【秋華賞】過去傾向

2016年10月11日01時44分27秒 / レース展望

過去傾向

過去の脚質傾向を振り返ってみましょう。

日付 馬場差 着順 馬番 馬名 3F順 P差 残3F差 1角 2角 3角 4角
151018 -1.6 1 18 ミッキークイーン 4 -4.1 0.7 8 8 8 6
2 9 クイーンズリング 1 1.2 12 13 14 14
3 6 マキシマムドパリ 9 0.5 5 6 5 3
141019 -1.5 1 6 ショウナンパンドラ 3 -4.1 1.0 9 9 9 5
2 4 ヌーヴォレコルト 2 1.3 11 11 11 10
3 12 タガノエトワール 4 1.1 10 10 10 8
131013 -1.8 1 16 メイショウマンボ 5 -2.2 1.3 11 11 8 8
2 1 スマートレイアー 2 1.7 17 17 16 14
3 13 リラコサージュ 4 1.6 10 10 11 11
121014 -1.2 1 14 ジェンティルドンナ 3 -0.8 2.1 8 9 9 9
2 1 ヴィルシーナ 11 1.3 1 1 2 2
3 2 アロマティコ 3 2.3 11 11 11 11
111016 -0.7 1 4 アヴェンチュラ 7 -3.9 0.9 2 3 3 2
2 1 キョウワジャンヌ 5 1.2 6 6 5 3
3 12 ホエールキャプチャ 4 1.5 6 6 8 5
101017 -1.1 1 15 アパパネ 2 -2.2 0.5 11 12 8 8
2 10 アニメイトバイオ 1 0.7 11 10 12 12
3 4 アプリコットフィズ 7 0.4 4 4 5 4
91018 -1.5 1 5 レッドディザイア 4 -2.8 0.7 8 8 5 5
3 12 ブロードストリート 2 1.1 14 13 13 14
3 ブエナビスタ 2 0.9 10 10 9 10

 

逃げ馬は不振で、

秋華賞が創設された1996年以降、

4角1番手で勝ち切った馬は、

あのダイワスカーレットだけ。

少なくとも2009年以降、

逃げ馬が馬券にならないのはペースで説明がつきます。

 

▼残り3F地点までの逃げ馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
古馬1600万下 85.9 35.3
古馬OP 85.1 36.6
秋華賞 83.9 37.0

 

古馬OPをしのぐハイペースで、

いくらG1とはいえまだ3歳の牝馬です。

高速馬場を考慮して補正してこれですので

オーバーペースといえます。

 

また、上り最速馬が勝ち切っていないのも特徴です。

 

▼残り3F地点までの勝ち馬平均タイム(馬場差補正済み)

レース名 補・前 補・上
古馬1600万下 86.3 34.4
古馬OP 85.8 34.6
秋華賞 84.9 34.6

 

逃げ馬をつかまえにくので

勝ち馬平均もそれにともなって

残り3F地点通過が速くなります。

 

番手の馬が残した理由は

残り3Fで番手の馬 着順 秒差 P差
2015 レッツゴードンキ 17 0.2 -4.1
2014 リラヴァティ 8 0.1 -4.1
2013 セキショウ 8 0.2 -2.2
2012 ヴィルシーナ 2 1.3 -0.8
2011 アヴェンチュラ他1頭 1 0.9 -3.9
2010 オウケンサクラ他1頭 11 0.2 -2.2
2009 ワイドサファイア 18 0.2 -2.8

 

逃げ馬は不振ですが、

2011年と2012年に番手の馬が残っています。

これは、1頭がバカ逃げしたからで

上記の表のようにこの2年だけ、

残り3F地点で逃げ馬との差がかなり開いています。

その他の年は番手の馬がついていって

共倒れしています。

逆にいうと、1頭バカ逃げする馬がいれば

番手の馬にもチャンスがあります。

ローズSで2着したクロコスミアが

奇襲ともいえる逃げをうちましたが、今回はどうでしょうか。

 

 

条件馬検討

2009年以降、条件戦をステップにして

馬券にからんだ馬は

2016年のマキシマムドパリ、

2013年のスマートレイアー、

2012年のアロマティコの3頭がいます。

今年、注目したいのがミエノサクシードです。

目下、500万下、1000万下を連勝しており、

夕月特別の内容が秀逸でした。

 

●2016夕月特別とローズSの比較

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 着差 補・前 補・上り
110918 3歳 G2 2 マイネイサベル 0.0 74.8 33.3
110918 3歳 G2 11 ハッピーグラス 1.0 74.8 34.3
120916 3歳 G2 8 サトノジョリー 1.5 74.8 35.2
120916 3歳 G2 4 キャトルフィーユ 0.4 74.8 34.1
110918 3歳 G2 5 ドナウブルー 0.4 74.9 33.6
120916 3歳 G2 2 ヴィルシーナ 0.2 74.9 33.8
110918 3歳 G2 12 ファーマペニー 1.0 75.0 34.1
110918 3歳 G2 13 ユースティティア 1.1 75.0 34.2
120916 3歳 G2 7 ニコールバローズ 0.8 75.0 34.3
160924 3上 1000万 1 ミエノサクシード -0.2 75.1 33.6
120916 3歳 G2 3 ラスヴェンチュラス 0.3 75.1 33.7
120916 3歳 G2 9 スピークソフトリー 1.9 75.2 35.2
120916 3歳 G2 5 トーセンベニザクラ 0.4 75.3 33.6
110918 3歳 G2 14 ナナクサ 1.8 75.4 34.5
120916 3歳 G2 10 スズカウインダー 3.4 75.7 36.2

※補正済み前74.8秒以上

 

2012年のラスヴェンチュラスをしのぐ内容で、

2012年のヴィルシーナとはさしひき0.1秒しか

パフォーマンスはかわりませんでした。

もちろん斤量の差が2kgありますが、

いずれも本番での連対馬だったことを考えるとあなどれません。

4角では大きく外をまわらされての圧勝で

最後は流す余裕もありました。

時計はもっとつまりそうで、

速いペースに対応できれば

馬券圏内の可能性は十分でしょう。

少なくともローズSで馬券圏内程度の評価は必要です。

 
1pixel


 

タグ: ,


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る