【反省】2016年1月_3歳重賞_シンザン記念、フェアリーS、京成杯

2016年3月29日03時20分49秒 / 反省

シンザン記念

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 着差 補・前 補・上り
160110 3歳 G3 3 シゲルノコギリザメ 0.1 58.5 36.4
130106 3歳 G3 1 エーシントップ 0.0 58.7 35.7
160110 3歳 G3 14 ピースマインド 1.4 59.1 37.1
100110 3歳 G3 1 ガルボ -0.5 59.2 34.3
160110 3歳 G3 10 ファインニードル 0.7 59.2 36.3
160110 3歳 G3 1 ロジクライ 0.0 59.3 35.5
160110 3歳 G3 8 ドゥーカ 0.6 59.4 36.0
160110 3歳 G3 4 アストラエンブレム 0.1 59.4 35.5
160110 3歳 G3 11 キングライオン 0.8 59.6 36.0
160110 3歳 G3 9 ショウナンアヴィド 0.6 59.6 35.8
160110 3歳 G3 6 レインボーライン 0.4 59.6 35.6
90111 3歳 G3 1 アントニオバローズ 0.0 59.7 34.9
120108 3歳 G3 1 ジェンティルドンナ -0.2 59.7 34.8
160110 3歳 G3 18 クリノシャンボール 5.2 59.7 40.3
160110 3歳 G3 7 ノーブルマーズ 0.5 59.7 35.6
該当レース勝ち馬平均 59.8 34.7
110109 3歳 G3 1 レッドデイヴィス -0.2 59.8 34.4
160110 3歳 G3 16 メイショウシャチ 1.7 59.8 36.7
160110 3歳 G3 17 ダンツエンペラー 2.5 59.9 37.4
160110 3歳 G3 13 ラルク 1.0 59.9 35.9
160110 3歳 G3 5 レオナルド 0.3 59.9 35.2
140112 3歳 G3 1 ミッキーアイル -0.1 60.0 34.3
160110 3歳 G3 2 ジュエラー 0.0 60.0 34.8
160110 3歳 G3 12 ツーエムレジェンド 0.9 60.2 35.5
1000万下勝ち馬平均 60.3 34.4
160110 3歳 G3 15 スナークスカイ 1.6 60.4 36.0
150111 3歳 G3 1 グァンチャーレ 0.0 61.6 34.0

 

ペース差-0.7秒と前が速かったのですが、

高速芝でインの前が残る馬場でした。

加えて、過去のシンザン記念のラップを見ると、

2009年、2010年のように6F目が12秒台に落ちるときは、

前残りしている傾向にあります。

逃げたシゲルノコギリザメは、外目の枠でしたが

ハナを奪ってからはインベタのひとり旅。

6F目にラップが落ちているのに、

後続の仕掛けが遅れたことが3着に残した原因に思えます。

 

勝ったロジクライも道中はインベタ経済コースで

直線でもラチから2頭目を伸びてきました。

ややフロックの香りがします。

 

2着のジュエラーは、道中はインを通れましたが

直線では大外に持ち出しての追い込みでした。

内が残す馬場でこのロスは大きく、

このレースでは一番強い競馬をしたといってよいでしょう。

時計的にも1000万下平均と差はありません。

クラシックとなれば、1600万下勝ち負けくらいの時計はほしいところですが

内外の不利を考えれば及第点です。

 

フェアリーS

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 着差 補・前 補・上り
110110 3歳 G3 1 ダンスファンタジア -0.4 58.1 36.2
100111 3歳 G3 1 コスモネモシン 0.0 59.3 35.8
160111 3歳 G3 1 ビービーバーレル -0.3 60.0 34.9
130112 3歳 G3 1 クラウンロゼ 0.0 60.1 35.2
160111 3歳 G3 4 クードラパン 0.4 60.1 35.2
該当レース勝ち馬平均 60.1 35.2
160111 3歳 G3 14 ルミナスティアラ 1.6 60.2 36.3
1000万下勝ち馬平均 60.3 34.7
160111 3歳 G3 16 ハマヒルガオ 2.5 60.3 37.1
160111 3歳 G3 3 ダイワダッチェス 0.4 60.3 35.0
160111 3歳 G3 2 ダイワドレッサー 0.3 60.4 34.8
150112 3歳 G3 1 ノットフォーマル -0.1 60.4 35.4
160111 3歳 G3 10 レッドシルヴィ 1.1 60.4 35.6
160111 3歳 G3 8 アルジャンテ 1.0 60.6 35.3
160111 3歳 G3 5 コパノマリーン 0.6 60.6 34.9
160111 3歳 G3 15 シーブリーズラブ 2.2 60.7 36.4
160111 3歳 G3 12 ボーアムルーズ 1.5 60.8 35.6
160111 3歳 G3 7 リセエンヌ 0.9 60.8 35.0
90111 3歳 G3 1 ジェルミナル -0.2 60.8 35.1
140113 3歳 G3 1 オメガハートロック 0.0 60.8 35.4
160111 3歳 G3 11 ラシーム 1.2 60.9 35.2
160111 3歳 G3 9 フジマサアクトレス 1.0 61.0 34.9
160111 3歳 G3 6 ラブリーアモン 0.7 61.0 34.6
160111 3歳 G3 13 ポロス 1.5 61.2 35.2
120109 3歳 G3 1 トーセンベニザクラ 0.0 61.5 34.8

 

ペース差+0.4秒のややスローで、

しかも直線の短い中山ということもあり

前残りの展開でした。

上位3頭は3枠、2枠、3枠と内枠の先行馬で、

展開利、枠の利があったと考えてよさそうです。

 

勝ったビービーバーレルは、

このレース基準で考えれば例年より好時計ですが、

比較対象がダンスファンタジア、コスモネモシン、クラウンロゼとなると

果たしてクラシックで通用するかは疑問です。

ただ、1000万下平均を上回っており、

過去のフェアリーS勝ち馬よりは注意すべき存在でしょう。

再び枠や馬場、展開が向けば、

複穴をあける可能性は十分あります。

 

2着ダイワドレッサー3着ダイワダッチェスのダイワ2騎は、

フェアリーS勝ち馬、1000万下勝ち馬平均をともに下回る内容でした。

桜花賞に登録はありませんが、

自己条件では人気を背負いそうで、

手を出しづらい馬です。

 

京成杯

日付 年齢限定 レース名 着順 馬名 着差 補・前 補・上り
140119 3歳 G3 1 プレイアンドリアル -0.3 84.8 36.1
110116 3歳 G3 1 フェイトフルウォー 0.0 85.1 36.5
160117 3歳 G3 11 オンザロックス 0.9 86.2 36.8
1000万下勝ち馬平均 86.4 35.1
該当レース勝ち馬平均 86.6 35.1
100117 3歳 G3 1 エイシンフラッシュ 0.0 86.6 34.0
90118 3歳 G3 1 アーリーロブスト 0.0 86.8 35.0
120115 3歳 G3 1 ベストディール -0.1 86.8 34.8
160117 3歳 G3 4 アドマイヤモラール 0.4 86.9 35.6
160117 3歳 G3 15 アポロナイスジャブ 2.8 87.1 37.8
160117 3歳 G3 2 ケルフロイデ 0.2 87.2 35.1
160117 3歳 G3 1 プロフェット -0.2 87.3 34.8
160117 3歳 G3 6 ユウチェンジ 0.5 87.4 35.2
130121 3歳 G3 1 フェイムゲーム 0.0 87.5 34.6
160117 3歳 G3 5 ウムブルフ 0.5 87.5 35.1
160117 3歳 G3 7 プランスシャルマン 0.5 87.7 34.9
160117 3歳 G3 12 ブレイブスマッシュ 1.3 87.7 35.7
160117 3歳 G3 14 カミノライデン 2.0 87.7 36.4
150118 3歳 G3 1 ベルーフ 0.0 87.8 34.9
160117 3歳 G3 9 ルネイション 0.6 87.9 34.8
160117 3歳 G3 10 マイネルラフレシア 0.8 87.9 35.0
160117 3歳 G3 3 メートルダール 0.2 88.2 34.1
160117 3歳 G3 13 ダイチラディウス 1.8 88.5 35.4
160117 3歳 G3 8 ナムラシングン 0.5 88.6 34.0

 

ペース差は+0.2秒のミドルペースでしたが、

逃げたオンザロックスが後続を離して刻んだラップで、

1400m通過時点で番手が0.9差の実質スローでした。

勝ったケルフロイデプロフェットの補正済み上りを見ると、

1000万下勝ち馬、京成杯勝ち馬平均が

ともにもっとシビアなペースで同じだけの時計を出しており、

クラシックに直結する時計かというと疑問です。

過去、このレースをステップに

エイシンフラッシュがダービーを制していますが、

やはり上りの脚を見ると他馬に比べて次元が違います。

 

むしろ3着のメートルダール

絶体絶命の位置から追い込んで3着しています。

その後、ハイペースの共同通信杯でも

差し切れず3着で、どうしても脚質的に

展開がハマる必要がありますが、

ベルーフと比較すれば鋭い末脚を使っています。

大外一気の追い込みではなく、

インをついたり、中団で折り合ったりと

何かしら戦法を変えてくれば化ける可能性はあるでしょう。

ただ、重賞で連続3着ですから、

G3あたりでは引き続き人気しそうです。

 

タグ:

コメントは受け付けていません。

GS指数トップ激走馬

※単10倍以上3着以内
 
・10/22 
東京6R:クインズサン 単12.4倍 3着 
新潟3R:ハローマイディア 単11.4倍 3着 
 
・10/21 
東京12R:タイセイプレシャス 単99.2倍 1着 
新潟3R:メイショウマイカゼ 単10.6倍 3着 
 
・10/15 
オクトーバーS:クロフネビームス 単20.7倍 3着 
 
・10/14 
稲光特別:ポルボローネ 単17.4倍 3着 
プラタナス賞:ソリストサンダー 単16.9倍 2着 
東京6R:フィスキオ 単23.7倍 2着 
京都3R:エタリオウ 単10.6倍 1着 
 
 
 
過去の激走馬は>>こちらをご参照ください
 
 

ニコ生で不定期放送中(重賞展望・反省会など)

土曜日のレース


東京11R:アルテミスS(2歳G3 芝1600m)

レース展望・予想
各馬検討

京都11R:スワンS(3上G2 芝1400m)

レース展望・予想

京都9R:萩S(2歳OP 芝1800m)

レース展望・予想
各馬検討

日曜日のレース


東京11R:天皇賞・秋(3上G1 芝2000m)


京都6R:2歳500万下 芝1200m

レース展望・予想
各馬検討
参考レース

高田泰蔵プロフィール

高田泰蔵
1973年生まれ。東京都在住。 病院勤務、出版社勤務を経てフリーランスライターに。 ナリタブライアンの三冠で競馬を知る。

TOPへ戻る