【2017桜花賞】反省

2017年4月11日06時34分33秒 / 反省

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
170409 3歳 G1 7 カワキタエンカ 89 57.7 36.5
170409 3歳 G1 10 ヴゼットジョリー 90 58.2 36.2
170409 3歳 G1 15 ショーウェイ 86 58.3 36.6
170409 3歳 G1 1 レーヌミノル 100 58.5 35.1
170409 3歳 G1 3 ソウルスターリング 99 58.6 35.1
170409 3歳 G1 9 ジューヌエコール 92 58.6 35.8
170409 3歳 G1 17 ベルカプリ 73 58.6 37.7
170409 3歳 G1 2 リスグラシュー 100 58.7 35.0
170409 3歳 G1 16 ミスパンテール 79 58.8 37.1
170409 3歳 G1 14 アロンザモナ 89 58.9 36.0
170409 3歳 G1 11 ミスエルテ 93 58.9 35.6
170409 3歳 G1 8 ライジングリーズン 96 59.0 35.3
170409 3歳 G1 13 ゴールドケープ 91 59.0 35.8
130407 3歳 G1 1 アユサン 95 59.1 35.3
170409 3歳 G1 4 カラクレナイ 101 59.1 34.7
170409 3歳 G1 5 アエロリット 101 59.1 34.7
170409 3歳 G1 12 アドマイヤミヤビ 95 59.3 35.3
170409 3歳 G1 6 ディアドラ 101 59.4 34.6
100411 3歳 G1 1 アパパネ 103 59.6 34.3
110410 3歳 G1 1 マルセリーナ 102 59.7 34.4
該当レース勝ち馬平均 60.2 34.0
120408 3歳 G1 1 ジェンティルドンナ 102 60.2 34.2
90412 3歳 G1 1 ブエナビスタ 111 60.5 33.2
140413 3歳 G1 1 ハープスター 100 60.8 33.2
160410 3歳 G1 1 ジュエラー 108 60.9 33.3
150412 3歳 G1 1 レッツゴードンキ 103 62.1 33.3

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
140413 3歳 G1 15 フクノドリーム 73 57.4 38.2
170409 3歳 G1 7 カワキタエンカ 89 57.7 36.5
130407 3歳 G1 4 クロフネサプライズ 88 58.5 36.3
110410 3歳 G1 5 フォーエバーマーク 89 58.6 36.1
90412 3歳 G1 17 コウエイハート 80 58.9 36.9
120408 3歳 G1 16 アラフネ 77 59.2 37.1
100411 3歳 G1 2 オウケンサクラ 100 59.3 34.7
160410 3歳 G1 14 カトルラポール 83 59.6 36.3
150412 3歳 G1 1 レッツゴードンキ 103 62.1 33.3

 

2014年につぐハイペースになりましたが、

勝ち馬の位置取りが違いすぎて単純には比較できません。

また、馬場差を考慮してのもので

良馬場の年との単純比較も危険でしょう。

 

各馬のパフォーマンス

ペース差-2.6秒のハイペースを4角4番手でしたが、

残り3F地点で0.8秒離されており、

実質差す競馬になりました。

あるいは、能力の劣る馬たちが先行したこともあり、

直線では早めに抜け出す競馬でしたので

例年比較でいうと実質この馬が逃げたといってもよいでしょう。

時計は古馬1000万下勝ち負け程度で、

この馬としては平常運転でしたが、

マイルでこの内容は初めてです。

調教がよかったことに加え、

道悪が得意なことは間違いなさそうです。

 

残り3F地点でレーヌミノル、ソウルスターリングといった

普段先行する馬とほぼ同じ位置でしたので

これまでよりもポジションをとりにいきました。

結果として、これまで差し切れなかった

ソウルスターリングに先着しているので、

この作戦は正解だったといえます。

これまで、エンジンのかかりが遅い割に、

後方からの競馬が続いていましたが、

ある程度ポジションをとったほうがよさそうで

ズブい脚質は府中向きです。

オークスでは引き続き要注意の1頭でしょう。

 

圧倒的1人気を背負っての3着でした。

直接対決のなかったアドマイヤミヤビに先着されるならわかりますが

これまで完全に勝負付けのすんでいた

レーヌミノル、リスグラシューに、

実績のあるコースで先着されたには

何か理由があると考えるほうが自然です。

 

真っ先に思い浮かぶのは馬場です。

確かに、VTRを見ればわかるほどストライドが大きい馬にとっては

向いている馬場コンディションではありませんでした。

ただ、馬場差+0.9秒なら、道悪は道悪ですが

そこまで悪条件の馬場とは思えません。

 

敗因の1つとして考えられるのはペースです。

これまで阪神マイルでは以下のような位置取りでした。

 

レース 逃げ馬3F通過 同馬3F通過
阪神JF -1.4 -1.0
チューリップ -1.5 -0.7
桜花賞 -2.6 -1.7

 

ほかの2つのレースと比較すると、

極端なハイペースを追走することになりました。

阪神JF、チューリップ賞くらいのペースのほうが

能力を発揮できるタイプかもしれません。

 

 
1pixel





タグ: ,

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・10/15 
オクトーバーS:クロフネビームス 単20.7倍 3着 
 
・10/14 
稲光特別:ポルボローネ 単17.4倍 3着 
プラタナス賞:ソリストサンダー 単16.9倍 2着 
東京6R:フィスキオ 単23.7倍 2着 
京都3R:エタリオウ 単10.6倍 1着 
 
・10/09 
なし 
 
・10/08 
京都2R:ディアボレット 単13.9倍 3着 
東京1R:ランドキングスター 単14.3倍 3着 
 
・10/07 
京都7R:ピアレスピンク 単30.9倍 3着 
京都2R:ヤマニンヌヌース 単24.2倍 3着 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

日曜日のレース


京都11R:菊花賞(3歳G1 芝3000m)


東京9R:くるみ賞(2歳500万下 芝1400m)


京都8R:なでしこ賞(2歳500万下 ダ1400m)

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る