【反省】2016年_レパードS

2016年9月12日11時14分13秒 / レース展望

レパードS

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 着差 補・前 補・上り
160807 3歳 G3 2 ケイティブレイブ 0.0 73.0 37.1
160807 3歳 G3 4 ピットボス 0.4 73.3 37.2
160807 3歳 G3 12 コパノリスボン 3.5 73.4 40.2
160807 3歳 G3 1 グレンツェント 0.0 73.7 36.4
160807 3歳 G3 5 エネスク 1.3 73.7 37.7
150809 3歳 G3 1 クロスクリーガー -0.1 73.7 37.6
120805 3歳 G3 1 ホッコータルマエ 0.0 73.8 37.3
160807 3歳 G3 6 マイネルバサラ 1.7 73.9 37.9
160807 3歳 G3 11 グランセブルス 3.0 73.9 39.2
160807 3歳 G3 10 オーシャンビュー 2.3 74.0 38.4
130804 3歳 G3 1 インカンテーション -0.4 74.1 36.9
160807 3歳 G3 3 レガーロ 0.3 74.2 36.2
160807 3歳 G3 7 ネクストムーブ 1.7 74.2 37.6
160807 3歳 G3 9 フォースリッチ 2.3 74.3 38.1
該当レース勝ち馬平均 74.4 36.8
160807 3歳 G3 8 ラテールプロミーズ 2.2 74.7 37.6
160807 3歳 G3 13 ヨシオ 4.4 74.7 39.8
古馬1600万下勝ち馬平均 75.1 36.7
110821 3歳 G3 1 ボレアス -0.3 75.6 36.8
140810 3歳 G3 1 アジアエクスプレス -0.6 75.6 36.0

 

馬場差+0.5秒と若干時計のかかるパサついたダートで

その割にペースは-1.8秒と過去に例をみない

ハイペースになりました。

 

勝ったグレンツェントは、離れた5番手を追走し、

3角→4角で外外をまわす横綱競馬でした。

過去の勝ち馬と比較しても、

この位置から補正済み上がりが36秒台というのは

相当な末脚の持ち主といえます。

順調にいけば、もっと大きいところも狙えそうです。

 

2着ケイティブレイブは、ハイペースを逃げてのもので

内容では一番強い競馬でした。

相手次第では、中央の重賞をとれそうです。

戦績からも、4角先頭の競馬が合ってそうで

かかり気味に飛ばしたほうが結果がついてきそうです。

 

3着レガーロは展開に乗じて突っ込んできた印象です。

ただ、当該レースの勝ち馬平均を

大きく上回る内容で、次走1600万下にまわってきたら

確勝級といえるでしょう。

 

4着ピットボスは番手からの競馬で、

上位2頭からはつきはなされましたが、

時計だけなら上々です。

1000万下なら1倍台でさからえません。

間違って2倍つくなら勝負すべきでしょう。

 

5着以下にも今後条件戦にまわってくる馬がおり、

7着ネクストムーブあたりまでは自己条件なら

出たとこ買いで間違いなさそうです。

全体的にハイレベルなレースでした。

 

 

タグ: ,


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/0/sd0522900/gskeiba.com/wordpress-4.2.2-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る