸びる馬場だった点に注意です。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったイスラボニータは中団から で、

直線ではうまくインに進路をとりました。

それでも、前が壁になりつつ、狭いところを割ってのVで

時計はこのレースとしては過去最高といえます。

 

2着惜敗のエアスピネルも優秀で、

イスラとの差は通ったコースでしょう。

 

3着ヤングマンパワーは、番手で楽をしましたが

最後はインをとれたにもかかわらずキレ負け。

休み明けで次走上積みがあれば。

少なくとも例年の勝ち馬と同じだけのパフォーマンスは見せています。

 

4着ブラックスピネルもいい脚を使いましたが、

直線で外に出したのが響きました。

G1で通用するかどうかはともかく、

3着があってもおかしくない内容で、

時計もこのレースとしては及第点以上。

 

5着サンライズメジャーは好枠インベタからの粘り込み。

高速馬場が得意で、ひさびさに時計の出る馬場に恵まれました。

 
1pixel





タグ: , ,


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る