【フェアリーS】2017年_反省

2017年1月11日12時39分11秒 / レース展望

同レース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
110110 3歳 G3 1 ダンスファンタジア 94 58.1 36.2
170108 3歳 G3 14 ツヅク 73 58.2 38.2
170108 3歳 G3 2 アエロリット 89 58.6 36.5
170108 3歳 G3 15 ポンポン 76 58.9 37.6
170108 3歳 G3 5 アルミューテン 90 59.0 36.2
170108 3歳 G3 6 ヒストリア 88 59.1 36.3
170108 3歳 G3 11 ブラックオニキス 83 59.1 36.8
100111 3歳 G3 1 コスモネモシン 93 59.3 35.8
170108 3歳 G3 7 パフォーム 89 59.3 36.2
170108 3歳 G3 9 アマノガワ 86 59.3 36.5
170108 3歳 G3 4 ジャストザマリン 92 59.4 35.8
170108 3歳 G3 1 ライジングリーズン 95 59.5 35.5
170108 3歳 G3 12 キャスパリーグ 85 59.6 36.4
170108 3歳 G3 3 モリトシラユリ 94 59.7 35.5
古馬500万下勝ち馬平均 59.8 35.2
170108 3歳 G3 8 コーラルプリンセス 90 59.8 35.9
170108 3歳 G3 13 キュイキュイ 85 59.8 36.4
160111 3歳 G3 1 ビービーバーレル 99 60.0 34.9
該当レース勝ち馬平均 60.0 35.4
130112 3歳 G3 1 クラウンロゼ 95 60.1 35.2
170108 3歳 G3 10 メローブリーズ 90 60.2 35.7
150112 3歳 G3 1 ノットフォーマル 92 60.4 35.4
90111 3歳 G3 1 ジェルミナル 94 60.8 35.1
140113 3歳 G3 1 オメガハートロック 91 60.8 35.4
170108 3歳 G3 16 スノードーナツ 72 60.9 37.2
120109 3歳 G3 1 トーセンベニザクラ 94 61.5 34.8

 

このレースの平均が60.0-35.4であることを考えると、

60秒を切って勝ち馬の上がりも落ち込まなかった2017年は、

例年と比較してハイレベルだったといえます。

 

ペース比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 GS 補・前 補・上り
100111 3歳 G3 10 カホマックス 71 57.0 38.9
110110 3歳 G3 14 イングリッド 72 57.5 38.6
170108 3歳 G3 14 ツヅク 73 58.2 38.2
160111 3歳 G3 1 ビービーバーレル 99 60.0 34.9
130112 3歳 G3 1 クラウンロゼ 95 60.1 35.2
140113 3歳 G3 6 アンジュデュバン 86 60.3 36.1
150112 3歳 G3 1 ノットフォーマル 92 60.4 35.4
90111 3歳 G3 3 グッデーコパ 90 60.5 35.6
120109 3歳 G3 12 ラミアプリマベーラ 86 60.8 35.9

 

2010年、2011年と比較すると、そこまで速くありませんが

このレースとしては十分前が流れるレースになりました。

 

各馬のパフォーマンス

勝ったライジングリーズンは、このレースの

過去の勝ち馬と比較してもハイレベルなパフォーマンスでした。

比較しても、古馬500万下は確勝級の時計で、

古馬1000万下でもそこそこやれるくらいの内容です。

不利な大外枠で、4角ではまともに大外をまわしています。

例年、クラシックでは用無しとされるフェアリーSですが、

今年に限っては軽視禁物でしょう。

 

2着アエロリットは上位の中では唯一前目の馬で

このハイペースでは展開が向きませんでした。

間隔があいており+10kgとまだ仕上がり途上で

目標はもう少し先を見てそうで、

次走以降、調子にともなってパフォーマンスはあげてきそうです。

ただ、人気が落ちづらいタイプで、

重賞で狙うとなると頭がほしいところです。

 

 

3着モリトシラユリも好内容で、一気に時計をつめてきました。

過去の勝ち馬平均と比較してもそん色なく、

今回は相手が悪かったとしかいえません。

マイルでは忙しいようで、距離延長でポジションをとりにいく競馬ができれば

フラワーカップ、あるいはオークス前哨戦などでもう一丁狙えそうです。

 

4着ジャストザマリンも追い込み競馬。

こちらは4角でそつなく内をまわっており、

1着、3着馬と比較すると完敗といえますが、

時計自体は悪くありません。

もう少し前目で競馬したかったようで、

追い込み一辺倒ではありません。

 

当ブログ◎のキャスパリーグは、大外枠で出遅れて終戦。

それにしても直線でもまったく伸びておらず、

距離が長すぎた可能性があります。

1pixel





タグ: ,

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・12/10 
名古屋日刊スポーツ杯:エーティーサンダー 単18.2倍 3着 
中京6R:ヴィトンリード 単19.5倍 3着
 
・12/09 
阪神12R:ドゥーカ 単25.1倍 2着 
アクアラインS:リンガスウーノ 単19.9倍 2着 
中京9R:エレクトロニカ 単13.2倍 2着 
中山4R:ハーレムライン 単18.7倍 2着 
阪神2R:リンクスナナ 単21.4倍 2着 
中京1R:グローリーグローリ 単10.0倍 1着 
 
・12/03 
チバテレ杯:マイネルビクトリー 単17.5倍 2着 
 
・12/02 
浜松S:ダイメイプリンセス 単15.5倍 2着 
北総S:クロフネビームス 単10.0倍 3着 
 
・11/26 
ジャパンカップ:シュヴァルグラン 単13.3倍 1着 
ベゴニア賞:エングローサー 単11.1倍 2着 
東京3R:ロジティナ 単18.7倍 1着 
 
・11/25 
京都12R:オブリゲーション 単16.9倍 1着 
 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

土曜日のレース


中山11R:ターコイズS(3上G3 芝1600m)


中京10R:つわぶき賞(2歳500万下 芝1400m)

レース展望・予想
各馬検討

阪神9R:さざんか賞(2歳500万下 芝1200m)

レース展望・予想
各馬検討

中山9R:ひいらぎ賞(2歳500万下 芝1600m)

レース展望・予想
各馬検討

日曜日のレース


阪神11R:朝日杯フューチュリティS(2歳G1 芝1600m)


阪神7R:2歳500万下 ダ1200m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

中山7R:2歳500万下 ダ1800m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る