当ブログの読み方

2016年12月30日06時00分09秒 / このブログについて

1pixel

GS指数表

01gs

①指数

「GS」あるいは「GS指数」と呼んでいるもので、

斤量を加味した最終的なスピード指数です。

1000万下を勝つための指数を100とし、0.1秒=1として計算します。

つまり、指数が102だとすると、1000万下を勝つために

0.2秒余裕があるということを表します。

新しい指数は、残り3F地点通過時計から、

出すべき上がり3Fを過程し、算出します。

たとえば前が楽をして、後方から脚を余した馬を高く評価するので

同じレースに出走した馬同士でも、

着順が悪い馬の指数が高い場合があります。

なお、過去1年以内にマークした、もっとも優秀な指数を採用します。

また、なんらかの理由により指数の算出ができなかった馬には

以下のような印がつきます。

 

意味
地方馬、あるいは地方実績のみ
近似する距離経験なし
外国からの参戦
馬場差計測不能馬場実績のみ
芝実績のみ
ダート実績のみ
1年以上の休養明け
デビュー戦

 

②日付、着順、場、距離、クラス

対象となる指数をマークしたときのレースの情報です。

 

③降

降級何走目かを表します。

「降初」とあれば降級初戦、「降2」は降級2走目となり、

以下数字が1つずつ増えていきます。

新聞などで馬柱が短く、降級していることが一目でわからない場合や、

そのレースに何頭の降級馬がいるのか一覧するのに役立ちます。

 

④旧GS

馬場差を加味した勝ち馬の時計から、

着差によって数値を割り振ったものです。

当ブログがスタートした頃はこちらの指数を採用していましたが、

スローの評価が難しく、現在は①の指数がメインです。

参考程度に掲載してあります。

 

⑤4角

各馬が4コーナー地点で先頭から何番目にいたかの平均値です。

ペース読みをしたいときに掲載しています。

(最近ではほとんど掲載していません)

 

⑥調教

調教の評価です。

詳しくはこちらを参照してください。

 

⑦結果、オッズ

それぞれ着順と単オッズです。

その週の最終レース終了後に更新されます。

 

各馬検討その1(同じ位置取りの馬との比較)

03

①赤字の馬名

ピックアップしている馬は赤字で表示されます。

 

②補・前

「補正済み前」の略です。

残り3F地点通過タイムを馬場差で補正し、

±0秒の馬場のときなら何秒かかったかを表します。

 

③補・上り

「補正済み上がり」の略です。

②と同様に、上がり3Fを馬場差で補正し、

±0秒の馬場のときなら何秒かかったかを表します。

②と③の背景に色がつかない場合は、

同じ補正済み・前の表なので、

表の馬たちが疑似的に残り3F地点で同じ位置にいたと仮定できます。

となると、あとは上がり3Fで何秒の脚を使ったかで比較できるので

表の上のほうの行にいるほど優秀といえます。

この場合、「コウソクストレート」は、表で見ると

付近に古馬500万下で2着3着した馬、

あるいは1000万下で掲示板の馬がおり、

同等の能力をもつと机上の空論では推測できます。

 

各馬検討その2(あるクラスの勝ち馬一覧との比較)

02

①赤字の馬名

ピックアップしている馬は赤字で表示されます。

 

②補・前

「補正済み前」の略です。

残り3F地点通過タイムを馬場差で補正し、

±0秒の馬場のときなら何秒かかったかを表します。

 

③補・上り

「補正済み上がり」の略です。

②と同様に、上がり3Fを馬場差で補正し、

±0秒の馬場のときなら何秒かかったかを表します。

②と③の背景に色がつく場合は、

ある特定のクラスの勝ち馬平均と比較しています。

この場合は、「エテレインミノル」の未勝利戦と、

古馬1000万下勝ち馬とを比較しています。

背景の色は、速いほど薄くなるので、

同じような②で③が薄い場合は、

ほかの馬と比較して速い上がりを使った計算になります。

このクラスだと、補正済み前が74秒台なら

補正済み上がりは33秒前後の末脚を使っていることがわかります。

エテレインミノルは残り3F地点で分けてみると

74.3-33.4という内容だったことになり、

1000万下には若干足りないが善戦可能、

という評価が見えてくるかと思います。

 

過去傾向

04b

①馬場差

馬場状態を数値で表したもので、マイナスに傾くほど

走りやすい馬場ということを表します。

馬場状態はJRAから「不良」「重」「稍重」「良」の4種類で発表されますが、

あまりにもおおざっぱです。

そこで、±0秒という非常にフラットな標準馬場を想定して、

その馬場より何秒走りやすいか走りづらいかを数値で設定します。

たとえば馬場差が-0.7秒なら、フラットな馬場よりも

0.7秒時計が出やすい=走りやすい馬場となります。

一方で+0.8秒の場合は、水分を含んだり開催が進んで荒れていたりと

何らかの理由で時計が出づらいことを表します。

 

②P差

「ペース差」のことで、数字がマイナスに傾くほど

ペースが速かったことを表します。

1000万下勝ち馬の残り3F通過タイムを標準とし、

ハナを切った馬が何秒で通過したかを秒数で表しています。

ペースについては、ハイ、ミドル、ローと表記される場合がありますが

新聞各紙は基準が曖昧です。

そこで、未勝利からG1まですべてのレースについて、

1000万下を基準にしたペース差を算出しています。

 

③残3F差

残り3F地点で、逃げ馬から何秒後ろにいたかを表します。

 

④3角、4角

3コーナー地点と4コーナー地点で

逃げ馬から何頭後ろにいたかを表します。

③と④と加味することで、

レース中のだいたいの位置取りがわかります。

 

⑤GS

このときにマークしたGS指数です。

ただ、斤量などは加味していません。

そのレースがだいたいどのくらいのレベルなのかを知る目安です。

 

 

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・12/10 
名古屋日刊スポーツ杯:エーティーサンダー 単18.2倍 3着 
中京6R:ヴィトンリード 単19.5倍 3着
 
・12/09 
阪神12R:ドゥーカ 単25.1倍 2着 
アクアラインS:リンガスウーノ 単19.9倍 2着 
中京9R:エレクトロニカ 単13.2倍 2着 
中山4R:ハーレムライン 単18.7倍 2着 
阪神2R:リンクスナナ 単21.4倍 2着 
中京1R:グローリーグローリ 単10.0倍 1着 
 
・12/03 
チバテレ杯:マイネルビクトリー 単17.5倍 2着 
 
・12/02 
浜松S:ダイメイプリンセス 単15.5倍 2着 
北総S:クロフネビームス 単10.0倍 3着 
 
・11/26 
ジャパンカップ:シュヴァルグラン 単13.3倍 1着 
ベゴニア賞:エングローサー 単11.1倍 2着 
東京3R:ロジティナ 単18.7倍 1着 
 
・11/25 
京都12R:オブリゲーション 単16.9倍 1着 
 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

土曜日のレース


中山11R:ターコイズS(3上G3 芝1600m)

レース展望・予想

中京10R:つわぶき賞(2歳500万下 芝1400m)

レース展望・予想
各馬検討

阪神9R:さざんか賞(2歳500万下 芝1200m)

レース展望・予想
各馬検討

中山9R:ひいらぎ賞(2歳500万下 芝1600m)

レース展望・予想
各馬検討

日曜日のレース


阪神11R:朝日杯フューチュリティS(2歳G1 芝1600m)


阪神7R:2歳500万下 ダ1200m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

中山7R:2歳500万下 ダ1800m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る