【京都記念】2017年_反省

2017年2月21日05時24分55秒 / レース展望

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
120212 4上 G2 1 トレイルブレイザー 97 96.8 35.2
170212 4上 G2 7 ヤマカツライデン 82 96.9 36.6
170212 4上 G2 6 ガリバルディ 87 97.2 36.1
90221 4上 G2 1 アサクサキングス 98 97.3 34.9
150215 4上 G2 1 ラブリーデイ 107 97.8 34.0
170212 4上 G2 1 サトノクラウン 102 98.0 34.4
130210 4上 G2 1 トーセンラー 107 98.0 33.9
該当レース勝ち馬平均 98.1 34.1
170212 4上 G2 3 マカヒキ 102 98.2 34.4
170212 4上 G2 2 スマートレイアー 103 98.3 34.3
170212 4上 G2 9 アクションスター 91 98.5 35.5
170212 4上 G2 5 アングライフェン 104 98.5 34.2
170212 4上 G2 4 ミッキーロケット 105 98.7 34.0
170212 4上 G2 10 ショウナンバッハ 91 98.7 35.4
140216 4上 G2 1 デスペラード 116 98.8 32.9
110213 4上 G2 1 トゥザグローリー 103 98.8 34.3
170212 4上 G2 8 ウインインスパイア 94 98.9 35.1
100220 4上 G2 1 ブエナビスタ 117 99.4 32.8

 

馬場差+1.7秒と時計のかかる稍重馬場でした。

2015年のラブリーデイ、2013年のトーセンラーと比較すると

時計のほうはサッパリで、低レベルなレースになりました。

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
120212 4上 G2 1 トレイルブレイザー 97 96.8 35.2
90221 4上 G2 3 ヴィクトリー 93 96.9 35.5
170212 4上 G2 7 ヤマカツライデン 82 96.9 36.6
130210 4上 G2 3 ショウナンマイティ 100 97.5 34.7
150215 4上 G2 2 スズカデヴィアス 106 97.7 34.1
100220 4上 G2 4 ホクトスルタン 104 98.4 34.2
110213 4上 G2 9 セラフィックロンプ 82 98.5 36.4
140216 4上 G2 8 トゥザグローリー 107 98.7 33.8

 

ヤマカツライデンがとばして、

2009年以降2位タイのハイペースでした。

少し離れてガリバルディ、大きく離れてサトノクラウンという展開で

クラウンの残り3F地点差が1.1秒ですから、

3番手以降は実質的にはミドルかややスローと考えてよさそうです。

上りが生時計で12.3-11.9-11.8と加速ラップですが

3F通過の補正図も時計が96.9+1.1秒=98秒となると、

過去の逃げ馬たちも馬券圏内が残せている時計です。

加速ラップ自体に価値はありません。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったサトノクラウンは、前述したように

ラブリーデイ、トーセンラーと比較すると物足りない時計です。

これが連覇となり、2016年も馬場差計測不能の重馬場で

道悪への高い適性を見せたことは事実でしょう。

しかしそれだけの話です。

 

2着スマートレイアーも、本来ならこの着順にはこれない時計で、

例年なら掲示板でしょう。

メンバーがよわかったことと、前目につけたことが奏功しました。

 

3着マカヒキは実質スローのヨーイドンでキレ負け。

実は国内で時計のかかる馬場ははじめてで

極端に道悪が苦手なタイプかもしれません。

良馬場で見直しですが、人気の落ちるタイプではなく

次走、馬券的妙味はまったくありません。

むしろ今後道悪で人気するなら、

メンバー次第で思い切って△、あるいは消す手も。

 

4着ミッキーロケットは出遅れ参考外。

5着アングライフェンは道悪巧者っぷりを発揮。

2016年のアメジストSも重馬場でした。

今後、道悪で身の丈にあったレースなら狙えます。
1pixel





タグ: ,

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・10/22 
東京6R:クインズサン 単12.4倍 3着 
新潟3R:ハローマイディア 単11.4倍 3着 
 
・10/21 
東京12R:タイセイプレシャス 単99.2倍 1着 
新潟3R:メイショウマイカゼ 単10.6倍 3着 
 
・10/15 
オクトーバーS:クロフネビームス 単20.7倍 3着 
 
・10/14 
稲光特別:ポルボローネ 単17.4倍 3着 
プラタナス賞:ソリストサンダー 単16.9倍 2着 
東京6R:フィスキオ 単23.7倍 2着 
京都3R:エタリオウ 単10.6倍 1着 
 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

土曜日のレース


東京11R:アルテミスS(2歳G3 芝1600m)

レース展望・予想
各馬検討

京都11R:スワンS(3上G2 芝1400m)

レース展望・予想

京都9R:萩S(2歳OP 芝1800m)

レース展望・予想
各馬検討

日曜日のレース


東京11R:天皇賞・秋(3上G1 芝2000m)


京都6R:2歳500万下 芝1200m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る