【シルクロードS】2017年_反省

2017年2月1日05時48分17秒 / レース展望

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
150201 4上 G3 1 アンバルブライベン 105 34.0 34.1
170129 4上 G3 11 ネロ 96 34.1 34.9
170129 4上 G3 6 ソルヴェイグ 99 34.1 34.6
170129 4上 G3 3 セカンドテーブル 103 34.3 34.1
170129 4上 G3 2 セイウンコウセイ 105 34.4 33.8
90208 4上 G3 1 アーバンストリート 106 34.4 33.7
170129 4上 G3 7 アースソニック 101 34.5 34.2
100207 4上 G3 1 アルティマトゥーレ 108 34.5 33.4
160131 4上 G3 1 ダンスディレクター 110 34.5 33.2
140202 4上 G3 1 ストレイトガール 111 34.5 33.1
170129 4上 G3 9 ブラヴィッシモ 99 34.6 34.3
170129 4上 G3 12 カオスモス 89 34.6 35.3
170129 4上 G3 13 ブランボヌール 87 34.6 35.5
該当レース勝ち馬平均 34.7 33.3
120128 4上 G3 1 ロードカナロア 105 34.7 33.6
170129 4上 G3 5 ラインスピリット 104 34.8 33.7
170129 4上 G3 1 ダンスディレクター 108 34.9 33.3
170129 4上 G3 8 ダイシンサンダー 103 34.9 33.8
170129 4上 G3 4 ヒルノデイバロー 105 35.0 33.5
170129 4上 G3 10 テイエムタイホー 101 35.0 33.9
130127 4上 G3 1 ドリームバレンチノ 106 35.2 33.2
110129 4上 G3 1 ジョーカプチーノ 110 35.6 32.6

 

不調が続いていたダンスディレクターが復活V。

時計的にはこのレースとしてはハイレベルでした。

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
90208 4上 G3 5 サープラスシンガー 99 33.4 35.0
160131 4上 G3 2 ローレルベローチェ 104 33.6 34.3
150201 4上 G3 1 アンバルブライベン 105 34.0 34.1
170129 4上 G3 6 ソルヴェイグ 99 34.1 34.6
120128 4上 G3 2 エーシンダックマン 98 34.1 34.6
140202 4上 G3 2 レディオブオペラ 106 34.2 33.8
100207 4上 G3 2 ショウナンカザン 104 34.3 33.9
110129 4上 G3 15 ティファニーケイス 94 34.8 34.6
130127 4上 G3 15 アイラブリリ 97 34.9 34.3

 

このレースとしては、特に速くもなく、

ミドルペースくらいでした。

例年、このペースなら逃げ馬は連対しており、

G3としては厳しいペースではありません。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったダンスディレクターは、

自身がマークした2016年のパフォーマンスに比べると

若干落ちますが、2013年のドリームバレンチノは圧倒している時計で

2012年のロードカナロアを差せている計算です。

今年は後方から瞬発力を見せましたが、

2016年のようにやや速いペースを前目で追走することもできます。

出遅れたり、かかったりと操縦の難しいところがありますが、

武騎手と手が合っているようです。

 

2着セイウンコウセイは、

前走同じ舞台と、道中ほぼ同じような通過タイムでした。

 

・セイウンコウセイの淀短距離SとシルクロードSの比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
170129 4上 G3 2 セイウンコウセイ 105 34.4 33.8
170107 4上 オープン 1 セイウンコウセイ 102 34.5 34.1

 

補正済み前も上がりもパフォーマンスをあげてきました。

2009年の勝ち馬アーバンストリートと比較すると若干劣り、

順当な着順といえるでしょう。

 

3着セカンドテーブルは、道中ネロに寄られてポジションをさげました。

それが直接の敗因とは言い切れませんが、

キレる脚がないだけに、もう1列前に位置どっていれば

少なくとも2着馬とは着順が変わった可能性もあります。

 

4着ヒルノデイバローは、前走に続きしまいはよく伸びました。

ただ、1200mで大外をぶんまわして前をとらえるだけの脚はなく、

脚質的にどうしてもとりこぼしがあります。
1pixel





タグ: ,

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・10/22 
東京6R:クインズサン 単12.4倍 3着 
新潟3R:ハローマイディア 単11.4倍 3着 
 
・10/21 
東京12R:タイセイプレシャス 単99.2倍 1着 
新潟3R:メイショウマイカゼ 単10.6倍 3着 
 
・10/15 
オクトーバーS:クロフネビームス 単20.7倍 3着 
 
・10/14 
稲光特別:ポルボローネ 単17.4倍 3着 
プラタナス賞:ソリストサンダー 単16.9倍 2着 
東京6R:フィスキオ 単23.7倍 2着 
京都3R:エタリオウ 単10.6倍 1着 
 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

土曜日のレース


東京11R:アルテミスS(2歳G3 芝1600m)

レース展望・予想
各馬検討

京都11R:スワンS(3上G2 芝1400m)

レース展望・予想

京都9R:萩S(2歳OP 芝1800m)

レース展望・予想
各馬検討

日曜日のレース


東京11R:天皇賞・秋(3上G1 芝2000m)


京都6R:2歳500万下 芝1200m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る