【反省】2016年_小倉2歳S

2016年9月12日04時29分12秒 / レース展望

小倉2歳S

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 着差 補・前 補・上り
130901 2歳 G3 1 ホウライアキコ -0.2 33.0 35.2
160904 2歳 G3 15 ナムラアイドル 2.3 33.4 37.1
160904 2歳 G3 1 レーヌミノル -1.0 33.5 34.7
120902 2歳 G3 1 マイネルエテルネル 0.0 33.5 35.2
160904 2歳 G3 6 クインズサリナ 1.3 33.6 35.9
160904 2歳 G3 3 カシノマスト 1.1 33.7 35.6
160904 2歳 G3 13 ハルクンノテソーロ 2.1 33.7 36.6
160904 2歳 G3 9 オールポッシブル 1.4 33.7 35.9
110904 2歳 G3 1 エピセアローム -0.2 33.8 35.0
160904 2歳 G3 5 シゲルベンガルトラ 1.2 33.8 35.6
該当レース勝ち馬平均 33.8 34.9
160904 2歳 G3 2 ダイイチターミナル 1.0 33.9 35.3
160904 2歳 G3 11 メイソンジュニア 1.8 33.9 36.1
160904 2歳 G3 8 ブラックランナー 1.4 33.9 35.7
90906 2歳 G3 1 ジュエルオブナイル 0.0 34.0 35.2
古馬500万下勝ち馬平均 34.0 34.6
100905 2歳 G3 1 ブラウンワイルド 0.0 34.1 35.0
150906 2歳 G3 1 シュウジ -0.4 34.2 34.9
160904 2歳 G3 12 ドリームアロー 2.1 34.3 36.0
160904 2歳 G3 7 ドゥモワゼル 1.4 34.3 35.3
140907 2歳 G3 1 オーミアリス 0.0 34.3 34.5
160904 2歳 G3 4 キョウヘイ 1.1 34.5 34.8
160904 2歳 G3 14 テイエムヒッタマゲ 2.2 34.5 35.9
160904 2歳 G3 10 ビーカーリー 1.6 34.7 35.1

 

馬場差-0.1秒とフラットで、

ペース差-0.5秒とこのレースとしては

ミドルの部類に入るペースでした。

 

6馬身差完勝のレーヌミノルは、

出こそ五分だったものの、

スピードに乗ってからは危なげなく番手を確保。

3角から4角にかけてもったまま先頭に立ち

そのままノーステッキで楽勝しました。

時計を見ても優秀で、見たまんまの強さを

そのまま信用できそうです。

2013年のホウライアキコと比較すると

時計では0.1秒見劣りするものの

ラスト流していたことを考えれば、

2009年以降、もっとも強い勝ち方をした印象です。

あとは距離が伸びてどうかでしょう。

2歳のうちはマイルでもある程度人気するので、

ブランボヌールのようにむしろ距離が向かずに人気をさげて

函館SSなどで狙いたい感じがします。

 

ダイイチターミナルは10番人気の低評価を

はねのけての2着でしたが、

未勝利勝ちの時計が優秀で、

スピード指数派および当ブログ読者にとっては

なんなく買えた馬ではないでしょうか。

好枠からインをすすみ、展開が向いたことも事実で

コースが違うとはいえ、パフォーマンスとしては

未勝利価値の時計から

それほどあげてきたとは思えません。

逆にこのあたりが限界かもしれませんが、

馬場が悪い中、インを進んだので

良馬場でもう一丁好走があってもおかしくありません。

また、もう少し積極的な位置取りでもよかったかなと思います。

オッズがつかないようなら次走も。

 

3着カシノマストもやはり内枠から馬場の悪いところを進み

420kgに満たない馬としては評価すべきでしょう。

九州産馬という色眼鏡ははずすべきかと思います。

 

4着キョウヘイはポジションがとれず後方からでしたが、

上がりの脚も使えるタイプ。

追走に苦労したことから、距離延長で前進がありそうです。

 

5着シゲルベンガルトラは馬場に恵まれない

レースが続いていますが、

良馬場のほうが向いてそう。

 

6着クインズサリナは2人気を裏切る形。

ただ、向こう正面で不利があったことも事実ですが

そもそも時計的には足りていませんでした。

OPをきっちり勝っていることからも

オッズが落ちることはなさそうで、狙いづらい馬です。

 

7着ドゥモワゼルは馬場が向かなかったか、

速い馬場の函館2歳Sで5着があり、

良馬場での巻き返しは十分考えられます。

 

8着ブラックランナーは芝替わり初戦としては上々。

500万下なら芝、ダート問わず通用しそう。

9着オールポッシブルは新馬が溜めて末脚炸裂、

というレースで今回は追走にせいいっぱい。

距離延長に活路がありそうです。

ただ、この人気は時計的にいうと過剰人気でした。

13着ハルクンノテソーロは未勝利勝ちの内容がよく

ダートに戻ったら出たとこ買いでいけそうです。
1pixel






 

タグ:

コメントは受け付けていません。

新着情報
2018年1月15日
NEW! 【2018若竹賞】過去傾向
2018年1月15日
NEW! 【2018東海S】過去傾向
2018年1月15日
NEW! 【2018AJCC】過去傾向
2018年1月15日
NEW! 【2018若駒S】過去傾向
2018年1月15日
NEW! 【2018中山金杯】反省
2018年1月14日
NEW! 【2018京都金杯】反省
2018年1月14日
NEW! 【2018フェアリーS】反省

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・01/14 
中京6R:ダンツチェック 単13.2倍 2着 
 
・01/13 
ジャニュアリーS:ベック 単21.8倍 3着 
 
・01/08 
なし 
 
・01/07 
寿S:ナイツオブナイツ 単10.5倍 3着 
 
・01/06 
なし 
 
・12/28 
なし 
 
・12/24 
なし 
 
・12/23 
中山3R:セイウンミツコ 単11.9倍 1着 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

土曜日のレース


京都10R:若駒S(3歳OP 芝2000m)


中京10R:なずな賞(3歳500万下 芝1400m)


中山7R:3歳500万下 ダ1200m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

日曜日のレース


中山11R:AJCC(4上G2 芝2200m)


中京11R:東海S(4上G2 ダ1800m)

レース展望・予想

中山9R:若竹賞(3歳500万下 芝1800m)

レース展望・予想
各馬検討

京都4R:3歳500万下 ダ1400m)

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る