【2017大阪杯】反省

2017年4月12日11時13分05秒 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
170402 4上 G1 12 マルターズアポジー 90 83.8 36.9
110403 4上 G2 1 ヒルノダムール 113 84.0 34.6
170402 4上 G1 14 ロードヴァンドール 86 84.6 37.1
100404 4上 G2 1 テイエムアンコール 107 84.7 35.0
170402 4上 G1 1 キタサンブラック 113 84.8 34.4
170402 4上 G1 2 ステファノス 113 85.0 34.3
170402 4上 G1 11 スズカデヴィアス 102 85.2 35.4
170402 4上 G1 13 サクラアンプルール 96 85.2 36.0
170402 4上 G1 6 サトノクラウン 112 85.3 34.3
140406 4上 G2 1 キズナ 121 85.4 33.5
170402 4上 G1 10 ディサイファ 105 85.4 35.0
90405 4上 G2 1 ドリームジャーニー 116 85.5 33.9
170402 4上 G1 3 ヤマカツエース 116 85.5 33.9
170402 4上 G1 8 モンドインテロ 109 85.5 34.6
170402 4上 G1 9 アングライフェン 107 85.5 34.8
170402 4上 G1 4 マカヒキ 114 85.6 34.0
170402 4上 G1 7 ミッキーロケット 114 85.7 34.0
170402 4上 G1 5 アンビシャス 117 85.9 33.7
該当レース勝ち馬平均 85.9 34.0
130331 4上 G2 1 オルフェーヴル 118 86.7 33.3
160403 4上 G2 1 アンビシャス 113 86.8 33.8
120401 4上 G2 1 ショウナンマイティ 107 89.6 33.6

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
140406 4上 G2 4 カレンミロティック 98 83.0 36.4
110403 4上 G2 5 キャプテントゥーレ 105 83.1 35.6
170402 4上 G1 12 マルターズアポジー 90 83.8 36.9
100404 4上 G2 4 フィールドベアー 103 84.3 35.5
90405 4上 G2 11 ヴィクトリー 95 84.7 36.2
130331 4上 G2 14 コパノジングー 96 86.0 35.7
160403 4上 G2 2 キタサンブラック 112 86.6 34.0
120401 4上 G2 3 トーセンジョーダン 97 88.6 34.9

 

2017年からG1に昇格しましたが、

特にペースに目立つ変化はありません。

2009年以降で比較するとややハイで流れました

レースレベルも目立って上昇した気配はありません。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったキタサンブラックは、

逃げたマルターズアポジーと比較すると

残り3F地点で1秒後ろにいました。

例年でいうと、実質ミドルくらいで逃げたに等しく、

どの馬も早めにキタサンをつぶしにいかず。

いつものVパターンでした。

 

2着ステファノスは、これまで後方からの競馬でしたが

序盤からポジションをとりにいき流れ込みました。

3番手以降は流れが落ち着いたことと、

体調がよかったことも好走理由でしょう。

 

3着以下は、このペースの中、

キタサンブラックを差すには位置取りが後ろ過ぎました。

ヤマカツ、マカヒキ、アンビシャスは、

例年比較でいうと、馬券圏内くらいの時計は出ています。

ただ、あくまでG2時代との比較なので

キタサンとははっきりと差が出ました。

 

1pixel





タグ: , ,


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る