【反省】2016年_京王杯2歳S

2016年11月15日01時32分18秒 / レース展望

京王杯2歳S

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 着差 補・前 補・上り
91114 2歳 G2 1 エイシンアポロン -0.2 47.5 34.5
141108 2歳 G2 1 セカンドテーブル -0.2 47.8 34.4
161105 2歳 G2 7 タイムトリップ 0.7 47.9 35.1
161105 2歳 G2 2 レーヌミノル 0.1 48.0 34.4
古馬500万下勝ち馬平均 48.0 34.4
121110 2歳 G2 1 エーシントップ -0.1 48.1 33.9
161105 2歳 G2 3 ディバインコード 0.6 48.1 34.8
161105 2歳 G2 6 ジョーストリクトリ 0.7 48.2 34.8
161105 2歳 G2 11 レヴァンテライオン 0.9 48.2 35.0
101113 2歳 G2 1 グランプリボス -0.1 48.3 33.9
161105 2歳 G2 13 ドウディ 1.2 48.3 35.2
161105 2歳 G2 8 ダイイチターミナル 0.8 48.3 34.8
161105 2歳 G2 1 モンドキャンノ -0.1 48.4 33.9
該当レース勝ち馬平均 48.5 34.0
161105 2歳 G2 5 タイセイブレーク 0.6 48.5 34.4
111112 2歳 G2 1 レオアクティブ -0.2 48.6 33.7
161105 2歳 G2 9 マテラスカイ 0.8 48.6 34.5
161105 2歳 G2 4 コウソクストレート 0.6 48.7 34.2
161105 2歳 G2 10 ダノンハイパワー 0.8 48.9 34.2
161105 2歳 G2 12 スズカゼ 1.1 48.9 34.5
131109 2歳 G2 1 カラダレジェンド -0.1 49.4 34.3
151107 2歳 G2 1 ボールライトニング -0.2 49.6 33.7

 

やや速い馬場で、ペースはミドルといっていいペースでした。

 

勝ったモンドキャンノは、前走函館2歳Sでは

距離が短すぎて若干かかり気味だったのか、

今回はポジションをさげて、スピードに乗りつつためて、

上がり最速で差し切るマイルのような勝ち方でした。

このレースにおいては完勝で、

時計も例年の比較では優秀でした。

グランプリボスと差のない時計を出していることからも

今後朝日杯やNHKマイルも含めて、

大きいところに出てきたら要注意です。

ここ3年のレベルの低い京王杯2歳S勝ち馬とは違いそうです。

 

一方で、2着のレーヌミノル

前走小倉2歳Sの内容を考えると、直線で溜めすぎたのが敗因に見えます。

実際、直線ではちらっと横を見て追い出しを遅らせており、

こちらはスピード任せにいっても

そうそう垂れないだけの能力を持っているはずで

最後はキレ負けした格好になりました。

前走が2歳にしてはいい時計を出していたので、物足りない印象です。

距離というよりも、乗り方な気がしますが…。
距離が合わないとすると、

今後、マイルを中心に使われて、

人気を落としたところで夏に1200mの重賞で狙う手も。

少なくともキレ勝負になると厳しいことがわかりました。

いってナンボでしょう。

 

3着以降は2着から3馬身話されており、時計も平凡でした。

 
1pixel






 

タグ:

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・10/15 
オクトーバーS:クロフネビームス 単20.7倍 3着 
 
・10/14 
稲光特別:ポルボローネ 単17.4倍 3着 
プラタナス賞:ソリストサンダー 単16.9倍 2着 
東京6R:フィスキオ 単23.7倍 2着 
京都3R:エタリオウ 単10.6倍 1着 
 
・10/09 
なし 
 
・10/08 
京都2R:ディアボレット 単13.9倍 3着 
東京1R:ランドキングスター 単14.3倍 3着 
 
・10/07 
京都7R:ピアレスピンク 単30.9倍 3着 
京都2R:ヤマニンヌヌース 単24.2倍 3着 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

日曜日のレース


京都11R:菊花賞(3歳G1 芝3000m)


東京9R:くるみ賞(2歳500万下 芝1400m)


京都8R:なでしこ賞(2歳500万下 ダ1400m)

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る