【2017チューリップ賞】反省

2017年3月7日04時38分53秒 / レース展望

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
170304 3歳 G3 11 ワールドフォーラブ 81 58.9 36.9
170304 3歳 G3 12 アンバーミニー 47 59.2 40.1
170304 3歳 G3 5 カワキタエンカ 99 59.4 34.9
170304 3歳 G3 10 エントリーチケット 88 59.4 36.0
170304 3歳 G3 1 ソウルスターリング 106 59.7 34.0
130302 3歳 G3 1 クロフネサプライズ 102 59.7 34.4
170304 3歳 G3 7 アロンザモナ 99 59.8 34.7
170304 3歳 G3 4 ミリッサ 103 59.9 34.3
170304 3歳 G3 3 リスグラシュー 104 60.0 34.1
170304 3歳 G3 2 ミスパンテール 106 60.1 33.9
170304 3歳 G3 8 レッドリボン 100 60.2 34.5
170304 3歳 G3 9 ビップキャッツアイ 95 60.2 35.0
160305 3歳 G3 1 シンハライト 112 60.2 33.2
170304 3歳 G3 6 ダノンディーヴァ 103 60.3 34.1
140308 3歳 G3 1 ハープスター 108 60.4 33.6
該当レース勝ち馬平均 60.4 33.8
90307 3歳 G3 1 ブエナビスタ 102 60.7 34.0
120303 3歳 G3 1 ハナズゴール 106 60.8 33.6
古馬1000万下勝ち馬平均 60.8 34.1
100306 3歳 G3 1 ショウリュウムーン 97 60.9 34.4
110305 3歳 G3 1 レーヴディソール 104 61.0 33.7

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
170304 3歳 G3 11 ワールドフォーラブ 81 58.9 36.9
140308 3歳 G3 3 リラヴァティ 94 59.2 35.4
160305 3歳 G3 12 ヴィブロス 97 59.3 35.0
120303 3歳 G3 14 ショウナンマオ 56 59.5 39.1
130302 3歳 G3 1 クロフネサプライズ 102 59.7 34.4
90307 3歳 G3 2 サクラミモザ 97 60.2 34.7
110305 3歳 G3 4 タガノラヴキセキ 92 60.2 35.2
100306 3歳 G3 6 ストレンジラブ 84 60.3 35.9

 

2009年以降、もっともハイペースで流れました。

クロフネサプライズが逃げ切った2013年と比較がつきます。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったソウルスターリングは、

2013年のクロフネサプライズと同じ位置どりで

0.4秒も速い上がりを使っています。

しかも終始余裕の手ごたえでした。

チューリップ賞ではなく桜花賞と比較してみましょう。

 

▼ソウルスターリングと歴代桜花賞馬との比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
130407 3歳 G1 1 アユサン 95 59.1 35.3
100411 3歳 G1 1 アパパネ 103 59.6 34.3
170304 3歳 G3 1 ソウルスターリング 106 59.7 34.0
110410 3歳 G1 1 マルセリーナ 102 59.7 34.4
120408 3歳 G1 1 ジェンティルドンナ 102 60.2 34.2
90412 3歳 G1 1 ブエナビスタ 111 60.5 33.2
140413 3歳 G1 1 ハープスター 110 60.8 33.2
160410 3歳 G1 1 ジュエラー 108 60.9 33.3
150412 3歳 G1 1 レッツゴードンキ 103 62.1 33.3

 

このまま桜花賞にもっていっても、

唯一同着にもちこめそうなのがブエナビスタだけで

すべての歴代桜花賞馬が勝てない計算です。

本番となれば、もっと時計は詰めてきそうで、

もしこの馬の次走が桜花賞なら確勝級といえます。

 

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
141221 3上 1600万 1 ヴァンセンヌ 58.8 35.9
130303 4上 1600万 1 トウケイヘイロー 59.2 34.4
131201 3上 1600万 1 オースミナイン 59.5 34.6
170304 3歳 G3 1 ソウルスターリング 106 59.7 34.0
170305 4上 1600万 1 タイセイサミット 109 60.0 33.6
151220 3上 1600万 1 マテンロウボス 107 60.8 33.5
140308 4上 1600万 1 マウントシャスタ 60.9 33.5
161218 3上 1600万 1 ロイカバード 106 61.5 33.3
160313 4上 1600万 1 アンドリエッテ 99 62.1 33.7
160306 4上 1600万 1 ピークトラム 103 62.7 33.1

 

時計は古馬1600万下でも勝ち負けに持ち込める内容で、

この時期の牝馬としては破格です。

10年に1頭の逸材でしょう。

 

2着ミスパンテールは、2歳の7月に

平凡な時計で新馬を勝って以来となりましたが

古馬1000万下並の時計でした。

これで勝てないのは生まれた年が悪かったとしかいえません。

7人気単52.5倍からの激走で、フロック視されるなら

次走も買い目にいれておくべきでしょう。

 

3着リスグラシューも古馬1000万下で勝ち負けできる好時計。

こちらも生まれた年がくやまれます。

クロフネサプライズが相手なら、差し切っていました。
1pixel





タグ: ,

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・12/10 
名古屋日刊スポーツ杯:エーティーサンダー 単18.2倍 3着 
中京6R:ヴィトンリード 単19.5倍 3着
 
・12/09 
阪神12R:ドゥーカ 単25.1倍 2着 
アクアラインS:リンガスウーノ 単19.9倍 2着 
中京9R:エレクトロニカ 単13.2倍 2着 
中山4R:ハーレムライン 単18.7倍 2着 
阪神2R:リンクスナナ 単21.4倍 2着 
中京1R:グローリーグローリ 単10.0倍 1着 
 
・12/03 
チバテレ杯:マイネルビクトリー 単17.5倍 2着 
 
・12/02 
浜松S:ダイメイプリンセス 単15.5倍 2着 
北総S:クロフネビームス 単10.0倍 3着 
 
・11/26 
ジャパンカップ:シュヴァルグラン 単13.3倍 1着 
ベゴニア賞:エングローサー 単11.1倍 2着 
東京3R:ロジティナ 単18.7倍 1着 
 
・11/25 
京都12R:オブリゲーション 単16.9倍 1着 
 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

土曜日のレース


中山11R:ターコイズS(3上G3 芝1600m)

レース展望・予想

中京10R:つわぶき賞(2歳500万下 芝1400m)

レース展望・予想
各馬検討

阪神9R:さざんか賞(2歳500万下 芝1200m)

レース展望・予想
各馬検討

中山9R:ひいらぎ賞(2歳500万下 芝1600m)

レース展望・予想
各馬検討

日曜日のレース


阪神11R:朝日杯フューチュリティS(2歳G1 芝1600m)


阪神7R:2歳500万下 ダ1200m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

中山7R:2歳500万下 ダ1800m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る